新釈法華三部経 5ブックライブ無料試し読み&購入


新釈法華三部経5収録内容……『法華経』「五百弟子受記品第八」「授学無学人記品第九」「法師品第十」「見宝塔品第十一」立正佼成会の開祖である庭野日敬(にわの・にっきょう/1906-1999)は、生きることに苦悩する多くの人びとを励まし、釈尊の教えにもとづく信仰の喜びを説きました。やがてキリスト教、イスラームをはじめとする宗教界の指導者と手をとりあい、“諸宗教間の対話と協力”にもとづく平和運動の推進を掲げて「世界宗教者平和会議」を実現へと導きました。その生涯は、大乗仏教の到達点である『法華経(妙法蓮華経)』の真理を、人びとの目に見えるかたちで、現代社会に向けて展開・実践する歩みでありました。本叢書では「法華三部経」の教えが、だれにでも分かるよう平易に解き明かされています。漢文・読み下し・現代語訳・解説を併記し、『法華経』全般にわたり経文の意味を把握しやすくなっているのが特徴です。また語句解説には、著者自身の体験にもとづく豊富な話題が添えられています。※「法華三部経」とは、『法華経』とその序章に当たる『無量義経』、終章に当たる『仏説観普賢菩薩行法経』の三経をいいます。多くの仏弟子たちがお釈迦さまから、遠い未来にかならず悟りを開き、仏となる保証(尊い宝)を与えられていたことに気づくのが五百弟子受記品。続く授学無学人記品では、いまだ修行が完成していない者も等しく授記され、すべての衆生が成仏する可能性を持っていることが強く示されます。また法師品では、これまでのお釈迦さまの説法で目覚めた人(法師)に対して、世の人と共に幸福の道を歩むための心構えが告げられます。その説法が終わるやいなや、大地から美しい宝塔が現れます。これぞ多宝如来(たほうにょらい)がお釈迦さまの説法をほめたたえ、その教説が真実であることを証明するために出現した大宝塔だったのです(見宝塔品)。
続きはコチラから・・・



新釈法華三部経 5無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


新釈法華三部経 5「公式」はコチラから



新釈法華三部経 5


>>>新釈法華三部経 5の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


新釈法華三部経 5、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
新釈法華三部経 5を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で新釈法華三部経 5を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で新釈法華三部経 5の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で新釈法華三部経 5が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、新釈法華三部経 5以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


時間がなくてアニメを見ることが出来ないなんて場合には、無料アニメ動画がピッタリです。毎回同じ時間帯に見ることは要されませんので、空いている時間に視聴可能です。
ショップには置かれていないといった懐かしいタイトルも、電子書籍なら見つかります。無料コミックのラインナップ中には、50歳前後の人が以前楽しく読んでいた漫画もあったりします。
どこでも無料漫画が楽しめるということで、ユーザー数が増すのは当たり前のことです。店頭とは異なり、他の人の目を気にすることなく立ち読みすることができるというのは、電子書籍だからこその利点だと言っても過言ではありません。
漫画雑誌と言うと、「10代を対象にしたもの」というふうに思い込んでいるかもしれません。だけども最近のBookLive「新釈法華三部経 5」には、壮年期の人が「感慨深いものがある」と言われるような作品も複数あります。
「アニメについては、テレビで見れるものしか見ない」というのは少し古い話でしょう。そのわけは、無料アニメ動画をWebで見るという形が主流になりつつあるからです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


漫画を買う予定なら、電子コミックのアプリでちょっとだけ試し読みするというのが良いでしょう。大体の内容やキャラクターの見た目などを、課金前に確認できて安心です。
色んな本を読み漁りたいという方にすれば、あれこれ購入するのはお財布に優しくないものだと思います。ところが読み放題だったら、1冊毎の単価を縮減することもできるというわけです。
月額幾らと料金が決まっているサイト、個人情報の登録がいらないサイト、個別に買い求めるサイト、タダのコミックがいっぱいあるサイトなど、コミックサイトもあれこれと違いがあるので比較するべきでしょう。
電子書籍を買い求めるというのは、ネットを介して情報を取得するということを意味します。サービス提供会社が破綻してしまうと利用できなくなるのは必至なので、ちゃんと比較してから安心して利用できるサイトを選択してください。
本を買う代金は、1冊1冊の購入代金で見れば安いと言えますが、たくさん買ってしまうと、月々の購入代金は高額になってしまいます。読み放題というプランなら月額料金が固定なので、書籍代を抑えることが可能です。




ページの先頭へ