私とキャッチ・ボールをしてくださいブックライブ無料試し読み&購入


男のこでなくておあいにくさまさりげない遭遇の冒頭から女と男、二人の高校生がするすると川原でキャッチ・ボールをする場面にたどりついてしまう。気持ちと気持ちの交換を比喩で表現する際に人は「キャッチ・ボール」という言葉をしばしば使うがここにあるのは本物のキャッチ・ボールでありボールを投げることと受けること、その人が投げるボールに対するさわやかな驚きこそが主役である。二人には、両親の離婚、という共通点があり、そしてそれぞれの片親(男子の母、女子の父)もまたキャッチ・ボールの場面に現れるのがユニークだ。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続きはコチラから・・・



私とキャッチ・ボールをしてください無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


私とキャッチ・ボールをしてください「公式」はコチラから



私とキャッチ・ボールをしてください


>>>私とキャッチ・ボールをしてくださいの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


私とキャッチ・ボールをしてください、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
私とキャッチ・ボールをしてくださいを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で私とキャッチ・ボールをしてくださいを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で私とキャッチ・ボールをしてくださいの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で私とキャッチ・ボールをしてくださいが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、私とキャッチ・ボールをしてください以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


移動している間も漫画を読んでいたいと思っている方にとって、BookLive「私とキャッチ・ボールをしてください」ぐらいありがたいものはないのではと思います。スマホ1つを持ち歩くだけで、簡単に漫画に夢中になれます。
スマホを所有していれば、気楽に漫画の虫になることができるのが、コミックサイトの便利なところです。1冊毎に購入するスタイルのサイトや1カ月毎の固定料金制のサイトなどがあります。
無料コミックでしたら、購入しようか悩んでいる漫画の数ページ~1巻を試し読みすることが可能です。購入する前に内容を一定程度把握できるので、非常に人気を博しています。
スマホやパソコンに漫画を丸々入れることにすれば、本棚が空いているかどうかについて気を揉む必要が一切ありません。一回無料コミックから楽しんでみると良さが理解できるでしょう。
「アニメについては、テレビで放映されているものを見ているだけ」というのは少し古い話だと思います。どうしてかと言えば、無料アニメ動画などをインターネット上で楽しむというパターンが増加傾向にあるからです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


漫画が趣味であることを内緒にしておきたいと言う人が、今の時代増えていると言われています。家に漫画を置きたくないとおっしゃる方でも、漫画サイトを利用することで誰にも知られることなく漫画がエンジョイできます。
移動中だからこそ漫画を楽しんでいたいと望む人にとって、漫画サイトほど便利なものはありません。スマホをたった一つ携帯するだけで、余裕で漫画を満喫できます。
電子コミックは手軽に持ち運べるスマホやiPadで見る方が多いです。最初だけ試し読みができるので、それによりその漫画を読むかを決断する人も多くいるようです。
書籍代は、1冊ずつの代金で見ればそれほど高くはないですが、いっぱい購入すれば、月々の購入代金は高くなってしまいます。読み放題プランなら固定料金なので、書籍代を抑えることが可能です。
仕事に追われていてアニメを見ることが出来ないという方にとっては、無料アニメ動画がおすすめです。テレビ放映のように、決まった時間に見ることは要されませんので、空き時間を活用して視聴可能です。




ページの先頭へ