『頬染まる』ブックライブ無料試し読み&購入


きっかけは『本』と『涙』と『ハンカチ』。泣き顔を誰にも見られたくなくて、でも悲しくて仕方がなくて。ある悲しみを抱えた女子高生の志穂(しほ)が泣き場所に選んだのは、人の少ない夕方の図書館だった。本を広げて、ただただ泣き続ける。いつか涙が枯れ果てたら、もう来ることはないだろうと思っていたその場所。なのに……。「その本、感動するよね」そう言って、ハンカチを差し出してくれたのは、見ず知らずのお兄さんだった。図書館の本を涙で濡らしてしまったことを怒られるだろうと思ったのに、お兄さんは笑顔を向けるだけ。そして、ハンカチと、オススメだという本のタイトルを残してくれた。その2つが悲しみばかりに暮れていた志穂の心に温もりを取り戻させる。ハンカチを返すためだけに再び訪れた図書館。お兄さんはどこの誰かも分からなかったけれど、志穂に残されたヒントは図書館だけだったのだ。再会したお兄さんは、実は図書館の司書だという。勉強になるからと、志穂に会うような本を選んで、次から次へとオススメしてくれた。泣くために行っていた場所が次第に本を読む場所に代わり、そしてお兄さんに会うための場所になっていく。お兄さんの名前は晴海修一(はるみしゅういち)。晴れた海のように明るい笑顔と、処方箋のような小説たちで志穂の心を癒してくれた。次第にお兄さんへの気持ちは、慕うものから恋心へと変わるまでに、そう時間はかからなかった。でも、お兄さんと志穂が共有できる時は、終わりのある限られたものだった。その別れは、ある日突然やってくる――。
続きはコチラから・・・



『頬染まる』無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


『頬染まる』「公式」はコチラから



『頬染まる』


>>>『頬染まる』の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


『頬染まる』、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
『頬染まる』を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で『頬染まる』を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で『頬染まる』の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で『頬染まる』が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、『頬染まる』以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


電子書籍ビジネスには数多くの会社が参入していますので、何としても比較してから「どの電子書籍お使用するのか?」を決めていただきたいと思います。揃えている書籍の種類やサービス、料金、使い心地などを吟味することを推奨します。
様々な種類の本を耽読したいという読書マニアにとって、次々に買うというのは家計的にも厳しいと言えます。けれども読み放題でしたら、書籍代を大幅に抑えることが可能です。
コミックが好きなら、コミックサイトが重宝するはずです。購入手続きも楽々ですし、新しく出る漫画を買いたいということで、あえて売り場で事前予約を入れる必要もありません。
電子書籍を買い求めるというのは、ネットを媒介に文字とか絵などの情報を手に入れることを意味するわけです。サービス提供が終了してしまえば利用することができなくなるので、しっかりと比較してから安心できるサイトを選択しなければいけません。
電子書籍のニードは、時が経つほどに高まりを見せているようです。こうした状況下で、新規顧客が着実に増えているのが読み放題というプランです。値段を心配せずに済むというのが最大の特徴と言えます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


居ながらにしてアクセスして読み進めることができるというのが、無料電子書籍なのです。漫画ショップを訪ねる必要も、通信販売経由で買った本を宅配便などで送ってもらう必要もないのです。
「比較するまでもなく選定した」とおっしゃる方からしたら、無料電子書籍はどれも同じという感覚かもしれませんけど、サービスの詳細については運営会社によって変わりますから、比較&検討することは重要です。
無料コミックは、スマホなどで楽しむことが可能です。出先、休み時間、病院や歯医者などでの受診までの時間など、暇な時間に気軽に見れます。
店頭には置いていないといった懐かしいタイトルも、電子書籍なら購入できます。無料コミックの中には、シニア世代が幼い頃に満喫した漫画もいっぱい見受けられます。
常日頃からたくさん本を読むと言われる方からすれば、一定の月額費用を納めることによって何冊であっても読み放題で楽しめるというユーザー目線のサービスは、まさに革新的と言っても過言じゃないでしょう。




ページの先頭へ