さよなら、インタフェース 脱「画面」の思考法ブックライブ無料試し読み&購入


※この商品は固定レイアウトで作成されています。お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいたうえでのご購入をお願いいたします。※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。時代はNoUI(ノー・ユーアイ)ヘ。目的を達成するための手段であるはずなのに、いつのまにか、手段を設計することが目的になってはいないか?何にでもとりあえず画面をくっつけて、その長方形の中をどう設計するかということにばかり考えを巡らせて、本当に人のためになるシステムを創るということが疎かになってはいないか?本書では、「ベストなインタフェースはノー・インタフェース」をコンセプトに、余計な操作を強いる「画面」をこの際とっぱらって、人々の暮らしに自然と溶け込む製品やサービスを創り出そうじゃないかと主張しています。IoT時代におけるテクノロジーの未来についての新たな視点と、画面に頼らず、「いつもの手順」でシンプルに問題を解決するためのアイディアを軽妙な語り口でたっぷりと盛り込んだ、UI・UXに関わる人が今読むべき1冊です!ーーーNoUIを実現するためのルールその1:画面なんかに頼らず、解決したい問題につきものの「いつもの手順」をしっかり理解しようその2:テクノロジーを活用し、ぼくらをこき使うシステムじゃなく、ぼくらに使いこなされるシステムを創り出そうその3:ひとりひとりに合わせる
続きはコチラから・・・



さよなら、インタフェース 脱「画面」の思考法無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


さよなら、インタフェース 脱「画面」の思考法「公式」はコチラから



さよなら、インタフェース 脱「画面」の思考法


>>>さよなら、インタフェース 脱「画面」の思考法の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


さよなら、インタフェース 脱「画面」の思考法、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
さよなら、インタフェース 脱「画面」の思考法を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でさよなら、インタフェース 脱「画面」の思考法を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でさよなら、インタフェース 脱「画面」の思考法の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でさよなら、インタフェース 脱「画面」の思考法が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、さよなら、インタフェース 脱「画面」の思考法以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


無料電子書籍を閲覧することにすれば、何もする予定がなくて時間のみが経過していくなんてことがなくなるでしょう。ランチ休憩や通学の電車の中などにおきましても、そこそこ楽しむことができるはずです。
物を溜め込まないという考え方が様々な人に賛同されるようになった近年、漫画本も単行本という形で携帯せず、BookLive「さよなら、インタフェース 脱「画面」の思考法」を経由して楽しんでいる人が多くなったと聞いています。
今日ではスマホを通して楽しむことができる趣味も、一層多様化が顕著になっていると言えます。無料アニメ動画に加えて、無料電子書籍やスマホで楽しめるゲームなど、複数のコンテンツの中からチョイスできます。
移動している間などの空き時間に、無料漫画をさらっと見て自分に合いそうな本を絞り込んでおけば、土日などの時間が取れるときに買って続きを満足するまで読むことが簡単にできます。
本屋では、展示場所の関係で扱える漫画の数が制限されますが、BookLive「さよなら、インタフェース 脱「画面」の思考法」のような仮想書店ではそういう問題が起こらないので、マイナーな書籍も扱えるのです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


カバンの類を持ち歩かないという男の人達にとって、スマホで無料電子書籍を閲覧することができるというのはとても便利なことです。分かりやすく言うと、ポケットに保管して本や漫画を携帯できるというわけです。
漫画サイトを使えば、部屋の一角に本棚を置く必要はゼロになります。加えて、新刊を買うために本屋さんに出かける手間を省くこともできます。こうしたメリットから、利用者数が増え続けているのです。
「この棚に並んでいる全部の漫画が読み放題であったら、こんなに凄いことはない」という利用者の発想に応える形で、「毎月固定の金額を払えば毎回の支払いはいらない」というスタイルの電子書籍が考えられたわけです。
電子書籍と言う存在は、知らない間に買いすぎているということが十分あり得るのです。しかし読み放題であれば月額料金が増えることはないので、読み過ぎたとしても料金が跳ね上がることはありません。
多くの書店では、本棚に並べる漫画の立ち読みを阻止するために、ビニールをかけるのが通例です。電子コミックならば試し読みできますので、あらすじを精査してから買うか判断できます。




ページの先頭へ