冬の離宮は甘く雪に蕩けるブックライブ無料試し読み&購入


大学を留年したイリスは時給のいいバイト、離宮の留守番に応募する。その離宮は昔王が愛人のために建てたもので、今はホテルとして利用されている。ただ冬になると閉鎖されるので、飼われているアイドル猫のための留守番が必要だった。留守番をする間の約束ごとは3つ。猫の面倒をみること、開かずの間には入らないこと、離宮で見聞きしたことは口外しないことだった。おかしなことだと思いながらも、学費のために目を瞑ったイリスは無事に面接に受かり、離宮で黒猫のルキアの面倒をみることになる。ある嵐の夜、猫と同じ名のルキアと名乗る謎の男に出逢い、彼に抱かれてしまう。彼は逗留客だと言い張るが、オーナーからは聞いていない。確かめる連絡方法は嵐で全滅だ。人間のルキアはイリスのことを離宮のオーナーがあてがった女だと誤解しているらしい。不思議なことに彼が現れてから猫は姿を消し、まるで黒猫が男に成り変わったように思う。ルキアの寂しげな瞳が気になるイリス。彼の正体を調べていくうちに離宮に住んでいた王の愛人の恋人と瓜二つの肖像画を見つける。また王の愛人の恋人はルイザと言い、ルイザと王の愛人マダム・シューライトが一緒に映っている写真も出てきた。しかもそれは死体を撮ったものだとわかる。その写真に最初から違和感を抱くイリス。もっと詳しく調べていくと、離宮の謎が隠されていた。しかもルイザはのちに姿をくらませている。王とのことに嫉妬して、愛人を殺してしまったのではなかという疑惑も出て、疑問を直接ルキアにぶつけると、彼は皮肉な笑みを浮かべて、自分の正体を明かしていく。ひと冬だけのバイトは、イリスの運命を大きく変える出逢いとなった。ルキアとの関係はひと冬だけの幻想なのか……それとも……。閉じ込められた冬の離宮で巻き起こるミステリーラブロマンス。
続きはコチラから・・・



冬の離宮は甘く雪に蕩ける無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


冬の離宮は甘く雪に蕩ける「公式」はコチラから



冬の離宮は甘く雪に蕩ける


>>>冬の離宮は甘く雪に蕩けるの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


冬の離宮は甘く雪に蕩ける、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
冬の離宮は甘く雪に蕩けるを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で冬の離宮は甘く雪に蕩けるを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で冬の離宮は甘く雪に蕩けるの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で冬の離宮は甘く雪に蕩けるが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、冬の離宮は甘く雪に蕩ける以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


比較してからコミックサイトを決めているという人が増えているようです。電子書籍で漫画をエンジョイしたいのであれば、あまたあるサイトの中より自分に適したものをピックアップすることが大事だと言えます。
アニメという別世界に入り込むというのは、ストレス発散に半端なく役に立ってくれます。複雑なテーマよりも、明快な無料アニメ動画が良いでしょう。
スマホで見ることが可能なBookLive「冬の離宮は甘く雪に蕩ける」は、どこかに行くときの持ち物を少なくするのに役立ちます。バッグなどの中に読みたい本を入れて持ち運ぶなどしなくても、思い立った時にコミックを閲覧することができるわけです。
無料電子書籍を活用するようにすれば、時間を使って売り場まで赴いて中身をチラ見する必要性がなくなります。こんなことをせずとも、「試し読み」で内容のチェックができるからというのが理由なのです。
BookLive「冬の離宮は甘く雪に蕩ける」のサイトそれぞれですが、1巻全てのページをフリーで試し読みできるというところもあります。1巻を試してみて、「楽しかったら、その後の巻を買い求めてください」という営業戦略です。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


先に試し読みをして漫画のストーリーやイラストをチェックしてから、不安になることなく購入できるのがネット漫画のメリットでしょう。予め内容を知ることが出来るので失敗することがほとんど皆無です。
アニメが大好きな方からすると、無料アニメ動画は斬新なコンテンツです。スマホさえ所持していれば、好き勝手に視聴することができます。
電子コミックのユーザーを増やすための戦略として、試し読みができるというシステムは凄いアイデアだと言っていいでしょう。時間を考えずに本の中身を確認することができるので、自由な時間を賢く利用して漫画を選定することができます。
ミニマリストというスタンスが徐々に認知されるようになったここ最近、本も冊子形態で所持したくないために、漫画サイト越しに楽しむ人が多いようです。
「どの業者のサイトを利用して書籍を買い求めるのか?」というのは、思っている以上に重要なことなのです。購入費用とか利用の仕方などが違うのですから、電子書籍というのは詳細に比較して決めないとならないと考えています。




ページの先頭へ