新釈法華三部経 1ブックライブ無料試し読み&購入


新釈法華三部経1収録内容……『無量義経』「徳行品第一」「説法品第二」「十功徳品第三」立正佼成会の開祖である庭野日敬(にわの・にっきょう/1906-1999)は、生きることに苦悩する多くの人びとを励まし、釈尊の教えにもとづく信仰の喜びを説きました。やがてキリスト教、イスラームをはじめとする宗教界の指導者と手をとりあい、“諸宗教間の対話と協力”にもとづく平和運動の推進を掲げて「世界宗教者平和会議」を実現へと導きました。その生涯は、大乗仏教の到達点である『法華経(妙法蓮華経)』の真理を、人びとの目に見えるかたちで、現代社会に向けて展開・実践する歩みでありました。本叢書では「法華三部経」の教えが、だれにでも分かるよう平易に解き明かされています。漢文・読み下し・現代語訳・解説を併記し、『法華経』全般にわたり経文の意味を把握しやすくなっているのが特徴です。また語句解説には、著者自身の体験にもとづく豊富な話題が添えられています。※「法華三部経」とは、『法華経』とその序章に当たる『無量義経』、終章に当たる『仏説観普賢菩薩行法経』の三経をいいます。『法華経』の序章に当たる『無量義経』では、釈尊の説く数限りない無量の教えも、ただ一つの真理から生み出されることを説き明かします。徳行品では「善(よ)いことを行い心を清めていけば、いつか仏さまのような円満な人格になれる」こと、説法品では「他者を思いやり、みずからが他者にとって善き縁となるのが悟りに達する近道である」こと、そして十功徳品では「仏さまの教えを実行し、人のために尽くす者こそほんとうの仏の子である」ことを説き、教法実践の大切さが説かれます。この巻には『法華経』全体の特徴やインドで成立した背景、中国・日本への伝来の歴史も詳述されています。
続きはコチラから・・・



新釈法華三部経 1無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


新釈法華三部経 1「公式」はコチラから



新釈法華三部経 1


>>>新釈法華三部経 1の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


新釈法華三部経 1、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
新釈法華三部経 1を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で新釈法華三部経 1を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で新釈法華三部経 1の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で新釈法華三部経 1が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、新釈法華三部経 1以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


漫画を購入するというなら、BookLive「新釈法華三部経 1」のサイトで簡単に試し読みしる方が良いでしょう。物語のあらすじや主要キャラクターの風体を、購入するより先に確認できます。
「大筋を把握してからでないと買えない」という考えを持っているユーザーからすれば、無料漫画と言いますのはメリットばかりのサービスだと断言します。運営者側からしましても、顧客数増大を望むことができます。
バッグなどを持ち歩くことがないという男性陣にとりましては、スマホで無料電子書籍を読むことができるというのは凄いことです。言うなれば、ポケットに入れて本を携帯できるというわけです。
1冊1冊書店まで行って買うのは骨が折れます。とは言え、全巻まとめて買うのは内容がイマイチだったときの精神的なダメージが大きすぎるでしょう。BookLive「新釈法華三部経 1」なら個別に購入できて、失敗することも少ないです。
コミックブックと言えば、「少年少女をターゲットに作られたもの」というふうに思い込んでいるかもしれません。ところが昨今のBookLive「新釈法華三部経 1」には、中年層の方が「懐かしい」という感想を漏らすような作品も多くあります。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


読み放題プランという仕組みは、電子書籍業界からしたらさながら革新的なトライアルです。本を買う側にとっても出版社サイドにとっても、魅力が多いと言えるのではないでしょうか。
本離れが出版社の頭を悩ませていますが、電子書籍は今までにないシステムを展開することによって、購入者数を増やしているのです昔は考えられなかった読み放題というプランが数多くの人に支持されたのです。
物語のようなもう一つの世界にハマるというのは、ストレス解消にとても効果があると言えるでしょう。複雑なストーリーよりも、単純明快な無料アニメ動画の方が有効だと言えます。
「どのサイトを利用して本を購入するのか?」というのは、それなりに大切なことだと思います。価格とか利用方法などが異なるわけですから、電子書籍と申しますのは色々比較して決めなければいけないでしょう。
閲覧者数がいきなり増加してきたのが漫画サイトの現状です。スマホを使って漫画を読むことが普通にできるので、邪魔になってしまう本を携行する必要もなく、移動時の荷物の軽量化が図れます。




ページの先頭へ