slide:ology[スライドロジー] プレゼンテーション・ビジュアルの革新ブックライブ無料試し読み&購入


※この商品は固定レイアウト/カラーで作成されています。お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいたうえでのご購入をお願いいたします。※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。TEDだけがプレゼンじゃない!!毎日のプレゼンに変革をもたらす、スライド資料作成のためのデザインメソッド。どんな職業であれ、どんな立場であれ、誰でも一度は重要なプレゼンテーションを行った経験があるはずです。社内稟議、企画会議、クライアント提案、顧客アピール……むしろビジネスは、日々プレゼンテーションの積み重ねであり、そのスキルがキャリアに直結しているとも言えるでしょう。プレゼンソフトは、ビジネスマンにとってビジュアル思考を要求される数少ないツールです。しかし、言語能力とは違い、ビジュアル表現能力を発揮するのはけっして簡単ではありません。それなのに、こうしたスキルは、学校や研修ではあまり教えられていないのもまた現実です。こうした「隙間」を埋めてくれるのが本書です。本書の著者ナンシー・デュアルテは、アカデミー賞に輝いたアル・ゴアの『不都合な真実』のプレゼンを制作したことでも知られるデュアルテ社のCEOであり、世界有数のトップ企業のプレゼン制作を数多く制作しています。彼女のこれまでの経験から、「コンセプト思考」と「印象的なデザイン」の融合を図り、効果的なビジュアルストーリーを作成するための、手軽で実践的なアドバイスをあますところなく公開しています。本書を読めば、以下のことが可能になります。●聴衆と心のつながりを築く●アイデアをビジュアルに変換する●図表作成のテクニックを身につける●一目で伝わるグラフィックを作成する●真に影響力のあるプレゼンを作り出す●プレゼンツールを有効活用するこれまでに何百万回ものプレゼンが行われ、何十億枚ものスライドが生み出されてきました。しかし、その大半は、箇条書きに頼ったお粗末なものです。これからの時代にこそ必要なビジネススキルである「ビジュアル思考」を身につけ、心を響かせ、人を動かすプレゼンテーションを実現しましょう。
続きはコチラから・・・



slide:ology[スライドロジー] プレゼンテーション・ビジュアルの革新無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


slide:ology[スライドロジー] プレゼンテーション・ビジュアルの革新「公式」はコチラから



slide:ology[スライドロジー] プレゼンテーション・ビジュアルの革新


>>>slide:ology[スライドロジー] プレゼンテーション・ビジュアルの革新の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


slide:ology[スライドロジー] プレゼンテーション・ビジュアルの革新、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
slide:ology[スライドロジー] プレゼンテーション・ビジュアルの革新を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でslide:ology[スライドロジー] プレゼンテーション・ビジュアルの革新を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でslide:ology[スライドロジー] プレゼンテーション・ビジュアルの革新の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でslide:ology[スライドロジー] プレゼンテーション・ビジュアルの革新が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、slide:ology[スライドロジー] プレゼンテーション・ビジュアルの革新以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


本離れがよく言われる中、電子書籍は新たな仕組みを導入することにより、新規顧客を増やしているのです前代未聞の読み放題というシステムがそれを実現させたのです。
購入後に「自分が思っていたよりも全く面白くない内容だった」というケースであっても、一度開封してしまった本は返品が認められません。だけれど電子書籍なら試し読みが可能なので、このような失敗をなくすことができるというわけです。
電車移動をしている時などのわずかな時間に、軽く無料漫画を見てタイプの本を探し出してさえおけば、後々時間に余裕がある時に買い求めて続きをエンジョイすることもできるのです。
サービスの内容は、提供会社によって変わります。因って、電子書籍をどこで買い求めることにするのかは、比較して考えるべきだと思います。熟考せずに決定してはダメです。
マンガの購読者数は、残念ながら縮減している状態なのです。古くからの販売戦略に固執せず、直接的には利益にならない無料漫画などを提示することで、新規ユーザーの獲得を企てています。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


アニメに熱中するのは、毎日のうっぷんを晴らすのに物凄く効果があると言えるでしょう。難しいストーリーよりも、無邪気で明るい雰囲気の無料アニメ動画などの方が有効だと言えます。
Web上の通販ショップでは、基本は表紙とタイトル、ざっくりとしたあらすじしか把握できません。それに比べ電子コミックだったら、かなりの部分を試し読みで確かめることが可能です。
面白いか面白くないか迷うような漫画があれば、電子コミックのサイトでお金のかからない試し読みを有効活用するべきではないでしょうか?チョイ読みして魅力を感じなければ、買わなければ良いという話です。
利用者数がどんどん増加し続けているのがコミックサイトです。少し前までは漫画は単行本で買うという人が圧倒的多数でしたが、電子書籍という形で買って堪能するという人が主流派になりつつあります。
「家の中に置けない」、「読んでいるんだということを秘匿しておきたい」という感じの漫画でも、漫画サイトを役立てれば誰にも知られずに読むことができるのです。




ページの先頭へ