壱萬円心中ブックライブ無料試し読み&購入


女子大生・凪沙(ナギサ)の目下の目標は「家を出て一人暮らしをするためのお金を稼ぐこと」。夜のバイトで必死に稼ごうとするものの、お客にセクハラされたり彼氏に殴られたり散々な日々。ある夜、普段はあまり仲良くない二歳下の弟、嵐士(アラシ)に話しかけられる。「男と別れて泣いてんのかよ、だっせぇ。そんなに彼氏が欲しいなら俺が付き合ってやるよ」嵐士は凪沙の財布から勝手に五千円札を取ると、優しく抱きしめてくれる。その夜から嵐士は、お金と引き換えに凪沙の彼氏になった。抱きしめるのは五千円、マッサージは八千円、手を繋いで夜中のお散歩は三千円。不毛だと思いつつ、ずっと前から嵐士に恋愛感情を持っていた凪沙はその関係をやめられない。(弟と離れるために頑張っているのに、弟とこんなことをしていたら意味がない……)そう思いながらも、デートをして、キスをねだり、ベッドに潜り込み、幸せな拷問のような日々を過ごしながら想いを募らせていく。そんなある日、凪沙はバイト禁止の進学校に通う嵐士がこっそり在宅バイトをしていることを知る。そんなにお金が必要だったのか、自分との関係もやはりお金のためだけだったのかとショックを受ける凪沙。いつもはバイト帰りに嵐士に迎えに来てもらっていたけれど、遠慮して迎えを断ってしまう。戸惑う様子の嵐士を置いて一人で出かけた凪沙は、思いも寄らない事件に巻き込まれて――。
続きはコチラから・・・



壱萬円心中無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


壱萬円心中「公式」はコチラから



壱萬円心中


>>>壱萬円心中の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


壱萬円心中、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
壱萬円心中を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で壱萬円心中を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で壱萬円心中の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で壱萬円心中が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、壱萬円心中以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


読み放題プランという仕組みは、電子書籍業界からしたら正しく先進的なトライアルです。購入者にとっても制作者にとっても、メリットが多いと考えていいでしょう。
老眼の為に、近場の文字がハッキリ見えなくなってきたという活字中毒ぎみの中高年にとって、スマホで電子書籍が閲覧できるようになったというのは画期的なのです。フォントサイズを読みやすいように調節できるからです。
「連載になっている漫画を購入したい」と言われる方には無用なものです。しかし単行本が発売になってから見るという利用者にとっては、購入に先立って無料漫画で内容をリサーチできるというのは、本当に役立ちます。
現在連載中の漫画はかなりの冊数を買わないといけないので、とりあえず無料漫画で中身を覗いてみるという人が多いです。やっぱり立ち読みせず書籍を購入するのは敷居が高いということなのでしょう。
電車に乗っている間などの空き時間を有効に使って、軽く無料漫画を見てタイプの本を探し当てておけば、土曜日や日曜日などの時間が取れるときに手に入れて続きを思いっきり読むこともできるのです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


趣味が漫画集めなのを秘密裏にしておきたいと言う人が、今の時代増えているようです。部屋の中に漫画を持ち込みたくないという事情を抱えていたとしても、漫画サイト越しであれば人に隠した状態で漫画を読み続けられます。
サービス内容については、会社によってまちまちです。それ故、電子書籍をどこで購入するかというのは、当然比較したほうが良いと言えるでしょう。あっさりと決めてしまうと後悔します。
読み放題というシステムは、電子書籍業界においてはそれこそ革命的とも言える挑戦なのです。読む方にとっても出版社や作家さんにとってもプラスの面が多いということで、早くも大人気です。
ここへ来てスマホを利用してエンジョイできる趣味も、どんどん多様化が進んでいるようです。無料アニメ動画に加えて、無料電子書籍やスマホで遊ぶゲームなど、多数のサービスの中からセレクトできます。
コミックサイトも少なくないので、比較検討して使い勝手の良さそうなものを見定めることが大事になってきます。それを実現する為にも、差し当たりそれぞれのサイトのセールスポイントを知覚することから始めましょう。




ページの先頭へ