市場ベースの経営 ――価値創造企業コーク・インダストリーズの真実ブックライブ無料試し読み&購入


 1961年、チャールズ・コークはウィチタにある父の経営する会社に入社した。当時の企業価値は2100万ドルだった。それから6年後、彼は会長兼CEO(最高経営責任者)に任命された。現在、コーク・インダストリーズの企業価値は1000億ドルで、世界最大級の非上場企業へと成長した。50年にわたるコーク・インダストリーズの成長率はS&P500の27倍を超え、現在も6年ごとに価値を倍増しようと計画している。 一体、この会社は何をして稼いでいる会社なのだろうか。なぜこんなに利益が出ているのだろうか。コーク・インダストリーズの名前は、汚れがつきにくいカーペットや、ストレッチのデニムジーンズや、スマートフォンのコネクターや、超吸収力の高い赤ん坊用おむつの説明書には載っていないかもしれないが、彼らはこれらのすべてを作っている。こうした画期的商品をこの世に送り出したのが、コーク・インダストリーズの市場ベースの経営(MBM。Market-Based Management)システムである。 コーク・インダストリーズはMBMを世界中の事業で実践し、50年にわたって多くの分野で研究を行い、発見をしてきた。MBMが目指すものは「良い利益(Good Profit)」を生むことである。「良い利益」とは、顧客がお金を出しても使いたいと思う商品やサービスや、人々の生活を豊かにする商品やサービスから生まれるものだ。「良い利益」とは、社員が顧客の好みを気づくように社員一人ひとりが経営者の立場で行動する権限を与えられた文化から生まれ、また顧客を満足させる最高の方法から生まれるものだ。「良い利益」とは、長期的価値が顧客や社員や株主や社会のために創造されるとき、初めて生みだされるものなのである。 本書では、およそ60年間にわたるビジネスを通じて、これまで語られることのなかった真実のストーリーをひも解きながら、コークのMBMの5つの要素を紹介していく。どのような規模の企業・業界・組織においても、より多くの良い利益を生みだすために、MBMのフレームワークをどう適用すればよいのかを示していく。 MBMの5つの要素とは、以下のとおり。1.ビジョン 創業してもすぐにつぶれる会社が増えているなか、生き残り、繁栄していくためにはどうすればよいのか2.美徳と才能 美徳と才能を持った社員を雇い、彼らを雇用し続ける3.知識プロセス 知識を共有する環境を構築し、価値あるチャレンジを行った社員に対しては階級や役職にかかわらず報償を与える4.意思決定権 肩書ではなく、貢献度に応じて社員に意思決定権を与える5.インセンティブ 社員が会社に対して生みだす価値に応じて報償を与えるというシステムを構築し、従業員の貢献度を最大化する 本書は、リーダー、起業家、学生にとって、あるいはよりフェアで豊かな市民社会を作りたいと思っている人々にとっての必読の書である。史上最高の経営書の1冊であることに間違いなしだ。
続きはコチラから・・・



市場ベースの経営 ――価値創造企業コーク・インダストリーズの真実無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


市場ベースの経営 ――価値創造企業コーク・インダストリーズの真実「公式」はコチラから



市場ベースの経営 ――価値創造企業コーク・インダストリーズの真実


>>>市場ベースの経営 ――価値創造企業コーク・インダストリーズの真実の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


市場ベースの経営 ――価値創造企業コーク・インダストリーズの真実、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
市場ベースの経営 ――価値創造企業コーク・インダストリーズの真実を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で市場ベースの経営 ――価値創造企業コーク・インダストリーズの真実を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で市場ベースの経営 ――価値創造企業コーク・インダストリーズの真実の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で市場ベースの経営 ――価値創造企業コーク・インダストリーズの真実が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、市場ベースの経営 ――価値創造企業コーク・インダストリーズの真実以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


購入について判断しづらい漫画があれば、BookLive「市場ベースの経営 ――価値創造企業コーク・インダストリーズの真実」のサイトで0円の試し読みをしてみる方が良いと言えます。触りだけ読んで今一つと思ったら、決済しなければ良いだけの話です。
電子書籍ビジネスには沢山の会社が参入してきていますから、ちゃんと比較してから「どの電子書籍をセレクトするのか?」を決めるようにしてください。本の取扱量や価格、サービス、使い勝手などを比べることが不可欠です。
電子書籍については、いつの間にやら料金が高くなっているということがあるようです。ですが読み放題というものは1ヶ月の利用料金が決まっているので、読み過ぎても支払金額が高くなることはありません。
テレビで放映中のものを毎回リアルタイムで見るのは面倒臭いという人でも、無料アニメ動画として見られるものなら、それぞれの好き勝手な時間に視聴することができます。
いつでも無料漫画が読めるという理由で、ユーザー数が増すのは当然です。本屋とは違って、他人の目を憚ることなく立ち読みすることができるというのは、電子書籍だからこその良い所だと言っていいでしょう。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


“無料コミック”を上手く活用すれば、買おうかどうか検討中の漫画の数ページ~1巻を試し読みすることが可能です。購入する前にストーリーを大雑把に確認できるため、ユーザーからの評価も高いです。
子供だけではなく大人も無料アニメ動画を見ているようです。暇な時間とか電車やバスで移動中の時間などに、手軽にスマホで見ることが可能だというのは嬉しいですね。
利用料のかからない無料漫画を閲覧できるようにすることで、集客数を引き上げ収益増加へと結びつけるのが電子書籍サイトの目的ですが、もちろん利用者も試し読みできるので、購入の判断がしやすくなります。
スマホを通して電子書籍を入手すれば、電車やバスでの移動の間や休憩時間など、場所を選ばずに読むことが可能なのです。立ち読みもできるようになっていますから、本屋まで出かけるまでもないのです。
きちんと比較してから、利用するコミックサイトを選定する人が多くなっています。電子書籍で漫画を堪能してみたいのなら、あまたあるサイトの中より自分のニーズに合致したサイトを選抜することがポイントです。




ページの先頭へ