部活で差がつく!勝つハンドボール 最強のコツ50ブックライブ無料試し読み&購入


全国大会優勝チームが実践する、必勝のポイントはこれだ!● 強豪校の練習メニュー!● 実践的な個人技が身につく!● 連係プレーのコツがわかる!● 団結力のあるチーム作り!◆◇◆ はじめに ◆◇◆ハンドボールは40m×20mのコートの内に、2チーム計14人の選手が向き合い、ボールを奪い合う激しいスポーツ。選手がジャンプをしてゴールを決める場合は、まさに「空中の格闘技」を連想するシーンで、シュートに対してのゴールキーパーの反応も見どころのひとつといえる。ハンドボールの本場であるヨーロッパでは、サッカーの人気に迫るほどで、各国にはプロリーグが存在する。日本とは環境の違いがあるとはいえ、それだけ魅力あるスポーツなのは言うまでもない。・・・中略・・・この本は、神奈川のハンドボール強豪校である法政二高の上達のノウハウやトレーニング法、練習に取り組む姿勢などを参考に構成している。初心者はもちろん、「ハンドボール部に入部してレギュラーになりたい」「もっとうまくなりたい」というポジィティブな気持ちで読み進めば、必ずや上達のヒントがみつかるはずだ。まず本書をみて着実にステップアップしていこう。できなかったことができる喜び、レギュラーになる喜び、試合に勝つ喜びを味わえるはずだ。そして、ハンドボールというスポーツを通じて、努力することの大切さ、チームメイトへの感謝の気持ちを忘れないプレーヤーに成長することを願って止まない。◆◇◆ この本の使い方 ◆◇◆この本では、ハンドボール部の活動をさらに充実させるためのコツを50紹介しています。部活の心得にはじまり、ハンドボール部の構成や適正ポジションの見極め、個人技術のレベルアップなど、強いチームづくりに必要な知識を順序立てて説明しています。最初から読み進めていくことが理想ですが、マスターしたい技術やチームとして取り組みたいテーマがあれば、そこだけをピックアップして習得することも可能です。各ページには、紹介しているテクニックや知識を身につけるためのポイントが3つあげられています。解説文とあわせてチェックして、みなさんの理解を深めるための助けにしてください。さらにこの本では、巻末にハンドボール部で活動していくうえでの疑問を解消するQ&Aを設けています。ぜひ参考にしてください。★タイトルこのページで紹介するコツやマスターするポイントなどが一目で分かるようになっている。★CHECK POINT!POINTをマスターするためのコツを3つ紹介している。意識しながら動作を行おう。★解説文 マスターするポイントに関する知識を解説している。じっくり読んで理解を深めよう。★ポイントタイトルとCHECK POINT!に連動して、コツをマスターするために写真を使ってわかりやすく解説する。★クエスチョン・NG技術ポイントの悪い例を提示したり、解説しているテクニックがどのような状況で使われるのか、実践を想定する。******目 次******★PART1パスをつないでゴールに向かう (全13項目)◎01 ポジティブな思想でハンドボールに取り組む◎02 パス
続きはコチラから・・・



部活で差がつく!勝つハンドボール 最強のコツ50無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


部活で差がつく!勝つハンドボール 最強のコツ50「公式」はコチラから



部活で差がつく!勝つハンドボール 最強のコツ50


>>>部活で差がつく!勝つハンドボール 最強のコツ50の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


部活で差がつく!勝つハンドボール 最強のコツ50、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
部活で差がつく!勝つハンドボール 最強のコツ50を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で部活で差がつく!勝つハンドボール 最強のコツ50を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で部活で差がつく!勝つハンドボール 最強のコツ50の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で部活で差がつく!勝つハンドボール 最強のコツ50が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、部活で差がつく!勝つハンドボール 最強のコツ50以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


BookLive「部活で差がつく!勝つハンドボール 最強のコツ50」を積極的に使えば、部屋の中に本を置くスペースを作る必要がなくなります。新しい本が出るタイミングで本屋に立ち寄る手間もかかりません。こうした背景から、ユーザー数が増加していると言われています。
「あれこれ比較せずに選択した」とおっしゃる方は、無料電子書籍はどこも変わらないという思いかもしれないのですが、サービスの充実度は会社によってまちまちですから、比較・検討してみることは必須だと思います。
映画化で話題の漫画も、無料コミックを利用することで試し読みが可能です。スマホ経由で読めちゃうので、家族には黙っていたいとか見られるとバツが悪い漫画もコソコソと満喫できます。
BookLive「部活で差がつく!勝つハンドボール 最強のコツ50」が大人世代に支持されているのは、若かったころに幾度となく読んだ漫画を、改めて容易くエンジョイできるからだと思われます。
買うより先に中身を確かめることが可能であれば、読み終わってから失敗したと思うような事が少なくなります。普通の書店で立ち読みするときのような感じで、BookLive「部活で差がつく!勝つハンドボール 最強のコツ50」でも試し読みを行なえば、漫画の中身を確かめられます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


電子コミックの販促戦略として、試し読みができるというサービスは斬新なアイデアだと思われます。どんなときでもあらすじを確認することができるので、休憩時間を使って漫画選定ができます。
利用者の人数が増加しているのが漫画サイトの現状です。スマホに漫画を表示させることが可能なので、バッグなどに入れて書籍を携帯することも不要で、手持ちの荷物の軽量化が図れます。
電子コミックはスマホやパソコン、タブレットタイプの端末で閲覧することができて、非常に重宝します。ほんの少しだけ試し読みができるので、それによりその漫画をDLするかを決断する人もたくさんいると聞きます。
「どこのサイト経由で本を買い求めるか?」というのは、それなりに重要な事です。料金とかシステム内容などにそれぞれ特徴があるので、電子書籍というものは比較して決めないとならないと思います。
スマホで読むことのできる電子書籍は、嬉しいことに文字の大きさを自分好みに調整することが可能となっていますから、老眼で近場が見えない高齢の方であっても苦労せずに読めるという特徴があります。




ページの先頭へ