人物写真補正の教科書 Photoshopレタッチ・プロの仕事ブックライブ無料試し読み&購入


【人物写真補正の基本と実践をトータルで学べる決定版!】補正する写真の中でも、知識と技術を最も要求されるジャンルのひとつが人物写真です。だから、本書はPhotoshopによる小手先のテクニックのみを紹介するものではありません。デザインプロセスの大きな流れの中における「写真補正」という作業の位置・意義をまず確認し、そして前提となる作業環境や写真・データの基礎、人物に特化した写真の現像・画像操作の基本と応用技術、そしてシチュエーション・目的別の実践テクニックを解説しています。写真補正の考え方にはずっと変わらない面もあるものの、しかし今日まで積み重ねられてきたPhotoshopのアップグレードなど、技術の進歩によるパラダイムシフトにより、高いレベルの現場の風景は常に更新されています。これらを踏まえながら、また既存の機能を違った角度から検証することによる解説なども加え、人物写真補正についてひたすら実務的に述べている一冊です。この本で得られる知識や技術は、もちろん人物以外の写真にも役立てることができます。〈主な内容〉なぜ画像をレタッチするのか?モニターを調整する写真の光を見極めるCamera Rawによる現像処理レタッチを進める手順Photoshopのカラー設定作業環境調整レイヤーとの組み合わせ方選択範囲トーンカーブを使いこなす修復系の機能を活用するCMYK変換シャープネスファイル形式の特性逆光で暗くなった部分を明るく補正する人物の顔を選択範囲とトーンカーブで自然に白く肌のムラをトーンカーブとマスクで修正し、補正の下地を作る自然な肌への補正と、髪の毛の高度な切り抜きテクニック など
続きはコチラから・・・



人物写真補正の教科書 Photoshopレタッチ・プロの仕事無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


人物写真補正の教科書 Photoshopレタッチ・プロの仕事「公式」はコチラから



人物写真補正の教科書 Photoshopレタッチ・プロの仕事


>>>人物写真補正の教科書 Photoshopレタッチ・プロの仕事の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


人物写真補正の教科書 Photoshopレタッチ・プロの仕事、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
人物写真補正の教科書 Photoshopレタッチ・プロの仕事を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で人物写真補正の教科書 Photoshopレタッチ・プロの仕事を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で人物写真補正の教科書 Photoshopレタッチ・プロの仕事の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で人物写真補正の教科書 Photoshopレタッチ・プロの仕事が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、人物写真補正の教科書 Photoshopレタッチ・プロの仕事以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


最近の無料アニメ動画は、スマホでも見られます。最近はアラサー、アラフォー世代のアニメ愛好家も増加していますので、これから尚のこと内容が拡充されていくサービスだと考えます。
その他のサービスに競り勝って、ここまで無料電子書籍システムというものが広がり続けている要因としては、近場の本屋がなくなりつつあるということが考えられます。
趣味が漫画集めなのを秘密裏にしておきたいと言う人が、ここに来て増えていると聞いています。部屋に漫画を置きたくないと言われる方でも、BookLive「人物写真補正の教科書 Photoshopレタッチ・プロの仕事」だったら誰にもバレずに漫画を満喫できます。
漫画雑誌を買うと、そう遠くない時期に収納しきれなくなるという問題が起きてしまいます。ところがサイトで閲覧できるBookLive「人物写真補正の教科書 Photoshopレタッチ・プロの仕事」なら、保管場所に困ることが不要になるため、何も気にすることなく読むことができると言えます。
入手してから「予想よりもありふれた内容だった」という場合でも、買ってしまった漫画は返すことができません。けれど電子書籍なら先に試し読みをすることができるので、こうした事態を予防できます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


「どのサイトを介して本を購入するのか?」というのは、考えている以上に重要な事です。販売価格やシステム内容などに違いがあるので、電子書籍と申しますのは比較しないといけないと思います。
顧客数が急増しているのが漫画サイトの現状です。スマホで漫画を楽しむことが普通にできるので、わざわざ単行本を携行する必要もなく、お出かけ時の持ち物を軽くすることが可能になります。
電子書籍のデメリットとして、気が付いたころには支払が高額になっているということが想定されます。対して読み放題の場合は毎月の支払いが固定なので、ダウンロードし過ぎたとしても支払額が高額になる心配は無用です。
漫画マニアの人からすると、手元に置いておける単行本は値打ちがあると思いますが、「漫画は読めれば十分」という人の場合は、スマホで読める電子コミックの方が使い勝手もいいでしょう。
本屋では扱っていないであろう出版数が少ないタイトルも、電子書籍では揃っています。無料コミックのラインナップの中には、40代以上の世代が若い頃に何度も読んだ漫画が含まれていることもあります。




ページの先頭へ