「人を動かす」広告デザインの心理術33ブックライブ無料試し読み&購入


※この商品は固定レイアウト/カラーで作成されています。お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいたうえでのご購入をお願いいたします。※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。「メッセージを伝えるには何より技術力。本書は人のココロに触れる技法を網羅している」東京大学薬学部教授・池谷裕二氏推薦!私たちの日常生活のいたるところに存在する広告は、私たちにビジュアルメッセージを伝え、何かを感じたり、信じたり、行動したり、買ったり、自分を変えるよう説得しようとしています。人々の日々の決断に無意識のうちに影響を与える、こうした広告にひそむ「隠れた力」とはどのようなものでしょうか? 本書は、心理学的視点に基づいて広告を分析し、ビジュアルに秘められた、人の決断や行動、考え方に影響を与える33の手法について、豊富な実例図版を用いて解説しています。広告業界関係者はもちろん、一般消費者にもわかりやすい言葉で綴られた1冊です。
続きはコチラから・・・



「人を動かす」広告デザインの心理術33無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


「人を動かす」広告デザインの心理術33「公式」はコチラから



「人を動かす」広告デザインの心理術33


>>>「人を動かす」広告デザインの心理術33の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


「人を動かす」広告デザインの心理術33、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
「人を動かす」広告デザインの心理術33を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で「人を動かす」広告デザインの心理術33を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で「人を動かす」広告デザインの心理術33の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で「人を動かす」広告デザインの心理術33が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、「人を動かす」広告デザインの心理術33以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


月極の利用料を支払ってしまえば、多岐にわたる書籍を思う存分閲覧することができるという読み放題プランが電子書籍で一般化してきています。毎回毎回購入しなくて良いのが最大の特長です。
子供の頃から目に見える本というものを購入していたといった人も、電子書籍を試してみた途端、便利さに感動するということがほとんどです。コミックサイトも1つや2つではありませんから、きっちりと比較してからチョイスすることが不可欠です。
BookLive「「人を動かす」広告デザインの心理術33」の販促方法として、試し読みができるというサービスは画期的なアイデアではないかと思います。時間を忘れて書籍の内容を閲覧することができるので、空いている時間を活用して漫画を選択できます。
書店では見つけられないようなずいぶん前のタイトルも、電子書籍なら見つかります。無料コミックのラインナップ中には、シニア世代が若い頃に読みまくった本もあったりします。
老眼の為に、近くの物が見えにくい状態になったという本が好きな高齢読書家には、スマホで電子書籍を閲覧することができるようになったというのは意義深いことなのです。文字サイズを読みやすいように調節できるからです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


漫画を入手する際には、電子コミックを活用して簡単に試し読みしる方が良いでしょう。大体の内容や人物などの見た目などを、事前に確認できます。
店頭には置いていないような出版数が少ないタイトルも、電子書籍なら購入できます。無料コミックのラインナップ中には、中高年世代が若かりし頃に何度も読んだ漫画もあったりします。
漫画や書籍を買い求めると、そのうち収納場所に困るという問題が生じます。だけども電子コミックなら、保管に苦労することがないので、余計な心配をすることなく楽しむことが可能なのです。
漫画や雑誌は、お店で触りだけ読んで買うか否かを決める人が多くいます。ただし、最近では電子コミックを介して1巻を購入し、その本を購入するか決める人が増えているとのことです。
どこでも無料漫画が楽しめるということで、ユーザー数が増すのは少し考えればわかることです。店頭とは違い、人の目を気にすることなく立ち読みすることが可能なのは、電子書籍だからこその良い所なのです。




ページの先頭へ