新釈法華三部経 3ブックライブ無料試し読み&購入


新釈法華三部経3収録内容……『法華経』「譬諭品第三」「信解品第四」立正佼成会の開祖である庭野日敬(にわの・にっきょう/1906-1999)は、生きることに苦悩する多くの人びとを励まし、釈尊の教えにもとづく信仰の喜びを説きました。やがてキリスト教、イスラームをはじめとする宗教界の指導者と手をとりあい、“諸宗教間の対話と協力”にもとづく平和運動の推進を掲げて「世界宗教者平和会議」を実現へと導きました。その生涯は、大乗仏教の到達点である『法華経(妙法蓮華経)』の真理を、人びとの目に見えるかたちで、現代社会に向けて展開・実践する歩みでありました。本叢書では「法華三部経」の教えが、だれにでも分かるよう平易に解き明かされています。漢文・読み下し・現代語訳・解説を併記し、『法華経』全般にわたり経文の意味を把握しやすくなっているのが特徴です。また語句解説には、著者自身の体験にもとづく豊富な話題が添えられています。※「法華三部経」とは、『法華経』とその序章に当たる『無量義経』、終章に当たる『仏説観普賢菩薩行法経』の三経をいいます。譬諭品では、「どのような人でも煩悩(ぼんのう)に苦しむ状況(火宅)から脱し、仏の悟りを得ることができる」という一仏乗の教えが「三車火宅の譬(たと)え」によって説き明かされます。それを受けて信解品では、一仏乗の教えを理解した摩訶迦葉(まかかしょう)ら弟子四人が、「長者窮子(ちょうじゃぐうじ)の譬(たと)え」に託し、卑屈であった過去と、仏の子であることに目覚めた現在の心境の変化をお釈迦さまに告白します。私たちはみな、お釈迦さまと同じく“悟り”に至る本質を具(そな)えた仏の子であり、いつも仏さまに見守られている存在であることが明らかにされるのです。
続きはコチラから・・・



新釈法華三部経 3無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


新釈法華三部経 3「公式」はコチラから



新釈法華三部経 3


>>>新釈法華三部経 3の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


新釈法華三部経 3、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
新釈法華三部経 3を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で新釈法華三部経 3を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で新釈法華三部経 3の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で新釈法華三部経 3が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、新釈法華三部経 3以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


コミックサイトは一つしか存在していないわけではありません。それらのサイトをきちんと比較して、自分にぴったりのものを見つけることが大切です。そうすれば良いサイトと出会えます。
電子書籍も一般書籍と同じで情報が商品ということになるので、自分に合わない内容でも返品することは不可能となっています。ですから内容をチェックするためにも、無料漫画を閲覧する方が良いのは間違いありません。
「比較するまでもなく決定してしまった」とおっしゃる方からしたら、無料電子書籍はどこも同じようなものという感覚かもしれないのですが、サービス内容に関しましては提供会社によって異なりますから、比較検証してみることは結構大事です。
気軽に無料漫画が読めるということで、利用する人が増えるのはある意味当然だと言えます。店頭とは違い、他人を気にすることなく立ち読みすることができるというのは、電子書籍だからこその良い所だと言っていいでしょう。
絶対に電子書籍で購入するという方が右肩上がりに増えています。携帯することも要されなくなりますし、収納場所も必要ないという点がウケているからです。もっと言えば、無料コミックも用意されているので、試し読みも余裕です。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


コミックを買うまでに、電子コミックサービスで少しだけ試し読みをすることをおすすめします。大体の内容や漫画に登場する人の全体的な雰囲気を、DLする前に確認できます。
スマホで読むことのできる電子書籍は、一般的な書籍と違いフォントサイズを視力に合わせることができるので、老眼で近場が見えない60代、70代の方でもサクサク読めるというメリットがあるのです。
「電子書籍には興味をそそられない」という方も多々ありますが、一度でもスマホを使って電子書籍を閲覧すれば、その気楽さや決済の簡便さからハマってしまう人が多いらしいです。
電子書籍を買うというのは、ネットを介して情報を取得するということを意味するわけです。サービスが終了してしまったら利用できなくなるので、何としても比較してから信頼できるサイトを選択したいものです。
好きな時に無料漫画が見られるということで、利用者数が右肩上がりになるのは当たり前の結果だと言えます。本屋さんとは違って、人目を気にすることなく立ち読みできるというのは、電子書籍だけの利点なのです。




ページの先頭へ