モツレク〈学園〉ブックライブ無料試し読み&購入


君の、あなたのお子さんの、十代は大学受験だけではない。君よ、狂ったように何かに熱中したまえ!この私小説は半世紀前の出来事をもとに、30年ほど前に書いたものです。ただ内容が亡くなった友人に係るため、お蔵に納めておりました。このたび、以下を伝えたく出版いたしました。・1960年代の学園と、その生徒たちのテンパラメントの記憶を残しておきたかった。・この小説の主題である「十代」の大切さを、過酷だった団塊世代の大学受験に絡めて著し、現代の子を持つ親に伝えたかった。・小説全体を流れる自身の音楽への愛と、音楽による救済をMozart レクイエムの流れに乗って表現させていただいた。【目次】まえがき1.Introitus 「千代田の南」2.Kyrie 「音鑑」3.Dias irae 「闘鶏」4.Tuba Mirum 「楽園」5.Rex Tremendes 「試練」6.Recordare 「部室」7.Confutatis 「最期の時」8.Lacrimosa 「レクイエム」9.Lux aeterna 「とこしえの光」あとがき参考資料【著者】麻布太郎1949年東京生まれ。麻布学園卒。東工大電子工学科卒/原子炉工学研究所修士修了。カリフォルニア大学バークレー校にて、高レベル廃棄物の地層処分研究に従事。大手プラントメーカに38年奉職、技術理事。現在は大手非鉄金属会社で統括技師長を拝命。原子力燃料サイクルおよび非鉄金属製錬技術が専門。音楽歴は東工大管弦楽団、町田フィルハーモニー交響楽団の首席チェロ奏者を経て、現在は鎌倉交響楽団に所属。指揮者として町田フィル弦楽アンサンブルを指揮。2000年にパリ、ケルンへ演奏旅行。現在は合奏団メルクルディ指揮者。
続きはコチラから・・・



モツレク〈学園〉無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


モツレク〈学園〉「公式」はコチラから



モツレク〈学園〉


>>>モツレク〈学園〉の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


モツレク〈学園〉、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
モツレク〈学園〉を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でモツレク〈学園〉を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でモツレク〈学園〉の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でモツレク〈学園〉が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、モツレク〈学園〉以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


無料電子書籍さえあれば、どうしようもなく暇で時間が余って仕方ないなどということがゼロになるはずです。シフトの合間や通学時間などでも、大いにエンジョイできるはずです。
電車移動をしている時などの少しの隙間時間に、無料漫画を試し読みして自分に合う本を見つけておけば、土曜日や日曜日などの時間が空いたときに購読して続きの部分を読むこともできちゃいます。
一般的な書店では、スペースの関係で売り場に並べられる数に限度がありますが、BookLive「モツレク〈学園〉」においてはこういった制約がないため、今はあまり取り扱われない作品も多いのが特徴でもあるのです。
常時最新作品が配信されるので、何冊読んでも全部読了してしまう心配は無用というのがコミックサイトの特徴です。もう書店では扱っていない昔懐かしい作品もそろっています。
コミックサイトも少なくないので、比較検討して使いやすそうなものを見極めることが重要だと言えます。それを実現する為にも、最優先にそれぞれのサイトの強みを頭に入れるようにしましょう。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


読んでみたい漫画は結構あるけど、買っても置く場所がないという人もいるようです。だからこそ、整理整頓を全く考えずに済む漫画サイト利用者数が増えてきたのです。
注目の無料コミックは、スマホやタブレットで読めます。外出先、昼食後、クリニックなどでの診てもらうまでの時間など、好きなときに気楽に読めるのです。
バッグなどを持ち歩かないという男性たちにとって、スマホで無料電子書籍が堪能できるというのは非常に重宝します。言うなれば、ポケットに保管して本を携帯できるというわけです。
1日24時間を大切にしたいという気持ちがあるなら、空き時間を如才なく活用することを考えなければなりません。アニメ動画を楽しむのは通勤中でもできるので、それらの時間を充てるのがおすすめです。
一般的に書籍は返品不可のため、内容を確かめたあとで買い求めたい人には、試し読みで中身が確認できる無料電子書籍は大変使えます。漫画も同様に中身を見て買い求めることができます。




ページの先頭へ