新釈法華三部経 7ブックライブ無料試し読み&購入


新釈法華三部経7収録内容……『法華経』「如来寿量品第十六」「分別功徳品第十七」「随喜功徳品第十八」「法師功徳品第十九」立正佼成会の開祖である庭野日敬(にわの・にっきょう/1906-1999)は、生きることに苦悩する多くの人びとを励まし、釈尊の教えにもとづく信仰の喜びを説きました。やがてキリスト教、イスラームをはじめとする宗教界の指導者と手をとりあい、“諸宗教間の対話と協力”にもとづく平和運動の推進を掲げて「世界宗教者平和会議」を実現へと導きました。その生涯は、大乗仏教の到達点である『法華経(妙法蓮華経)』の真理を、人びとの目に見えるかたちで、現代社会に向けて展開・実践する歩みでありました。本叢書では「法華三部経」の教えが、だれにでも分かるよう平易に解き明かされています。漢文・読み下し・現代語訳・解説を併記し、『法華経』全般にわたり経文の意味を把握しやすくなっているのが特徴です。また語句解説には、著者自身の体験にもとづく豊富な話題が添えられています。※「法華三部経」とは、『法華経』とその序章に当たる『無量義経』、終章に当たる『仏説観普賢菩薩行法経』の三経をいいます。広大な宇宙をつらぬく永遠の生命(久遠本仏)と、私たちの命が一つにつながっていることを明らかにするのが、『法華経』の中心ともいわれる如来寿量品です。「久遠本仏の大いなるいのちに生かされていること」「いつも仏さまに守護されていること」を確信できれば、心境が変わってきます。心境が変われば生き方も変わります。そのように、すべての生命の“つながり”に気づき、自分に与えられたいのちの尊さにも気づくならば、心には一片のとらわれもなく、身のはたらきは自由自在に、日々幸福を実感することができましょう。こうして、ものの見方、考え方、行動が仏さまの教えに沿っていく喜びと功徳を、分別功徳品、随喜功徳品、法師功徳品で順に説いていきます。
続きはコチラから・・・



新釈法華三部経 7無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


新釈法華三部経 7「公式」はコチラから



新釈法華三部経 7


>>>新釈法華三部経 7の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


新釈法華三部経 7、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
新釈法華三部経 7を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で新釈法華三部経 7を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で新釈法華三部経 7の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で新釈法華三部経 7が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、新釈法華三部経 7以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


無料漫画をわざわざ提示することで、利用する人を増やし売上につなげるのが電子書籍を運営する会社にとっての目的というふうに考えられますが、一方の利用者も試し読みが可能なので、失敗が少なくなります。
漫画好きを秘匿しておきたいと言う方が、近年増加しているようです。自宅にいろんな漫画を放置したくないというような方でも、BookLive「新釈法華三部経 7」であれば誰にも知られることなく漫画が読みたい放題です。
あらかじめある程度中身を知ることができるとすれば、購入後に失敗したと思うような事が少なくなります。本屋での立ち読み同等に、BookLive「新釈法華三部経 7」でも試し読みをするようにすれば、内容を確かめられます。
BookLive「新釈法華三部経 7」のサイトによりいろいろですが、丸々1巻全部を料金なしで試し読みできるというところもあります。1巻はタダにして、「楽しいと感じたなら、その後の巻をお金を払って購入してください」という販売システムです。
「電子書籍は遠慮したい」という人も多いようですが、一度でもスマホを使って電子書籍を読んだら、その気楽さや支払方法の簡単さからどっぷりハマる人が多いようです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


電子書籍も普通の本と同じで情報自体が商品なので、内容が今一つでも返品は受け付けられません。なので自分に合うかをチェックするためにも、無料漫画を閲覧するようにした方が良いと思います。
日常的によく漫画を購入するという方にしてみれば、月額料金を払えばどれだけでも読み放題で楽しむことができるというシステムは、まさに革命的だという印象でしょう。
コミックを買うまでに、電子コミックにおいて軽く試し読みをすることが大切だと言えます。物語のテーマや人物などの絵柄などを、先に知ることができます。
本の販売不振がよく言われる中、電子書籍は新しいシステムを展開することで、ユーザー数を増加させつつあります。前代未聞の読み放題という仕組みが起爆剤になったのです。
「色々比較しないで選択した」とおっしゃる方からしたら、無料電子書籍はどこも内容が同じという思いかもしれないですが、サービスの詳細な中身については各社それぞれですので、比較検証してみるべきだと思います。




ページの先頭へ