国試・CBTの薬 改訂第8版 第1巻ブックライブ無料試し読み&購入


国試・CBTに対応した、医学生に必要な薬のポイントと問題集!「薬理学はカタカナの薬の名前ばかり出てきて全く面白くない」という学生がいなくなることを願い、薬における基本的な知識の整理に役立ててもらえるようにまとめた。医学生が知っておくべき薬の要点を図と箇条書きでまとめ、各章末ではその章で扱った薬の問題演習ができるようになっている。加えて巻末の付録として、重要な薬や副作用、禁忌などのまとめを一覧にした。医師国家試験およびCBTで問われる治療薬の対策としては,本書で十分である。【目次】第1巻収録1 総論2 感染症治療薬3 中枢神経作用薬4 末梢神経作用薬付録(治療薬のまとめ)第2巻収録5 免疫・炎症関連薬6 抗腫瘍薬7 呼吸器系作用薬8 循環器系作用薬付録(治療薬のまとめ)第3巻収録9 内分泌・代謝作用薬10 血液作用薬11 消化器系作用薬12その他の領域付録(治療薬のまとめ)第4巻収録問題演習付録(治療薬のまとめ)【著者】中木敏夫帝京大学医学部薬理学教授。医学博士。慶應義塾大学医学部5年在学中にECFMG試験合格。1979年同卒業,医師国家試験合格。1983年同大学院(薬理学)修了。1985年まで米国NIH(国立衛生研究所)に留学。2000年より現職。
続きはコチラから・・・



国試・CBTの薬 改訂第8版 第1巻無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


国試・CBTの薬 改訂第8版 第1巻「公式」はコチラから



国試・CBTの薬 改訂第8版 第1巻


>>>国試・CBTの薬 改訂第8版 第1巻の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


国試・CBTの薬 改訂第8版 第1巻、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
国試・CBTの薬 改訂第8版 第1巻を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で国試・CBTの薬 改訂第8版 第1巻を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で国試・CBTの薬 改訂第8版 第1巻の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で国試・CBTの薬 改訂第8版 第1巻が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、国試・CBTの薬 改訂第8版 第1巻以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


連載物の漫画は複数冊をまとめて購入しなければならないため、最初に無料漫画でちょっとだけ読むという人が増加しています。やっぱり大まかな内容を知らずに漫画を買うのは無理があるということでしょう。
スマホ利用者なら、BookLive「国試・CBTの薬 改訂第8版 第1巻」を時間を気にすることなく満喫できるのです。ベッドに体を横たえて、目を閉じて眠るまでのリラックスタイムに見るという人が多いとのことです。
仕事が忙しくてアニメを見るだけの余裕がないという人には、無料アニメ動画がおすすめです。毎回確定された時間に見ることなど不要ですから、空き時間を活用して視聴できるのです。
ほとんどのお店では、商品棚に並べる漫画の立ち読み防止策として、シュリンクをするのが一般的です。BookLive「国試・CBTの薬 改訂第8版 第1巻」を利用すれば試し読みというサービスがあるので、物語のあらましを把握してから買うかどうかを判断可能です。
人目が有る場所では、どんな内容か確認するのもためらいを感じる類の漫画でも、無料漫画サービスを提供している電子書籍なら、好みかどうかをきちんと確認した上で入手することが可能です。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


長い間ちゃんと本を買っていたというような方も、電子書籍という形で読んでみた途端に、利便性に圧倒されるということが多いのだそうです。コミックサイトも色々ありますので、とにかく比較してから選択した方が良いでしょう。
お金を支払う前にストーリーを知ることができるのだったら、購入してから後悔することがありません。普通の書店で立ち読みをする感じで、電子コミックにおきましても試し読みが可能なので、内容を把握できます。
小学生時代に何度も読んだ馴染みのある漫画も、電子コミックという形で取り扱われています。普通の本屋では取り扱っていない作品も数多く見受けられるのが特色だと言っても過言ではありません。
1冊ごとに本屋まで購入しに行くのは時間の無駄です。だけども、まとめて買うのは内容がおそまつだった時の心理的ダメージが大きすぎるでしょう。電子コミックは読む分だけ買えるので、失敗がありません。
一言で無料コミックと言っても、買い求めることができるジャンルはとても幅広くなっています。少年漫画のみならずアダルト系までありますので、あなたが希望するような漫画がきっと発見できるでしょう。




ページの先頭へ