闇ネタ事典 195ブックライブ無料試し読み&購入


1996年から続くUGサイト「激裏情報」の有料会員しか読めない過激なネタを大量収蔵。本書は知的好奇心を満たすことを目的としています。記事内容を実際に行って、不具合が生じたり、トラブルに巻き込まれたとしても、激裏情報並びに編集部は一切の責任を負いかねます。〈主な内容〉●駐禁ステッカーが無効になるケース●刃物の不法携帯違反が成立する条件●「薬物の所持」とみなされる境界●牛丼をタダでたべる方法●LCCの運賃より安く飛行機に乗る●コンビニコミックのせどり術●年利15%ほどを確実に得られる方法●遺品整理で現金をガッポリ儲ける業者●希望ナンバーの当選確率を上げる方法●キャバ嬢からVIP扱いされる裏ワザ●失踪宣言で生命保険をもらう方法●シロウトのエロ動画・画像入手方法●一般人でも芸能人に枕営業をしてもらえる?●風俗をタダor格安で遊ぶ方法※本書は『月刊ラジオライフ』(毎月25日発売)に掲載された記事を電子版として再編集したものです。そのため、記述は掲載当時の情報にもとづいています。価格・仕様の変更等が行われていたり、サービスが終了している場合があります。なお、各記事の初出は以下のとおりです。・2016年10月号付録 激裏大事典 ゲキペディア(P001-145)一部画像の削除等、紙版とは異なる場合があります。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能は使用できません。本書はあくまで報道の見地から「事実」を掲載したものです。「事実」を実際に行い、万が一事故やトラブルに巻き込まれた場合でも、小社および筆者は一切の責任を負いかねます。本書に掲載された情報の取り扱いはすべて自己責任で行ってください。
続きはコチラから・・・



闇ネタ事典 195無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


闇ネタ事典 195「公式」はコチラから



闇ネタ事典 195


>>>闇ネタ事典 195の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


闇ネタ事典 195、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
闇ネタ事典 195を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で闇ネタ事典 195を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で闇ネタ事典 195の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で闇ネタ事典 195が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、闇ネタ事典 195以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


スマホを介して電子書籍を買っておけば、バスでの移動中やお昼休みなど、場所を選ぶことなく楽しめます。立ち読みもできるため、ショップに行くまでもないということです。
「持っている漫画が多すぎて置き場所にも困るから、買いたくても買えない」という心配が不要なのが、BookLive「闇ネタ事典 195」の特長の1つです。次々に購入しようとも、スペースを心配せずに済みます。
あらかじめ内容を知ることが可能だったら、購入後に後悔するようなことにはならないでしょう。売り場で立ち読みをする時と同じように、BookLive「闇ネタ事典 195」においても試し読みを行なえば、中身を確認できます。
サービスの具体的な中身に関しては、会社によってまちまちです。従いまして、電子書籍を何処で買うことにするのかに関しては、比較すべき内容だと考えています。安易に決めてしまうと後悔します。
10年以上前に大好きだった馴染みのある漫画も、BookLive「闇ネタ事典 195」という形で読むことができます。近所の本屋では並んでいないような作品もいろいろ見つかるのが特色だと言えるでしょう。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


「どのサイトを利用して書籍を入手するか?」というのは、とても大事な事です。売値や利用の仕方などが異なるわけですから、電子書籍というのは比較しなくてはならないのです。
スマホを利用しているなら、電子コミックをいつでも閲覧することができます。ベッドに寝そべって、目が重くなるまでのリラックスタイムに読むという人が多いのだそうです。
仕事がとても忙しくてアニメを見ている時間がないなんて場合には、無料アニメ動画が好都合です。テレビ放映のように、決まった時間に視聴する必要がありませんから、ちょっとした時間に楽しむことができます。
電子コミックの販促方法の1つとして、試し読みができるというサービスは見事なアイデアです。時間を忘れてある程度の内容を読むことができるので空き時間を上手く活用して漫画を選ぶことができます。
「目に見える場所に保管しておけない」、「愛読していることを隠しておきたい」と思わざるを得ない漫画でも、漫画サイトを利用すれば他の人に知られることなく見られます。




ページの先頭へ