白に刻む足跡ブックライブ無料試し読み&購入


――真っ白な雪の上に、あなたは何を残しますか?――都内の大学に通う榊遥香(さかき はるか)は、現在4年生。内定ゼロのまま2月になってしまい、就職浪人は避けられそうにない。「今まで私、何をしてきたんだろう?」何もできなかった大学生活を悔やむばかり。そんな中、姉の結婚の知らせを聞き、実家の長野へと帰省する。バスを降りて長野駅のバス停を歩いていると、懐かしい声が聞こえてきた。高校の同級生で、彼女の初恋の相手でもある入嶋優太(いりしま ゆうた)だ。久しぶりに優太と話しながら、彼と出会った時のことに思いを馳せる。優太と初めて話したのは4年前、地元の図書館でのこと。問題集を解いていた遥香に優太が声をかけ、一緒に勉強しようと誘ってきたのだ。優太とはクラスは違ったが、成績優秀な生徒として学年中に名前を知られている。そんな彼と一緒ならはかどるかもしれない――そう思った遥香は、彼と一緒に勉強することになる。イケメンで成績優秀な優太は、女子からの人気も高かった。彼との関係について、クラスメイトから問い詰められることもあった。遥香自身も彼に惹かれていたが、彼と関係を深めていくには決定的な問題があった。お互いの志望大学が遠すぎて、卒業後は離れ離れになることが避けられなかったのだ。そして受験後、2人に別れが訪れる。それから今に至るまで、再び会うことはなかった。久しぶりに再会した優太は、雰囲気は多少変わっていたが遥香の好きだった優太のままだった。彼に励まされた遥香は、もう1度就職活動を頑張ろうと心に決める。しかし遥香はまだ、気づいていなかった。優太と離れていた4年間に、彼の身に思いもよらぬ出来事が起こっていたことに――
続きはコチラから・・・



白に刻む足跡無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


白に刻む足跡「公式」はコチラから



白に刻む足跡


>>>白に刻む足跡の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


白に刻む足跡、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
白に刻む足跡を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で白に刻む足跡を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で白に刻む足跡の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で白に刻む足跡が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、白に刻む足跡以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


スマホを使っている人は、BookLive「白に刻む足跡」をいつでも満喫できるのです。ベッドでくつろぎながら、寝入るまでのリラックスタイムに閲覧するという人が多いとのことです。
電子書籍を購入するというのは、情報をゲットするということを意味するのです。サービス提供企業が倒産してしまったといった場合は利用できなくなるので、とにかく比較してからしっかりしたサイトを選びましょう。
漫画と聞くと、「若者を対象としたもの」というイメージを抱いでいるのではないでしょうか?だけれど近頃のBookLive「白に刻む足跡」には、50代以降の方でも「10代の頃を思い出す」と言ってもらえるような作品もどっさりあります。
毎日を大切にしたいのであれば、空き時間を有効に活用しなければなりません。アニメ動画の視聴については移動中であっても可能ですから、その様な時間を充てるというふうに意識しましょう。
コミックサイトもいっぱい運営されていますので、比較して自分の考えに合うものを見つけることが重要だと言えます。ということで、とにかくそれぞれのサイトの特徴を掴むことが重要です。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


「話の内容を知ってからじゃないと買いたくない」というような人からすれば、無料漫画と申しますのはメリットの大きいサービスだと言っていいでしょう。運営者側からしましても、新しい顧客獲得に効果のある戦略だと言えます。
全ての人に等しく与えられた時間を大切にしたいという気持ちがあるなら、空き時間を計画的に活用しなければなりません。アニメ動画を見るくらいは通勤中でも可能ですから、そうした時間を充てる方が良いでしょう。
電子書籍も一般の書籍同様に情報が商品となりますので、内容が今一つでも返品することは不可能となっています。ですから内容を確かめるためにも、無料漫画を読むことが大切です。
「電子書籍は嫌いだ」とおっしゃる人も多いようですが、一度でもスマホを介して電子書籍を閲覧したら、その利便性や購入までの簡便さから何度も購入する人が多いようです。
「手持ちの漫画が増え過ぎて置き場所にも困るから、購入したくてもできない」ということがありえないのが、漫画サイトのおすすめポイントです。次々に購入しようとも、保管場所を心配する必要はありません。




ページの先頭へ