権力に翻弄されないための48の法則 下ブックライブ無料試し読み&購入


間接的に行動する技術の手引書パワーには「社会的に弱い立場の者が自らの政治的・経済的な権利と力を得ようとする運動やスローガン」の意味がある。このパワーをめぐる一連のかけひきを、パワー・ゲームと呼ぼう。パワー・ゲームには多くの思惑と矛盾が存在する。ランダムに見えるかもしれないが、ゲームを制するための48の法則が存在する。法則は、パワー・ゲームを習得した男女の言葉をもとにして成り立っている。時代にして3000年以上、古代中国からルネサンス期のイタリアまで、幅広い範囲からひろった言葉だ。そこには共通する一つのテーマがあり、いまだ明確には表現されていないパワーの本質を、多少なりとも言い当てているのだ。本書は、歴史上のとくに傑出した戦略家(孫子、クラウゼヴィッツ)、政治家(ビスマルク、タレーラン)、外交官(マキャベリ)廷臣(カスティリョーネ、グラシアン)、色事師(ニノン・ド・ランクロ、カザノヴァ)、詐欺師(「イエロー・キッド」ことジョゼフ・ウェイル)などから、含蓄のある言葉を集め、そのエッセンスを蒸留してできたものである。この法則には、明快な前提がある。法則にしたがった行動はほぼ間違いなしに本人のパワーを強めるが、法則にそむいた行動はパワーを弱め、最悪の場合は身を滅ぼすもととなるということである。違反と遵守の結果は、数々の歴史上の事例が証明している。この法則は、時代を超えた普遍的なものなのである。上巻には1~26、下巻には27~48の法則を収めた。一通り目を通せば、パワーの全体像が分かるだろう。興味のある法則だけを読み込むことも可能だ。あちこちを拾い読みして、パワーを手にした先人たちの弱点や偉業を楽しみながら見ていけるだろう。
続きはコチラから・・・



権力に翻弄されないための48の法則 下無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


権力に翻弄されないための48の法則 下「公式」はコチラから



権力に翻弄されないための48の法則 下


>>>権力に翻弄されないための48の法則 下の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


権力に翻弄されないための48の法則 下、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
権力に翻弄されないための48の法則 下を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で権力に翻弄されないための48の法則 下を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で権力に翻弄されないための48の法則 下の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で権力に翻弄されないための48の法則 下が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、権力に翻弄されないための48の法則 下以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


「部屋の中に保管したくない」、「読者であることを悟られたくない」と思う漫画でも、BookLive「権力に翻弄されないための48の法則 下」を活用すれば近くにいる人に知られることなく見ることができます。
無料電子書籍を利用すれば、時間をとって店頭まで足を運んで内容を確認する必要性がなくなります。そういったことをせずとも、無料の「試し読み」をすれば内容の把握ができるからです。
「全部の漫画が読み放題であったら、これほど素晴らしいことはない」というユーザーのニーズからヒントを得て、「月に決まった額を払えば個別料金は発生しない」というプランの電子書籍が登場したわけです。
「漫画の数があり過ぎて置き場所にも困るから、買いたくても買えない」という事が起こらずに済むのが、BookLive「権力に翻弄されないための48の法則 下」のメリットです。たくさん買ってしまっても、本棚のことを考慮しなくてOKです。
評価が高まっている無料コミックは、スマホなどで読むことができるのです。出先、昼休み、医療施設などでの待ち時間など、何もすることがない時間に簡単に読めるのです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


販売部数の伸び悩みが指摘される中、電子書籍は新たな仕組みを提案することによって、新規登録者を増加させつつあります。画期的な読み放題というプランがそれを実現させました。
電子コミックを楽しみたいなら、やっぱりスマホじゃないでしょうか?PCは持ち運ぶことができませんし、タブレットもバスとか電車内などで読みたいという場合にはちょっと不便だからです。
コミックサイトの一番の利点は、購入できる本の種類が本屋とは比較できないくらい多いということだと思います。売れずに返本扱いになるリスクが発生しない分、膨大なタイトルを取り扱えるのです。
電子書籍ビジネスにはいろんな会社が参入していますから、ちゃんと比較してから「どの電子書籍をセレクトするのか?」を決めるべきです。本の取扱量や価格、サービス内容などを確認することが不可欠です。
電子書籍は買いやすく、気付くと利用料が高くなっているということがあります。でも読み放題の場合は月額料が固定なので、ダウンロードし過ぎたとしても利用料金が高額になることはありません。




ページの先頭へ