猫の寄り合い お焼きの里・信州小川村の猫の話ブックライブ無料試し読み&購入


長野県の小川村には、多くの猫が住んでいる。この物語は、猫の目線で語られた村人と猫の話である。長野県の北部の小川村は、縄文時代から続く村里で古い伝承が残っている。若者が去った山奥の集落には、年老いた人々と猫が支えあって生きている。この本で語られる小物語は、村に伝わる天災や事件について、猫を語り部とした創話である。また、ムクという猫を飼っていた老女に猫の持つ不思議な癒しの能力について語らせている。そして、物語の舞台となった地名や神社仏閣は、実際に小川村に現存している。その意味で、この物語は、小川村の観光案内にもなっている。【目次】唄うムク灯灯無尽山伏と馬方道祖神になった猫空蝉の旅立ち猫の足印座敷童子チントンシャンの井戸沢の宮神社の狛猫小川村紀行丑三つ刻のお百度参りあとがき【著者】神谷真1943年長野県小川村に生まれる。東京都及び宮内庁を経て神奈川県に勤務。環境衛生課長、産業政策課長、政策調整室長、土木部(現県土局)次長、県立図書館長を歴任し平成15年3月退職。以後、郷土史の研究に没頭、著書に小川村の伝承に着目した『空蝉の旅立ち』や鎌倉権五郎の末裔という伝説を持つ鎌倉家の歴史を追及した『信州鎌倉家の歩み』などを書き上げる。昭和41年法政大学卒業。
続きはコチラから・・・



猫の寄り合い お焼きの里・信州小川村の猫の話無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


猫の寄り合い お焼きの里・信州小川村の猫の話「公式」はコチラから



猫の寄り合い お焼きの里・信州小川村の猫の話


>>>猫の寄り合い お焼きの里・信州小川村の猫の話の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


猫の寄り合い お焼きの里・信州小川村の猫の話、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
猫の寄り合い お焼きの里・信州小川村の猫の話を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で猫の寄り合い お焼きの里・信州小川村の猫の話を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で猫の寄り合い お焼きの里・信州小川村の猫の話の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で猫の寄り合い お焼きの里・信州小川村の猫の話が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、猫の寄り合い お焼きの里・信州小川村の猫の話以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


買う前に試し読みをしてマンガのあらすじをチェックしてから、納得して購入できるというのが、ウェブ漫画と呼ばれるサイトの良い点と言っても過言ではありません。支払いをする前にストーリーを把握できるので失敗することがほとんどないと言えます。
書店では見つけられないというような懐かしいタイトルも、電子書籍なら買えます。無料コミックの中には、40代以上の世代が幼い頃に楽しく読んでいた漫画が含まれていることもあります。
スマホを使って読む電子書籍は、有難いことに表示文字のサイズを調整することもできますから、老眼が進んでしまったアラフォー世代以降の方でもスラスラ読めるという特長があるのです。
BookLive「猫の寄り合い お焼きの里・信州小川村の猫の話」の営業戦略として、試し読みが可能という取り組みは斬新なアイデアだと思われます。どこにいても大体の内容を閲覧することができるので、少しの時間を有効に使用して漫画をチョイスできます。
漫画を買い揃えると、いずれ収納できなくなるという問題が生じます。ですがデータであるBookLive「猫の寄り合い お焼きの里・信州小川村の猫の話」なら、本棚の空きがないと悩む必要がないので、収納などを考えることなく楽しむことができるというわけです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


漫画を購入するつもりなら、電子コミックのサイトである程度試し読みをするべきです。ざっくりとしたあらすじや漫画のキャラクターのイラストなどを、DLする前に把握することができます。
定常的に頻繁に漫画を買うという人にとっては、月額固定料金を支払えば何冊でも読み放題で堪能できるというサービスシステムは、それこそ革新的だという印象でしょう。
コミックと言えば、「10代向けに作られたもの」だと考えているかもしれないですね。ところが最近の電子コミックには、30代~40代の方が「思い出深い」と言ってもらえるような作品も山のようにあります。
小学生だった頃に繰り返し楽しんだ昔懐かしい物語も、電子コミックとして購入することができます。店頭では置いていない漫画も取り揃えられているのが魅力だと言っても過言ではありません。
無料電子書籍を上手に利用するようにすれば、仕事などでアポキャンを喰らっても、手持無沙汰で仕方ないなんてことがなくなるでしょう。仕事の合間や電車での移動中などでも、存分に楽しめること請け合いです。




ページの先頭へ