「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方ブックライブ無料試し読み&購入


あなたが映画の「魔法」を信じたいなら、この本を読まないことをお勧めする。上級テクニックを紹介することによって、銀幕の魔法を解体してしまう。手品を見て感激したあとで種明かしをされるようなものだ。 (本文抜粋より)私たちが、映画や小説の世界にのめりこんで時も忘れて楽しめるときかかっている「魔法」、その正体とは、物語の始めから終わりまで心を揺さぶる「感情的インパクト」のこと。人は感情を動かされるために、映画のチケットを買い、数時間を費やすのです。本書の原題は「Writing for Emotional Impact」、つまり「感情的なインパクトを起こすための書き方」です。読者や観客の感情を掻き立て、心をつかんで離さないためのあらゆる設計を、あますところなく伝授します。脚本の基礎を身に着け、テクニックも駆使しているのに、なぜ自分のホンが採用されないのか。それは「魔法」がとけてしまう瞬間がどこかにあるからです。1ページ目から大事なのです。一瞬たりとも、一行たりとも気は抜けないのです。著者は数々の脚本家の卵たちを教えた経験から、物語がつまらないのではなく語り方が下手なのであり、求められているのは「読者に感情的な体験を提供することだけ」と解きます。本書では、名作の脚本を徹底的に解体し、語り方を分析しながら、キャラクター造形や構成など大枠はもちろん、場面(シーン)でのやり取り、一つ一つの台詞、単語ひとつに至るまで、細かく具体的な技巧を指南。二度と同じ目線で同じ作品・脚本を観られなくなるはずです。脚本の基礎は大事ですが、他の本で学んでください。基本から最高の1本までの長い道のりにおいて、もう一歩を抜け出したいときに、本書は必ず役立ちます。合わせて、同著者の『脚本を書くための101の習慣』もぜひご一読ください。
続きはコチラから・・・



「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方「公式」はコチラから



「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方


>>>「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


電子書籍も普通の本と同じように情報そのものが商品なので、つまらないと感じても返品することはできません。なので自分に合うかをチェックするためにも、無料漫画を読むことが大事になります。
徹底的に比較してからコミックサイトを決めているという人が多くなっているそうです。オンラインで漫画を楽しみたいと言うなら、色々なサイトの中から自分のニーズを満足してくれるサイトを選び出すことがポイントです。
あらかじめあらすじをチェックすることが可能であれば、読み終わってからつまらなかったと後悔することが少ないはずです。普通の書店で立ち読みをするのと同じように、BookLive「「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方」でも試し読みをすれば、どんな内容なのか確かめられます。
アニメに没頭するのは、リフレッシュに物凄く実効性があります。難しいテーマよりも、単純明快な無料アニメ動画が良いでしょう。
老眼になったために、目から近いところが見にくくて困っているという読書家の高齢者にとって、スマホ上で電子書籍を楽しめるようになったというのは画期的なのです。フォントの大きさを自分用に調節できるからです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


コミックは、書店で試し読みして購入するかどうかの結論を下す人が多いようです。でも、この頃は電子コミックのサイトで1巻を読んでみて、その本を買うか判断する人が多いのです。
電子コミックのサイト次第では、1巻丸々0円で試し読みできるというところも見られます。1巻を読破して、「エンジョイできたら、2巻以降の巻を購入してください」という宣伝方法です。
電子書籍も一般の本と同じで情報自体が商品なので、気に入らなくてもお金を返してもらうことはできません。それがあるので、楽しめるかをチェックするためにも、無料漫画を読む方が賢明です。
書店には置かれないであろう古いタイトルも、電子書籍なら見つかります。無料コミックのラインナップには、アラフォー世代が昔読んでいた漫画が含まれています。
毎月定額料金をまとめて払えば、様々な種類の書籍を上限なく閲覧できるという読み放題サービスが電子書籍で人気を博しています。その都度支払いをせずに済むのが一番のポイントです。




ページの先頭へ