水平線に時を読むブックライブ無料試し読み&購入


「ストーリーは過去であり、過去はストーリーだ」波乗りを好む男が、雑誌の取材でインタヴューに赴く。相手は57歳。その人も波乗りの練達で、しかもその人の祖父こそが、日本で初めてのサーファーの可能性もあるという。加えて彼の家には、日本最古のサーフボードが保存されている。過去はどんどんどこからか湧いてきて「波が呼ぶんだよ」という小説の話、その映画の話、ハワイの話に広がってゆく。「波が呼ぶんだよ」とはまさに片岡義男の小説のタイトルであり、ハワイは作家の父方のルーツである。自伝的要素を巧みにフィクションに混入した、手の込んだ作品だ。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラから・・・



水平線に時を読む無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


水平線に時を読む「公式」はコチラから



水平線に時を読む


>>>水平線に時を読むの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


水平線に時を読む、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
水平線に時を読むを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で水平線に時を読むを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で水平線に時を読むの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で水平線に時を読むが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、水平線に時を読む以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


“無料コミック”を上手く活用すれば、購入を躊躇っている漫画の一部分を試し読みで閲覧することが可能です。決済前にストーリーをそこそこ読めるので、非常に重宝します。
電子書籍への期待度は、より一層高くなってきています。そんな中で、特に利用者がじわじわ増加しているのが読み放題というサービスだと聞いています。支払料金を気にせずに読めるのが人気の理由です。
サイドバックを出来るだけ持ちたくない男の人にとりましては、スマホで無料電子書籍が楽しめるというのはとても便利なことです。荷物を増やすこともなく、ポケットに入れて本や漫画を携帯できるわけです。
本の販売不振がよく言われる中、電子書籍は今までとは異なるシステムを採用することによって、購読者数を増やしているのです昔ではありえなかった読み放題というシステムが多くの人に受け入れられたのです。
CDをお試し視聴してから買い求めるように、漫画も試し読みしたのち購入するのが当然になってきたように思われます。無料コミックを上手に利用して、気になるコミックをサーチしてみてもいいでしょう。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


スマホ上で見る電子書籍は、有難いことに文字の大きさをカスタマイズすることが可能ですので、老眼の為に読書から遠ざかっていた中高年の方でも問題なく読めるという強みがあります。
使っている人が増加し続けているのが、若い人に人気の漫画サイトです。スマホを使って漫画を読むことが可能なわけですから、わざわざ書籍を携帯する必要もなく、持ち物のカサが減ります。
アニメが大好きな方にしてみれば無料アニメ動画と言いますのはある意味革新的なサービスなのです。スマホ1台あれば、好きな時間に観賞することが可能なのです。
移動している間などの手空きの時間に、無料漫画を調べて面白そうな漫画を探し当てておけば、公休日などの時間が空いたときに買って続きを満喫することもできちゃいます。
電子書籍というものは、気付かないうちに金額が高くなりすぎているということが無きにしも非ずです。けれども読み放題であれば月額料が決まっているので、ダウンロードし過ぎたとしても支払額が高額になるなんてことはないのです。




ページの先頭へ