一冊で差がつく!将棋 上達のコツ50 勝ち方がわかる本ブックライブ無料試し読み&購入


めざせ名人! 必ず知っておきたい基本と「対局で勝つ」ためのポイントをわかりやすく解説します。序盤(じょばん)定跡(じょうせき)と囲(かこ)いを覚えて強い陣地(じんち)をつくる。中盤(ちゅうばん)手筋(てすじ)と格言(かくげん)で駒(こま)の動かし方をマスター。終盤(しゅうばん)詰(つ)め将棋を通して確かな寄(よ)せが身につく。*****目次*****◎ 第1章将棋は礼に始まり、礼に終わる◎ 第2章将棋に勝つための「基本」を知ろう◆1 最初の一手は何か?◆2 飛車(ひしゃ)の位置、居飛車(いびしゃ)と振り飛車(ふりびしゃ)◆3 なぜ“王”を囲わないといけないのか?◆4 陣形(じんけい)のバランス◎ 第3章手筋と格言で将棋に強くなる手筋を覚えて棋力(きりょく)アップ◆1 桂(けい)、香(きょう)、金(きん)、銀(ぎん)、角(かく)、飛(ひ)の手筋◆2 歩(ふ)、玉(ぎょく)の手筋◆3 格言いろいろ第4章詰め将棋10題なぜ詰め将棋が棋力アップにつながるのか! ◆ ◇ ◆ はじめに ◆ ◇ ◆現在の将棋がほぼ完成したのは、織田信長(おだのぶなが)などが活躍していた戦国時代(1467年の応仁の乱から1573年に室町幕府が滅びる)という遠い昔の頃とされています。今から約500年前の人たちが、今と同じように将棋盤(しょうぎばん)という81のマス目の上に8種類40枚の駒を並べ、相手の玉(王)を取るための闘いをしていたのです。こんな長い間に渡って、人々に親しまれてきたというだけでも将棋というゲームの奥の深さがわかってもらえるでしょう。駒の動かし方などのルールさえ覚えれば、幼稚園に通う小さな子どもでも指すことができます。また、70年以上に渡り、将棋を趣味(しゅみ)にしている80歳、90歳という高齢者の方もいます。将棋は5歳の子どもと90歳の人が戦うことのできるゲームなのです。この歴史や世代の幅だけでも将棋には奥深さがあります。本書は、すでに将棋のルールを知っている子どもたちの、「さらに強くなるためには、どうしたらよいのだろうか」という気持ちにこたえられるよう制作しています。「なぜこの手を指すのか?」という「なぜ」を考えたり、手筋や定跡という実践(じっせん)に役立つことを「格言」などで紹介(しょうかい)しながら、説明(せつめい)しています。本書を手にしていただき、将棋のおもしろさにもっと気づき、より強くなってもらいたいと願っています。監修 九段 屋敷 伸之(やしき のぶゆき)※ 本書は2009年発行の「めざせ名人!将棋で勝つための本」を元に加筆・修正しています。
続きはコチラから・・・



一冊で差がつく!将棋 上達のコツ50 勝ち方がわかる本無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


一冊で差がつく!将棋 上達のコツ50 勝ち方がわかる本「公式」はコチラから



一冊で差がつく!将棋 上達のコツ50 勝ち方がわかる本


>>>一冊で差がつく!将棋 上達のコツ50 勝ち方がわかる本の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


一冊で差がつく!将棋 上達のコツ50 勝ち方がわかる本、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
一冊で差がつく!将棋 上達のコツ50 勝ち方がわかる本を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で一冊で差がつく!将棋 上達のコツ50 勝ち方がわかる本を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で一冊で差がつく!将棋 上達のコツ50 勝ち方がわかる本の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で一冊で差がつく!将棋 上達のコツ50 勝ち方がわかる本が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、一冊で差がつく!将棋 上達のコツ50 勝ち方がわかる本以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


お金にならない無料漫画を敢えて提案することで、利用する人を増やし収益増に結び付けるのが事業者サイドの目的というふうに考えられますが、もちろんユーザーも試し読みができるので、中身をある程度見極められます。
「詳細に比較せずに選定した」というような方は、無料電子書籍はどれもほぼ同じという認識をお持ちなのかもしれないですが、サービスの細かな点については各社それぞれですので、しっかりと比較することは肝要だと言えます。
無料漫画というのは、書店での立ち読みと一緒だと言って間違いありません。どんな内容かを一定程度認識した上で買えるので、ユーザーも安心感が違います。
「詳細を理解してからでないと買えない」と言われる人からすると、無料漫画というのは短所のないサービスに違いありません。運営側からしましても、新規利用者獲得に繋がるはずです。
頻繁にコミックを読むなら、コミックサイトがおすすめです。買うのも超簡単ですし、最新巻を買い求めたいということで、いちいちショップに出かけて行って予約を入れる必要もありません。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


CDを聞いてから買うように、コミックも試し読みで確認してから買い求めるのが当たり前のようになってきたという印象です。無料コミックを利用して、気になっている漫画をサーチしてみてはどうですか?
「電車の乗車中に漫画本を広げるなんて考えられない」、そんな人でもスマホに丸ごと漫画を保存すれば、他人の視線を気にすることなど全く不要だと言えます。ずばり、これが漫画サイトの人気の秘密です。
毎月よく漫画を購入するという人からしますと、月額利用料を納めることで何冊であろうとも読み放題で閲覧することができるというサービスシステムは、まさしく先進的と言って間違いないでしょう。
本屋ではどんな内容か確認するのですら憚れるような漫画であったとしても、無料漫画コンテンツのある電子書籍でしたら、好みかどうかを確かめた上で判断することが可能なわけです。
現在連載中の漫画は複数冊をまとめて購入しなければならないため、ひとまず無料漫画で少しだけ読んでみるという人が少なくありません。やっぱりその場ですぐに買うかどうかを決めるのは難しいことだと言えます。




ページの先頭へ