権力に翻弄されないための48の法則 上ブックライブ無料試し読み&購入


間接的に行動する技術の手引書パワーには「社会的に弱い立場の者が自らの政治的・経済的な権利と力を得ようとする運動やスローガン」の意味がある。このパワーをめぐる一連のかけひきを、パワー・ゲームと呼ぼう。パワー・ゲームには多くの思惑と矛盾が存在する。ランダムに見えるかもしれないが、ゲームを制するための48の法則が存在する。法則は、パワー・ゲームを習得した男女の言葉をもとにして成り立っている。時代にして3000年以上、古代中国からルネサンス期のイタリアまで、幅広い範囲からひろった言葉だ。そこには共通する一つのテーマがあり、いまだ明確には表現されていないパワーの本質を、多少なりとも言い当てているのだ。本書は、歴史上のとくに傑出した戦略家(孫子、クラウゼヴィッツ)、政治家(ビスマルク、タレーラン)、外交官(マキャベリ)廷臣(カスティリョーネ、グラシアン)、色事師(ニノン・ド・ランクロ、カザノヴァ)、詐欺師(「イエロー・キッド」ことジョゼフ・ウェイル)などから、含蓄のある言葉を集め、そのエッセンスを蒸留してできたものである。この法則には、明快な前提がある。法則にしたがった行動はほぼ間違いなしに本人のパワーを強めるが、法則にそむいた行動はパワーを弱め、最悪の場合は身を滅ぼすもととなるということである。違反と遵守の結果は、数々の歴史上の事例が証明している。この法則は、時代を超えた普遍的なものなのである。上巻には1~26、下巻には27~48の法則を収めた。一通り目を通せば、パワーの全体像が分かるだろう。興味のある法則だけを読み込むことも可能だ。あちこちを拾い読みして、パワーを手にした先人たちの弱点や偉業を楽しみながら見ていけるだろう。
続きはコチラから・・・



権力に翻弄されないための48の法則 上無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


権力に翻弄されないための48の法則 上「公式」はコチラから



権力に翻弄されないための48の法則 上


>>>権力に翻弄されないための48の法則 上の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


権力に翻弄されないための48の法則 上、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
権力に翻弄されないための48の法則 上を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で権力に翻弄されないための48の法則 上を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で権力に翻弄されないための48の法則 上の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で権力に翻弄されないための48の法則 上が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、権力に翻弄されないための48の法則 上以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


読んだ方がよいか悩むような作品がありましたら、BookLive「権力に翻弄されないための48の法則 上」のサイトでお金のかからない試し読みを有効利用するのが賢い方法です。読んでみてつまらないようであれば、決済しなければ良いわけです。
コミックサイトも様々存在します。それらのサイトをきっちりと比較して、自分にぴったりのものをピックアップすることが必要です。そうすれば良いサイトを見つけることができるでしょう。
無料漫画というものは、店舗での立ち読み的なものだと言えるでしょう。面白いかどうかを大ざっぱに確かめた上で入手できるので、ユーザーも安心感が違います。
あえて電子書籍で購入するという人が確実に増加しています。持ち歩きする必要もありませんし、本を片付ける場所も気にしなくて良いというのが大きな理由です。更に言えば、無料コミックを活用すれば、試し読みもできます。
「連載の形で定期的に発刊されている漫画を読みたいんだ」と言われる方には必要ないでしょう。だけども単行本になるのを待ってから購入する人からすれば、購入に先立って無料漫画で概略をリサーチできるのは、購入判断の助けになるはずです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


利用している人の数が速いペースで増加しつつあるのが話題となっているコミックサイトです。これまでは単行本を買うという人が主流でしたが、手軽な電子書籍として買ってエンジョイするという方が増加しているのです。
「どこから書籍を購入することにするのか?」というのは、想像以上に重要な事です。料金とかサービス内容などが異なるのですから、電子書籍に関しましては比較して選ばないとならないのです。
「電子書籍には興味をそそられない」という愛読家の人もいるのは確かですが、1回でもスマホを用いて電子書籍を読んでみれば、その気楽さや決済のしやすさからハマってしまう人が大半だと聞いています。
電子コミックのユーザーを増やすための戦略として、試し読みができるというシステムは完璧なアイデアではないでしょうか。どんなときでもストーリーを閲覧できるので、空いている時間を使って漫画選びができます。
要らないものは捨てるというスタンスが数多くの人に賛同されるようになった今日この頃、本も例外でなく書物形態で持つことなく、漫画サイト越しに閲読する方が増えつつあります。




ページの先頭へ