“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語るブックライブ無料試し読み&購入


空港直属の写真家が撮り続けた貴重な記録写真を一挙公開!大正6年1月、羽田町・穴森に日本飛行学校が開校し、ここに羽田と航空機との歴史が刻みはじめられた。以来1世紀、昭和6年の東京飛行場の開港を経て、羽田空港は「首都・東京の空港」として発展を遂げ、日本の航空史に重要な役割を果たしてきた。長年にわたって羽田空港の記録写真を撮り続け、『羽田開港50年』誌などの制作にも携わった著者が、同誌などを基に綴る羽田空港のあゆみ。当時の貴重な写真やさまざまなエピソードを交え、羽田空港の知られざる一面も紹介する。空港長や機長、整備士など、羽田空港ゆかりの人たちの「思い出の記」も収録。 近藤 晃(こんどうあきら)スタジオ助手、外国写真通信社勤務を経て、昭和40年、フリーランスの写真家に。昭和50年頃から羽田空港などの撮影を始め、昭和56年、『羽田開港50年』誌と写真展。昭和63年、『エアポート羽田春夏秋冬』と題した個展をキヤノンサロンで開催。平成2年、キヤノン航空写真コンテスト審査委員、東京空港事務所『即位の礼記録写真集』を制作。平成12年、キヤノンEOS学園講師。平成13年、キヤノン航空写真愛好会顧問、キヤノンフォトクラブ写真講師。平成16年、日本航空協会50年記念写真コンテスト審査委員。日本写真家協会会員、航空ジャーナリスト協会会員。
続きはコチラから・・・



“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語る無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語る「公式」はコチラから



“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語る


>>>“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語るの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語る、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語るを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語るを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語るの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語るが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、“羽田の空”100年物語 秘蔵写真とエピソードで語る以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


人前では内容を確認するのもためらうような漫画だとしても、無料漫画コンテンツを提供している電子書籍であれば、中身をきちんとチェックした上で買うことができるのです。
コミックサイトの最大の特長は、ラインナップの数がとても多いということだと考えます。売れ残る心配がいらないので、多岐に亘るタイトルを置くことができるわけです。
購入したあとで、「想像よりもありふれた内容だった」と悔やんでも、購入した本は返せないのです。ところが電子書籍ならあらかじめ試し読みができるので、こうした事態をなくせます。
「ここに陳列されているすべての漫画が読み放題だったら良いのになあ・・・」という利用者の声に応えるべく、「月額料を納めれば毎回の支払いは不要」というスタイルの電子書籍が考えられたわけです。
「どのサイトを介して本を買うか?」というのは、案外大切なことだと考えます。価格や仕組みなどに違いがあるわけなので、電子書籍というのは比較して決定しないといけないのです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


店頭では広げて読むのも後ろめたさを感じるような漫画だとしても、無料漫画サービスのある電子書籍の場合は、楽しめるかをしっかり確認した上で判断することができるのです。
スマホで読める電子コミックは、外出時の持ち物を減らすのに役立つはずです。バッグの中などに読みたい本を入れて持ち歩かなくても、好きな時間に漫画を閲覧することが可能なわけです。
スマホ1台あれば、簡単にコミックにどっぷり浸ることができるのが、コミックサイトの最大の特長です。購入は1冊ずつというタイプのサイトや月額課金制のサイトなど様々あります。
懐かしいコミックなど、店頭販売ではお取り寄せしなくては買い求めることができない本も、電子コミックという形で多数取り揃えられているため、どのような場所でも注文して読み始めることができます。
昨今注目を集めているアニメ動画は、若者だけのものではないと言えます。中高年が見ても楽しむことができる作りで、心を打つメッセージ性を秘めた作品も多くなっています。




ページの先頭へ