新釈法華三部経 2ブックライブ無料試し読み&購入


新釈法華三部経2収録内容……『法華経』「序品第一」「方便品第二」立正佼成会の開祖である庭野日敬(にわの・にっきょう/1906-1999)は、生きることに苦悩する多くの人びとを励まし、釈尊の教えにもとづく信仰の喜びを説きました。やがてキリスト教、イスラームをはじめとする宗教界の指導者と手をとりあい、“諸宗教間の対話と協力”にもとづく平和運動の推進を掲げて「世界宗教者平和会議」を実現へと導きました。その生涯は、大乗仏教の到達点である『法華経(妙法蓮華経)』の真理を、人びとの目に見えるかたちで、現代社会に向けて展開・実践する歩みでありました。本叢書では「法華三部経」の教えが、だれにでも分かるよう平易に解き明かされています。漢文・読み下し・現代語訳・解説を併記し、『法華経』全般にわたり経文の意味を把握しやすくなっているのが特徴です。また語句解説には、著者自身の体験にもとづく豊富な話題が添えられています。※「法華三部経」とは、『法華経』とその序章に当たる『無量義経』、終章に当たる『仏説観普賢菩薩行法経』の三経をいいます。『無量義経』を説き終えたお釈迦さまは三昧(さんまい)に入り、眉間(みけん)から光を発し東方世界を照らし出します。この光景を目の当たりにした文殊師利(もんじゅしり)菩薩は、深遠なる真理、妙法が説き明かされることを予見します。『法華経』二十八品の幕開けです(序品)。やがて、お釈迦さまは三昧より立ち上がり、静かに教えを説き始めます(方便品)。それは「仏になれない者は一人としていない」という真実だったのです。仏の境地に達することはできない、と思い込んでいた仏弟子・舎利弗(しゃりほつ)の心に大きな喜びが湧きあがってきます。
続きはコチラから・・・



新釈法華三部経 2無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


新釈法華三部経 2「公式」はコチラから



新釈法華三部経 2


>>>新釈法華三部経 2の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


新釈法華三部経 2、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
新釈法華三部経 2を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で新釈法華三部経 2を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で新釈法華三部経 2の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で新釈法華三部経 2が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、新釈法華三部経 2以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


購入する前にざっくり内容をチェックすることが可能であるなら、買ってから後悔することがありません。店舗で立ち読みをするように、BookLive「新釈法華三部経 2」でも試し読みをすることによって、漫画の中身を確かめられます。
スマホやパソコンに漫画を丸々収めれば、本棚の空きスペースについて気を揉むなんて不要になります。物は試しに無料コミックからスタートしてみると良さが分かるでしょう。
手に入れるかどうか迷っている漫画があれば、BookLive「新釈法華三部経 2」のサイトで料金の発生しない試し読みを行うと良いでしょう。読んでみて続きが気にならないと思ったら、決済しなければ良いだけの話です。
電子書籍ビジネスには多くの企業が進出しているので、きちんと比較してから「どの電子書籍を使うのか?」を決めていただきたいと思います。書籍が充実しているかとかコンテンツ、価格などを比較することが肝要でしょうね。
漫画は電子書籍で購入するという方があきらかに増えてきています。バッグなどに入れて運ぶ必要もないですし、本を並べる場所も必要ないというのが理由です。更に言えることは、無料コミックも用意されているので、試し読みだって可能なのです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


漫画が趣味であることを他人にバレたくないという人が、昨今増えていると聞きます。部屋に漫画を持ち帰りたくないというような状況でも、漫画サイトだったら誰にも気兼ねせずに漫画を楽しむことができます。
移動中などの暇で仕方ない時間に、無料漫画を試し読みして自分好みの本を発見しておけば、公休日などの時間に余裕がある時に買って続きの部分を読むこともできるといわけです。
皆に平等に与えられた時間を無駄なく過ごしたいと言うなら、空き時間を有意義に活用しなければなりません。アニメ動画の視聴くらいは移動している時でもできますから、こうした時間をうまく利用するべきでしょう。
「漫画の所持数が多すぎて収納場所がないから、買うのを諦める」といった事態にならないのが、漫画サイトのメリットです。次々に購入し続けても、本棚のことを心配せずに済みます。
「自分の家に保管したくない」、「読んでいるということをバレたくない」という漫画だったとしても、漫画サイトを上手く使えば周りの人に内密にしたまま楽しむことができます。




ページの先頭へ