海をもらった人ブックライブ無料試し読み&購入


海をめぐる二つの小説ビターな味わいの小説である。まずは、おだやかな家族の風景から一転して悲劇が訪れ、しかしその悲劇は小説として書かれたものだった、という仕掛けから始まる。そして物語の視点は、その悲劇の小説を編集者として受け取った男のものとなる。その男は海辺で偶然、かつての知り合いと会い、その知り合いが小説を書こうとしていることを知る。知り合いの書いたものを読んでみると……そこに悲劇は無いが、編集者には不徹底な失敗した小説としか思えない。最初も最後も小説に係わる、あくまでビターな作品である。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラから・・・



海をもらった人無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


海をもらった人「公式」はコチラから



海をもらった人


>>>海をもらった人の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


海をもらった人、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
海をもらった人を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で海をもらった人を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で海をもらった人の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で海をもらった人が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、海をもらった人以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


月額の料金が一定のサイト、ユーザー登録せずに使えるサイト、1巻単位で買うサイト、無料で読める作品が多くあるサイトなど、コミックサイトもそれぞれ異なる点があるので、比較した方が良いとお伝えしておきます。
購入の前に試し読みをして自分が好きな漫画なのかを理解した上で、安心して買えるのが、ウェブ漫画と呼ばれるサイトのメリットでしょう。買い求める前にストーリーを把握できるので失敗などしません。
物語という別世界に熱中するというのは、ストレス解消にとんでもなく役に立つのです。複雑なストーリーよりも、シンプルな無料アニメ動画などの方が良いでしょう。
今日ではスマホを通して遊べるコンテンツも、更に多様化が進んでいると言えます。無料アニメ動画のみならず、無料電子書籍や無料で遊べるスマホゲームなど、いろんなサービスの中から選べます。
「出先でも漫画を手放したくない」と言う方にオススメできるのがBookLive「海をもらった人」なのです。かさばる漫画を帯同することもなくなりますし、バッグの中身も重たくならずに済みます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


「出版されているすべての漫画が読み放題であれば、どれほど嬉しいだろう!」という利用者の要望をベースに、「月額料を支払えば個別料金は発生しない」というプランの電子書籍が誕生したわけです。
「小さな画面では見づらくはないのか?」と疑念を抱く人もいるのは確かですが、現実に電子コミックをダウンロードしスマホで読んでみれば、その使いやすさに驚かされる人が多いです。
コミックの売れ行き低迷が製作者の頭痛の種ですが、電子書籍は今までとは異なるシステムを提案することにより、購入者数を増加させています。昔は考えられなかった読み放題という利用方法が数多くの人に支持されたのです。
無料電子書籍さえあれば、何もする予定がなくて時間つぶしが難しいということがほとんどなくなります。バイトの休み時間や電車での移動中などでも、思っている以上に楽しめること請け合いです。
「電子書籍はどうも苦手だ」と言う愛読家の人も少なくありませんが、1回でもスマホを用いて電子書籍を閲覧すれば、持ち運びの手軽さや購入の楽さから抜け出せなくなる人が多いらしいです。




ページの先頭へ