今夜、あなたとカフェでブックライブ無料試し読み&購入


毎日残業続きの私、深海杏子(ふかみ きょうこ)。あまりに疲れて帰り道を間違えたところで、深夜でも灯りの点いているカフェを見つける。お腹が空いていたこともあり、思い切ってそのカフェの戸を開けると、閉店の店内でコーヒーを淹れる練習をしている青年、一条慎也(いちじょう しんや)に出会う。 彼はお夕飯のプレートと引き換えに淹れたコーヒーを飲んでほしいと頼み、私はそのコーヒーを飲むが、何かが足りない。 足りない「何か」を探すため、私と慎也君は毎夜カフェでコーヒー談義を交わすことになる。 残業に加えて、各所のコーヒーショップ巡りも始めた私はますます忙しくなるが、一生懸命な慎也君に惹かれていき、無理をおして仕事もコーヒーの味見も頑張る。時には口論になり、時にはフォローもしあい、仲良くなっていく私たち。けれども、慎也君のそばにちらつく可愛い、いきいきとした女の子の影……。 ある日、慎也君と私が仲良く話しているところを見てしまった私は咄嗟に逃げ出してしまい、駅の階段を落ちて、入院することになってしまう。幸い無事で済んだものの、退屈な入院生活の中で、望むのは美味しいコーヒー。そこで、私は慎也君のコーヒーに「足りないもの」、そして私の仕事に「足りないもの」をようやく見つけるが……? コーヒーの香りと共に緩やかに進む恋物語。あなたの「大事なもの」は何ですか?
続きはコチラから・・・



今夜、あなたとカフェで無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


今夜、あなたとカフェで「公式」はコチラから



今夜、あなたとカフェで


>>>今夜、あなたとカフェでの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


今夜、あなたとカフェで、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
今夜、あなたとカフェでを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で今夜、あなたとカフェでを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で今夜、あなたとカフェでの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で今夜、あなたとカフェでが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、今夜、あなたとカフェで以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


アニメ好きな方にとってみれば、無料アニメ動画はある種革命的なコンテンツなのです。スマホさえ所有していれば、タダで視聴することができるのですから、本当に便利です。
購読しようかどうか判断しづらい単行本があるときには、BookLive「今夜、あなたとカフェで」のサイトで無料の試し読みをしてみると良いでしょう。読むことができる部分を見て面白いと感じなければ、買わなければ良いのです。
コミックと聞くと、「若者をターゲットにしたもの」というイメージを抱いでいるかもしれません。ところが近頃のBookLive「今夜、あなたとカフェで」には、中高年層の人が「昔懐かしい」と思えるような作品もたくさんあります。
漫画や書籍を購入するという時には、数ページめくって中身をチェックした上で判断する人が多いのではないでしょうか?無料コミックなら、立ち読みと同じ感覚でストーリーをチェックすることが可能だというわけです。
漫画好きを他人にバレたくないという人が、ここ数年増加しているとのことです。自宅にいろんな漫画は置けないと言われる方でも、BookLive「今夜、あなたとカフェで」の中なら他人に非公開にして漫画が読みたい放題です。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


スマホで読むことができる電子コミックは、外に出るときの持ち物を軽くするのに役立ちます。バッグやリュックの中に何冊もの本を詰め込んで持ち歩いたりしなくても、手軽に漫画をエンジョイすることが可能なわけです。
アニメマニアの人からすれば、無料アニメ動画はある意味革新的なサービスです。スマホさえ携帯していれば、タダで見聞きすることが可能なのです。
電子コミックが30代・40代に受けが良いのは、10代の頃に幾度となく読んだ漫画を、また気軽に読むことが可能であるからということに尽きるでしょう。
毎月沢山漫画を購入する人にとっては、月額固定費用を支払うことによって満足するまで読み放題で閲覧できるというプランは、それこそ革新的と言えるでしょう。
隙間時間を埋めるのにピッタリなサイトとして、流行しつつあるのがご存じの漫画サイトです。お店で欲しい漫画を探したりせずとも、スマホさえあれば読めてしまうという所が特色です。




ページの先頭へ