VRコンテンツ開発ガイド 2017ブックライブ無料試し読み&購入


【VRコンテンツ開発の最先端ノウハウを網羅した一冊!】VRコンテンツ開発の最先端ノウハウを網羅! 現在のVR事情を深いところまで押さえて活用できる、テクニカルバイブルが登場! VRアトラクションの雄、ハシラスCTO「古林克臣」、ガンナーオブドラグーンで受賞多数の「野生の男」、パノラマ動画案件を多く手掛ける「izm」、WebVRの先駆者「比留間和也」、VR周辺に詳しい「西川善司」。5名の強力執筆陣による、濃く深い情報が手に入る一冊です!〈著者について〉西川善司(トライゼット)テクニカルジャーナリスト。高校時代からパソコン誌へのプログラムの寄稿、商業ゲームソフトの移植業務を受託。その後、日立製作所を経て記者業務に転向。ゲーム開発技術以外に、映像技術、自動車技術にもフォーカスした取材を行っている。株式会社ハシラス 最高技術責任者/CTO古林克臣Unity・UE4エンジニア。CTOを務めるVRコンテンツ制作会社のハシラスでは、主にHTC Viveを使用したVRアトラクションを制作。「ソロモン・カーペット」や「Hashilus」新バージョンなどの制作に関わる。また、「フレームシンセシス」という個人活動名でも多数のVRコンテンツを制作し、VR体験会などで精力的に作品の出展を行っている。Hydrangea野生の男同人ゲームサークルHydrangeaを2013年に立ち上げ、同年のコミックマーケットにて日本初のフルVRゲーム「Perilous Dimension(現BLAST BUSTER)」を展示・頒布。2014年には「BLAST BUSTER」が窓の杜ゲーム大賞を受賞。2016年にBitSummit 4th、Unity VR Expo AKIBAで第2作目「The Gunner of Dragoon」がアワードを受賞。本職は2015年までVRどころかゲームと関係のないソフトウェア開発会社に島根県で勤務していたが、2016年から上京しゲーム会社にてVRエンジニアを務める。フォージビジョン株式会社VR事業部 リードエンジニアizm愛知の製造業の会社でR&Dエンジニアとして勤務しながら、趣味のVRコンテンツ開発を数年行う。2016年1月よりVRに関われる現職のフォージビジョン株式会社に転職。現在はOculus Rift、HTCVive、PlayStation VR向けVRコンテンツ開発を主業務としている。座間味ロケットジャンプを始めとして、パノラマ動画コンテンツを複数手がけている。比留間和也VRエンジニア/Unityエンジニア。Webエンジニア、iOSエンジニアを経験したのち、趣味のVRコンテンツ開発が高じてVR開発をメインとした活動を開始。現在はOculus Rift、HTCVive向けVRコンテンツ開発を主業務としている。VRコンテンツはゲームを主体とし、ニコニコ生放送などで利用される「複数参加型」のものを多く開発中。
続きはコチラから・・・



VRコンテンツ開発ガイド 2017無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


VRコンテンツ開発ガイド 2017「公式」はコチラから



VRコンテンツ開発ガイド 2017


>>>VRコンテンツ開発ガイド 2017の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


VRコンテンツ開発ガイド 2017、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
VRコンテンツ開発ガイド 2017を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でVRコンテンツ開発ガイド 2017を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でVRコンテンツ開発ガイド 2017の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でVRコンテンツ開発ガイド 2017が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、VRコンテンツ開発ガイド 2017以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


日々新しい漫画が追加されるので、どれだけ読んでも全て読み終わってしまうおそれがないというのがコミックサイトの長所です。本屋では扱わなくなってしまった少し前の作品も入手できます。
「漫画の所持数が多すぎて頭を痛めているので、購入を躊躇する」という状況にならずに済むのが、BookLive「VRコンテンツ開発ガイド 2017」のおすすめポイントです。気が済むまで購入し続けても、保管場所を検討する必要はありません。
欲しい漫画は様々あるけれど、入手したとしても本棚がいっぱいでしまえないという方もかなりいるようです。そういったことから、保管スペースを気に掛ける必要のないBookLive「VRコンテンツ開発ガイド 2017」の評判が高まってきているのです。
ユーザー数が勢いよく増加し続けているのが評判のコミックサイトです。少し前であれば「漫画は単行本を買って読まなくちゃ!」という人が大部分を占めていましたが、電子書籍の形態で買って見るという人が増えつつあります。
比較したあとに、利用するコミックサイトを選定する人が多くなっています。オンラインで漫画を堪能してみたいのなら、幾つものサイトの中より自分にあったものを選ぶことが大事です。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


お店にはないような出版数が少ないタイトルも、電子書籍では売られています。無料コミックのラインナップ中には、アラフィフ世代が若かりし頃に何度も読んだ漫画などもあります。
物を溜め込まないという考え方が世間に賛同されるようになったここ最近、本も書冊として所持することなく、漫画サイトを使って読む人が拡大しています。
「あらすじを確認してから買いたい」という考えを持つユーザーにとって、無料漫画というものは文句のつけようがないサービスだと言えます。運営者側からしましても、新しい顧客獲得に結び付くはずです。
老眼になったせいで、近くの文字が見にくくて困っているという本が好きな高齢読書家には、スマホ上で電子書籍を楽しめるというのは、大いに意味のあることなのです。フォントの大きさを変更できるからです。
「連載ものになっている漫画を楽しみにしている」という方にはニーズがないと言えるサービスです。でも単行本が発売されてから読むと言われる方にとっては、購入の前に無料漫画にて内容を試し読みできるのは、本当にありがたいことだと言えます。




ページの先頭へ