Hの発音ブックライブ無料試し読み&購入


卒業旅行で1人イタリアに来た真崎晴人(まさきはると)は、酒場で絡まれていた女の子を助けたせいで暴漢に殴られ、所持金のほとんどを失ってしまう。共同宿を使っての貧乏旅行を決意したところに、ジーノと名乗る少年から「節約したいなら僕と相部屋に泊まって2人旅をしよう」と誘われる。(向こうから近づいてくる外国人は絶対スリか詐欺か昏睡強盗だ)と、怪しむ晴人。けれど無邪気で明るいジーノは好意丸出しで晴人に接してきて、晴人が簡単なイタリア語で挨拶したのを聞いて抱きついて喜ぶ。「僕、君のこと好きだなぁ!」と言って過剰なスキンシップをしてくるジーノに最初は戸惑っていた晴人もだんだんほだされ、人懐っこくて愛らしいジーノに惹かれていく。一緒に観光地を歩いて回ったり、おやつを半分こしたり、ホテルの部屋で料理をしたり、同じベッドで眠ったりしていくうちに、二人の距離はどんどん縮まっていった。ジーノは街の人にも愛想良く振る舞い、買い物でおまけしてもらったりする。お礼にハグとほっぺにキスをしたと聞いて、モヤモヤした気持ちになる晴人。そんなある日、晴人に実家からの電話が来て急いで帰国しないといけなくなってしまう。寂しがるジーノに、晴人はいつでも日本に遊びにおいでと言う。お別れ会として部屋飲みをした翌朝。目覚めると、なぜか2人は全裸でベッドに寝ていて……? 「あ、あのさ……昨夜僕たち、何かあった……?」「……ひどいな、忘れちゃったの?」
続きはコチラから・・・



Hの発音無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


Hの発音「公式」はコチラから



Hの発音


>>>Hの発音の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


Hの発音、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
Hの発音を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でHの発音を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でHの発音の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でHの発音が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、Hの発音以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


クレカで購入する電子書籍は、知らないうちに料金が跳ね上がっているということがあるようです。でも読み放題サービスなら毎月の支払いが固定なので、いくらDLしようとも利用代金がすごい金額になる危険性がありません。
本の販売不振が叫ばれる中、電子書籍は画期的な仕組みを採用することによって、新規登録者を増やしているのです昔は考えられなかった読み放題という利用方法が数多くの人に支持されたのです。
普段から山のように本を読む方にとっては、月極め料金を納めればいくらでも読み放題という形でエンジョイできるという料金システムは、まさに革命的と言えるのではありませんか?
電車に乗っている間などのちょっとした手空き時間に軽く無料漫画を見て自分好みの本を絞り込んでおけば、後ほど時間が取れるときにゲットして続きを満足するまで読むことができてしまいます。
コミックのような書籍を購入したいというときには、中身をざっくりと確かめてから判断する人の方が圧倒的多数です。無料コミックなら、立ち読みと変わらない感じで中身をチェックすることができるというわけです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


電子書籍ビジネスには複数の企業が進出してきているので、入念に比較してから「どの電子書籍を使うのか?」を決定することが大事になります。書籍が充実しているかとか値段、サービスの質などを比べると良いと思います。
電子コミックの営業戦略として、試し読みができるというサービスは斬新なアイデアだと思われます。時間や場所に関係なくあらすじを読むことが可能なので、少しの時間を上手に利用して漫画を選ぶことができます。
新刊が出版されるごとに書店で買い求めるのは時間の無駄です。だからと言って、まとめて購入するというのは外れだったときの精神的なダメージが大きいでしょう。電子コミックなら一冊ずつ買うことができるので、失敗がありません。
スマホで電子書籍を買い求めれば、職場までの移動中や仕事の合間の一服タイムなど、どんなところでも読むことが可能なのです。立ち読みも気軽にできるため、本屋まで出かけるなんて必要はないのです。
コミックサイトの一番のウリは、取扱い冊数が書店とは比べ物にならないということだと思われます。売れ残るリスクがないので、幅広いニーズを満たすだけのタイトルをラインナップすることができるというわけです。




ページの先頭へ