本音のコラムブックライブ無料試し読み&購入


栗本薫の筆名で知られる中島梓が2005/10/7から翌9/29に渡って東京新聞に連載したコラムを収録栗本薫の筆名で知られる中島梓が、2005年10月7日から翌年9月29日に渡って東京新聞に連載した53篇のコラムを収録。警官に注意されて逆上し尻を露出して逮捕された事件を取り上げた「尻出しおじさん」、10年前に「死ね」という言葉を安易に使う風潮を憂えた「『死ね!』という罵言」、被害者の個人情報まで興味本位に晒してしまうニュース報道に疑問を呈した「被害者の人権」、衣替えの時期の理不尽さについて語る「太陰暦の衣替え」など、当時の世相や日常の些末事までを硬軟取りまぜてユニークな視点から評した書。【著者】中島梓1953年東京生まれ、2009年に病没。1977年に群像新人文学賞評論部門を、1978年に江戸川乱歩賞を受賞して文壇デビュー。小説は栗本薫名義で、評論などその他の活動は中島梓名義で発表する。正伝130巻、外伝21巻のグイン・サーガ・シリーズ始め、400点を越える著作が刊行された。
続きはコチラから・・・



本音のコラム無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


本音のコラム「公式」はコチラから



本音のコラム


>>>本音のコラムの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


本音のコラム、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
本音のコラムを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で本音のコラムを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で本音のコラムの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で本音のコラムが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、本音のコラム以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


販売から年数がたった漫画など、小さな書店では発注しなければ買い求めることができない本も、BookLive「本音のコラム」の形でバラエティー豊かに取り扱われているので、その場で直ぐに買い求めて読めます。
「アニメはテレビで放映中のもの以外見ない」というのは前時代的な話だと考えます。なぜかと言いますと、無料アニメ動画等をWeb上で楽しむというスタイルが浸透しつつあるからです。
「連載になっている漫画を楽しみにしている」という方には必要のないサービスです。けれど単行本になるまで待ってから購読すると言われる方にとっては、単行本購入前に無料漫画にて中身をウォッチできるのは、画期的なことだと言えます。
使わないものは処分するというスタンスが世間一般に理解してもらえるようになった現在、本も実物として持つのを避けるために、BookLive「本音のコラム」を活用して楽しむ人が増加しています。
本などについては、書店で試し読みして買うかの意思決定をする人ばかりです。しかしながら、昨今はまずはBookLive「本音のコラム」で簡単に内容を確認して、その書籍を買うのか買わないのかを決める人が多いのです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


漫画というものは、読了後に古本屋などに持ち込んでも、殆どお金になりませんし、読み返したくなったときに読めなくなります。無料コミックを上手に活用すれば、収納スペースが必要ないので片付けに苦労しません。
毎月の本代は、1冊単位での価格で見れば安いと言えますが、たくさん買ってしまうと、毎月の料金は嵩んでしまいます。読み放題だったら月額の利用料金が定額なので、書籍代を抑えることが可能です。
電子書籍については、気付かないうちに支払金額が高くなっているということが想定されます。しかし読み放題であれば月額料が固定なので、ダウンロードし過ぎたとしても支払額が高額になる心配は無用です。
連載物の漫画は数多くの冊数を購入する必要があるため、事前に無料漫画でちょっとだけ読むという人が稀ではないようです。やはり表紙だけみて装丁買いするというのは無理があるということでしょう。
電子コミックが中高年層に話題となっているのは、若かりし日に大好きだった作品を、新鮮な気持ちで気軽に鑑賞できるからだと考えられます。




ページの先頭へ