Makeblock公式 mBotで楽しむ レッツ!ロボットプログラミングブックライブ無料試し読み&購入


本書は、Makeblock社の唯一の公式テキストであり、mBot(リモートコントロール可能なロボット)を使ったロボットプログラミングの基礎を身につける書籍です。2020年からプログラミング教育が必修化されるプログラミング学習のニーズにこたえる教材として制作しています。わかりやすく解説!mBotの組み立てからソフトウェア「mBlock」を使ったプログラミングまで学習します。小学生の読者を想定して、大きな文字で構成し、ルビを入れ、語りかけ調の親しみやすい文体となっています。楽しみながら論理的思考・創造性・問題解決能力を養成!さまざまな操作をプログラミングをとおして学習します。実際にmBotをいろいろな形で動作させることで、楽しみながら自ら考えて学習し、論理的思考・創造性・問題解決能力を養うことができます。購入特典を用意!本書をご購入いただいた方には、購入特典として以下の3つをご利用いただけます。・解説動画:「mBotの組み立て」(約20分)「第1章 mBotを作ってみよう」を解説する動画をご視聴いただけます。・PDF:「フェイスデザインテンプレート」「付録」でご紹介しているmBotにお面として付けて利用できる「フェイスデザインテンプレート」(PDF)をダウンロードしていただけます。オリジナルのmBotにすることができます。・PDF:「メジャー・分度器」「付録」でご紹介しているmBotの動きを計測するときなどに便利な「メジャー・分度器」(PDF)をダウンロードしていただけます。
続きはコチラから・・・



Makeblock公式 mBotで楽しむ レッツ!ロボットプログラミング無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


Makeblock公式 mBotで楽しむ レッツ!ロボットプログラミング「公式」はコチラから



Makeblock公式 mBotで楽しむ レッツ!ロボットプログラミング


>>>Makeblock公式 mBotで楽しむ レッツ!ロボットプログラミングの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


Makeblock公式 mBotで楽しむ レッツ!ロボットプログラミング、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
Makeblock公式 mBotで楽しむ レッツ!ロボットプログラミングを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でMakeblock公式 mBotで楽しむ レッツ!ロボットプログラミングを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でMakeblock公式 mBotで楽しむ レッツ!ロボットプログラミングの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でMakeblock公式 mBotで楽しむ レッツ!ロボットプログラミングが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、Makeblock公式 mBotで楽しむ レッツ!ロボットプログラミング以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


スマホで見れる電子書籍は、嬉しいことに文字のサイズをカスタマイズすることもできますから、老眼で読みにくいご高齢の方でも苦労せずに読めるという特徴があるというわけです。
「全部の漫画が読み放題だったら、どれほど嬉しいだろう!」という漫画オタクの要望をベースに、「毎月固定の金額を払えば1回1回の支払いは不要」というプランの電子書籍が考えられたわけです。
電車を利用している間も漫画に没頭したいと願う人にとって、BookLive「Makeblock公式 mBotで楽しむ レッツ!ロボットプログラミング」ほど楽しいものはないと言っていいでしょう。1台のスマホを持っているだけで、気軽に漫画を購読できます。
漫画本などの書籍を購入しようと思ったときには、パラパラとストーリーをチェックした上で決断する人の方が圧倒的です。無料コミックなら、立ち読みするかのようにストーリーを確かめることができるのです。
サイドバックなどを持たずに出かけるという男の人にとって、スマホで無料電子書籍が楽しめるというのはとても便利なことです。荷物の量自体は変わらないというのに、ポケットの中に入れて本や漫画を持ち歩くことができるというわけです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


「どのサイトを通して本を購入するのか?」というのは、非常に大事な事です。価格やサービスの中身などが異なるのですから、電子書籍というのは比較して決定しないといけません。
スマホで見ることが可能な電子コミックは、どこかに行くときの荷物を軽くするのに有効です。リュックの中に本をたくさん入れて持ち歩いたりしなくても、自由に漫画を見ることができるのです。
Web上の通販ショップでは、基本は表紙とタイトル、それにあらすじ程度しか分かりません。しかしながら電子コミックでしたら、数ページ分を試し読みができます。
今放送されているものを毎週オンタイムで視聴するのは面倒ですが、無料アニメ動画という形で配信されているものなら、各々のスケジュールに合わせて楽しむことが可能なのです。
小学生だった頃に沢山読んだ昔懐かしい物語も、電子コミックという形で読むことができます。近所の本屋では置いていない漫画も揃っているのが特色です。




ページの先頭へ