もっと撮りたくなる 写真のアイデア帳ブックライブ無料試し読み&購入


【こう撮りたい、ああ伝えたい、を実現させるための表現アイデア大全】カメラの性能がよくなり、誰でも美しい写真を簡単に撮ることができるようになった今、写真とどう向き合っていくかは大きなテーマです。写真は被写体を写し撮るだけでなく、撮る人の思いを正確に映し出します。心から伝えたいものがない写真は人を感動させないのです。なぜなら技術がいくら進歩して、テクニックが上達していたとしても、写真の個性を引き出すのは自分なのですから。本書は、カメラの機能や撮影テクニック、露出や焦点距離、ホワイトバランスやシャッタースピードなど、ひととおりの写真の基礎はマスターした人を対象に、自分らしい写真とは何か、そして心に響く写真とは何か、そして良い写真とは何か、という大きなテーマに向き合います。さらには、感じたままの風景や被写体を思い通りに撮るために必要なさまざまな表現手法やテーマ、そしてテクニックを実践的に解説していきます。各項目では、その写真を撮るための視点=目の付けどころ、表現手法のバリエーション、写真という画に表現するためのデザイン的な考え方、そして技術的なテクニックを解説しました。また、さらに一歩上のテクニックや、考え方に役立つコラム、そして機材や撮影に役立つ豆知識など、心に響く写真を思い通りに撮るためにちょっと役立つ情報をいっぱいにつめこんだ、写真がもっと好きになる一冊です。〈本書の内容〉■Chapter1 自分らしい写真って何だろう?心に響く写真を撮るために/自由に発想し、自由に撮る/写真が上達するということ/人に写真を見せること/撮りたいものが見つからないあなたへ■Chapter2 写真をデザインするための20ケース色を見て色を撮る/やわらかさを探す/空気感を撮る/しっとりと表現する/退廃的な雰囲気で撮る/哀愁のある風景を探す/光そのものをとらえる ...ほか■Chapter3 視点を広げるための6ケース海と波と空/花と季節/子どもと公園/都市と造形/猫と街/夜景と色彩 ■Chapter4ストーリーのある写真を撮るための3ケースポートレートを撮る/家族を撮る/旅を撮る
続きはコチラから・・・



もっと撮りたくなる 写真のアイデア帳無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


もっと撮りたくなる 写真のアイデア帳「公式」はコチラから



もっと撮りたくなる 写真のアイデア帳


>>>もっと撮りたくなる 写真のアイデア帳の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


もっと撮りたくなる 写真のアイデア帳、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
もっと撮りたくなる 写真のアイデア帳を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でもっと撮りたくなる 写真のアイデア帳を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でもっと撮りたくなる 写真のアイデア帳の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でもっと撮りたくなる 写真のアイデア帳が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、もっと撮りたくなる 写真のアイデア帳以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


多種多様の本を手当たり次第に読むという読書マニアにとって、何冊も買い求めるのは家計にもダメージを与えてしまうと言って間違いないでしょう。けれど読み放題ならば、1冊当たりの単価を抑制することができます。
現在連載中の漫画は何十巻と購入しないといけませんので、先に無料漫画で読んでチェックするという人が増えています。やっぱり何も情報がない状態で買うかどうかを決めるのはかなり難儀だということです。
店頭では本棚に並べる漫画を立ち読みされないようにするために、ヒモで結ぶことが多いです。BookLive「もっと撮りたくなる 写真のアイデア帳」を有効利用すれば試し読みが可能となっているので、あらすじを把握してから買うか判断できます。
移動中などのわずかな時間を使って、無料漫画を試し読みして読みたいと思う本を見つけ出しておけば、日曜日などの時間が空いたときにダウンロードして続きを満喫することができるわけです。
BookLive「もっと撮りたくなる 写真のアイデア帳」を楽しみたいなら、スマホが一番です。PCは重くて持ち運ぶなんてことはできませんし、タブレットも電車など混み合った中で閲覧したというような場合には不向きだと考えることができます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


電子書籍の注目度は、ここ1~2年特に高くなっています。そんな中で、利用者が増加しつつあるのが読み放題というサービスだと聞きました。支払い代金を心配することが不要だというのが最大のメリットです。
マンガの売上は、ここ数年縮減しているというのが実際のところです。既存の販売戦略にこだわらず、誰でも読める無料漫画などを前面に打ち出すことで、新たなユーザーの獲得を狙っているのです。
漫画が趣味であることを知られたくないと言う人が、昨今増えているようです。家に漫画を持ち込みたくないような方でも、漫画サイト経由なら誰にも悟られずに漫画に没頭できます。
「電子書籍には興味がない」という方も多々ありますが、一度でもスマホを使って電子書籍を閲覧すれば、その利便性や購入の簡単さから愛用者になる人が大半だそうです。
バッグなどを持たずに出かけたい男の人には、スマホで無料電子書籍に熱中できるというのは凄いことです。荷物を増やさずに、ポケット内に入れて本を持ち歩くことができるわけなのです。




ページの先頭へ