絶対に負けない最強麻雀戦術 ~進化を遂げた新デジタル戦術指南書~ブックライブ無料試し読み&購入


あなたもランキング上位になれる! 最初の6巡目にこそ一番重要な牌を切れ!本書は進化を遂げた新デジタル戦術の指南書です。既存の常識を覆す強烈な一打! その強烈な一打として、最初の6巡目までに重要とされる中牌を捨てていくSDJ(=新デジタル)戦術。麻雀において「巧い麻雀」と「強い麻雀」と、よく称されることがあります。当戦術は前者にあたり、絶対に負けない戦術が書いてある本だといえます。さらに、「強い麻雀」にも対抗できる方法も解説しています。オンライン麻雀、フリー麻雀ごとに解説を加えていますので、さらに精度が増すことと思います。麻雀初心者はもちろんのこと、・麻雀を行っているが中々上位に上がれない人・フリー麻雀やオンライン麻雀で実績をあげたい人・上級者にとっても新しい戦術の1つとして参考にしたい人など、麻雀プレイヤー必読の1冊!【購入者特典】「麻雀用語集」「麻雀脳トレ<麻雀を科学する>」付【著者プロフィール】著者:菊池 翔1975年東京生まれ麻雀暦30年の麻雀戦術研究家。大学院修士に通う傍ら、自らの戦術をもって戦績は10回中、1位7回・2位2回・3位1回など、オンラインやフリー雀荘で実績を得る。その実績を元に、現在は新しい戦術や切り方を電子書籍などで展開している。
続きはコチラから・・・



絶対に負けない最強麻雀戦術 ~進化を遂げた新デジタル戦術指南書~無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


絶対に負けない最強麻雀戦術 ~進化を遂げた新デジタル戦術指南書~「公式」はコチラから



絶対に負けない最強麻雀戦術 ~進化を遂げた新デジタル戦術指南書~


>>>絶対に負けない最強麻雀戦術 ~進化を遂げた新デジタル戦術指南書~の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


絶対に負けない最強麻雀戦術 ~進化を遂げた新デジタル戦術指南書~、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
絶対に負けない最強麻雀戦術 ~進化を遂げた新デジタル戦術指南書~を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で絶対に負けない最強麻雀戦術 ~進化を遂げた新デジタル戦術指南書~を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で絶対に負けない最強麻雀戦術 ~進化を遂げた新デジタル戦術指南書~の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で絶対に負けない最強麻雀戦術 ~進化を遂げた新デジタル戦術指南書~が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、絶対に負けない最強麻雀戦術 ~進化を遂げた新デジタル戦術指南書~以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


「詳細に比較せずに決定した」と言う人からしたら、無料電子書籍はどこも内容が同じという思いでいるのかもしれないですが、サービスの内容は会社によってまちまちですから、比較することは非常に大事だと断言します。
買うかどうか判断に迷う漫画がある場合には、BookLive「絶対に負けない最強麻雀戦術 ~進化を遂げた新デジタル戦術指南書~」のサイトでタダの試し読みをするのが賢い方法です。読んでみてつまらないと思ったら、決済しなければ良いだけの話です。
1ヶ月分の利用料を納めれば、色んな書籍を何冊でも読めるという読み放題コースが電子書籍で大人気です。毎回支払いをせずに済むのが最大のメリットです。
現在放映中であるアニメを毎回リアルタイムで見るのは不可能だとう人でも、無料アニメ動画として見られるものなら、あなたの好き勝手な時間に楽しむことができます。
BookLive「絶対に負けない最強麻雀戦術 ~進化を遂げた新デジタル戦術指南書~」が親世代に根強い人気があるのは、幼いときに読んだ漫画を、再び自由気ままに鑑賞できるからだと言えるでしょう。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


連載している漫画は何十冊と買うことになるので、先に無料漫画でちょっとだけ読むという人が稀ではないようです。やっぱりすぐに装丁買いするというのは無理があるということでしょう。
様々なジャンルの本を読み漁りたい人にとって、何冊も買い求めるのは金銭的ダメージが大きいのではないでしょうか?だけども読み放題というプランなら、書籍に要する料金を大幅に切り詰めることができるのです。
スマホで見れる電子書籍は、ご存知の通りフォントサイズを変更することができるので、老眼で本を敬遠している高齢者でも問題なく読めるという長所があるのです。
コミックの購買者数は、時間経過と共に少なくなっているというのが実態です。今までの販売戦略に捉われず、直接的には利益にならない無料漫画などを展開することで、利用者数の増加を目指しているのです。
どこでも無料漫画が楽しめるということで、ユーザー数が増すのは当たり前の結果だと言えます。書店と違い、人の目にビクつくことなく立ち読みすることが許されるというのは、電子書籍の良い所だと言えるのです。




ページの先頭へ