WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。[第2版]ブックライブ無料試し読み&購入


【大好評書籍を増ページしてアップデート! WordPressとPHPの「これなんだろう?」を解消します!】WordPressでサイトやブログを作成しているときに、PHPのコードの意味がよくわからず、やりたいことを諦めた経験のある方も多いことでしょう。本書はHTMLやCSSはひととおりわかるものの、PHPは苦手というWordPressユーザーを対象に、テーマを作成・改変するうえで避けて通れないPHPの知識を解説した入門書です。PHPとWordPressの基礎をきちんと理解することで、できることは大きく広がります。本書では、変数・配列・条件分岐・繰り返し・関数・オブジェクトといったPHPの基本文法から、テンプレートタグ・ループ・テンプレート階層・フックなどのWordPress特有のルールまで、WordPressのテーマづくりに必要な知識が初心者でもやさしく身につきます。また、ヘッダー・ナビゲーション・アーカイブ・個別投稿・固定ページ・サブコンテンツ・カスタムフィールドといったページを構成する具体的なコードも本書専用のサンプルテーマに沿いながら詳細に解説しており、カスタマイズ例も手を動かしながら学べます。さらに、子テーマの作り方やエラー対処法・Codexの見方など、初心者がよく突き当たる問題も解消。WordPressを本当に使いこなしたいユーザーに必携の1冊です。〈こんな方におすすめ〉・コードをコピペしてもきちんと動かずあきらめたことがある・テーマの簡単な変更をしたいがどこを触ればいいのかわからない・自分でオリジナルのテーマをつくりたい・Codexを読んでも用語の意味がよくわからない・WordPressの仕組みをきちんと知りたい〈本書の内容〉■CHAPTER1 WordPress+PHPの基礎知識WordPressが動作する仕組み/WordPressの投稿タイプと機能/WordPressのテーマとは■CHAPTER2 PHPの基本PHPのコードを書く際のルール/変数/配列/条件判定/繰り返し処理/関数/オブジェクト■CHAPTER3 WordPress特有のルールテンプレートタグ/WordPressのループ/条件分岐タグ/テーマテンプレート/モジュールテンプレート/フック/WordPress Codex/セキュリティ■CHAPTER4 WordPressで使われるコード解説ヘッダー/ナビゲーション/アーカイブ/個別投稿/固定ページ/サイドバー/フッター/サブクエリ/カスタムフィールド/検索/functions.php/そのほかのコード/子テーマ/エラー対処法
続きはコチラから・・・



WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。[第2版]無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。[第2版]「公式」はコチラから



WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。[第2版]


>>>WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。[第2版]の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。[第2版]、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。[第2版]を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でWordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。[第2版]を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でWordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。[第2版]の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でWordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。[第2版]が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。[第2版]以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


アニメ動画は若者だけが楽しめるものだと考えるのは誤りです。アニメを見ない人でも凄いと思えるストーリーで、尊いメッセージ性を持った作品も増えています。
コミックを読むなら、コミックサイトが重宝するはずです。購入手続きも楽ですし、最新巻を買うために、いちいちショップで事前に予約をする行為も無用です。
漫画雑誌と言えば、「少年少女向けに描かれたもの」というふうにイメージしているのではないでしょうか?けれどここ最近のBookLive「WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。[第2版]」には、中年層の方が「懐かしい」と思えるような作品も数え切れないくらいあります。
「どの業者のサイトを利用して本を手に入れるか?」というのは、意外と大切なことだと考えます。価格とか使い勝手などが異なるわけですから、電子書籍というのはあれこれ比較して判断しなければいけないのです。
一般的に書籍は返せないので、内容を把握してから入手したいと考える人には、試し読みで中身を把握できる無料電子書籍は予想以上に便利です。漫画も軽“く立ち読み”してから買い求められます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


「電車の中でも漫画を手放したくない」というような漫画好きな方に向いているのが電子コミックだと思います。単行本を持ち歩くことも必要なくなりますし、荷物自体も重たくならずに済みます。
無料電子書籍を利用すれば、時間を掛けて書籍売り場で立ち読みをする必要が一切なくなります。こんなことをしなくても、電子書籍サイトの「試し読み」で内容のリサーチを済ませられるからです。
購入について迷い続けている単行本があるときには、電子コミックのサイトで無償利用できる試し読みを活用してみるのがおすすめです。斜め読みなどしてつまらないようであれば、買わなければ良いという話です。
0円で読める無料漫画をわざわざ並べることで、集客数を引き上げそこから販売につなげるのが事業者サイドの狙いですが、同時に利用者にとっても試し読みが可能なので、失敗が少なくなります。
アニメ動画は若者だけをターゲットにしたものだと考えるのは早計です。アダルト世代が見ても面白いと感じる構成で、深いメッセージ性を秘めたアニメも非常に多いのです。




ページの先頭へ