恋色日和ブックライブ無料試し読み&購入


■17歳の高校生活に、何ひとつ不満はない。幼なじみの慎吾(しんご)、親友の有美(ゆみ)。大切な人がそばにいる。けれど朝子(あさこ)の心の中にある寂しさを拭いきれないのは、2年前に親の仕事の都合で引っ越してしまったもうひとりの幼なじみ、春馬(はるま)が作ったもの……?彼も慎吾と同じ、大切な幼なじみだった。2年前の、あの日までは。大切なあの子が、笑ってくれていればそれでいい。慎吾の朝は、好きな子を自転車の後ろに乗せて学校に行くところから始まる。誰にも内緒の、幸せなひと時。幼なじみの春馬がいない寂しさはあるけれど、お姫様をひとり占めできるのは、残った者の特権だ。この日までは、そう思っていた。今日も仲良く登校する朝子と慎吾の姿に、親友の有美は苦笑い。早いとこ、素直になればいいのに。だけど背中を押す、まではお節介になりきれない。良き理解者として身守ってやりますか。この日までは、そう言い聞かせることが出来ていた。2年ぶりの空気は、何ひとつ変わっていない。春馬は懐かしさを胸に、転校先の高校に足を踏み入れていた。ずっと会いたいと思っていた、ふたりの幼なじみ。会わずにいればいいと願っていた、大切な存在。この日から何かが変わってしまう。静かに、だけど確実に。そのことに、気づかないフリをしていた。朝子、春馬、慎吾、有美。4人の心が交錯する、初恋物語。――好きという感情は、ひとつだと思っていた。
続きはコチラから・・・



恋色日和無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


恋色日和「公式」はコチラから



恋色日和


>>>恋色日和の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


恋色日和、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
恋色日和を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で恋色日和を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で恋色日和の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で恋色日和が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、恋色日和以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


「電子書籍は遠慮したい」という愛読家の人も間違いなくいますが、一度でもスマホを活用して電子書籍を閲覧すると、その扱いやすさや支払方法の簡単さからどっぷりハマる人が多いようです。
コミックを楽しみたいなら、コミックサイトが便利だと言えます。決済も楽々ですし、最新コミックを買いたいということで、その度毎に売り場で予約を入れるといった手間を掛ける必要もなくなります。
次から次に新しい作品が登場するので、何十冊読んでも読むべき漫画がなくなる心配などいらないというのがコミックサイトの良いところです。書店には置いていないような珍しい作品も閲覧できます。
漫画を買うと、そう遠くない時期に収納スペースがいっぱいになるという問題が起きてしまいます。だけどサイトで閲覧できるBookLive「恋色日和」なら、どこに片づけるか悩むことが全くないので、いつでも気軽に読むことができるわけです。
BookLive「恋色日和」を堪能するなら、スマホが役立ちます。重いパソコンは持ち運ぶなんてことはできませんし、タブレットも電車の中などで閲覧したというような場合には、大きすぎて迷惑になると考えられるからです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


「どのサイトを介して書籍を購入するか?」というのは、想像以上に重要なことなのです。料金とかシステムなどに違いがあるので、電子書籍は色々比較して決めなければならないと断言します。
電子書籍ビジネスには数多くの会社が進出してきているので、入念に比較してから「どの電子書籍を使うのか?」を決めることが大切です。書籍が充実しているかとか値段、サービス状況などをチェックすると良いでしょう。
購入について判断に迷う漫画があれば、電子コミックのサイトでお金が不要の試し読みを活用してみるべきではないでしょうか?チョイ読みして読む価値はないと思ったら、買わなければ良いのです。
漫画の通販ショップでは、基本としてカバーとタイトル、あらすじぐらいしか把握できません。ですが電子コミックの場合は、内容が分かる程度は試し読みで確認することができます。
日頃より山ほど漫画を買う人にとっては、一定の月額費用を納めることによって何十冊であろうとも読み放題で堪能できるというサービスシステムは、それこそ先進的だと評価できるのではないでしょうか?




ページの先頭へ