双頭の船ブックライブ無料試し読み&購入


大事なのは土の匂いだ。巨大な波が押し流した町、空が落ちて壊れた土地??災厄に見舞われた沿岸へ、舳先と艫が同じ形をした双頭のフェリーは失恋したての青年と中古自転車を載せて進む。小さなフェリーは、拳銃を持った女や金庫破りや熊と繋がる男などが次々と乗り込み、200人のボランティアと被災者たち、命を失った人々や動物たちを迎え入れ、やがて大きな船となり...。東日本大震災の現実をつぶさに見つめた著者による、被災地再生への祈りに満ちた魅惑の物語。【目次】ベアマン北への航海千鶴さんとヴェット金庫ピアニストさくら丸オオカミが来たフォルクローレさくら半島【著者】池澤夏樹1945年北海道帯広市に生まれる。小学校から後は東京育ち。以後多くの旅を重ね、3年をギリシャで、10年を沖縄で、5年をフランスで過ごして、今は札幌在住。1987年『スティル・ライフ』で芥川賞を受賞。その後の作品に『マシアス・ギリの失脚』『花を運ぶ妹』『静かな大地』『キップをなくして』『カデナ』『アトミック・ボックス』など。自然と人間の関係について明晰な思索を重ね、数々の作品を生む。2014年末より「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」全30巻の刊行を開始。http://www.impala.jp
続きはコチラから・・・



双頭の船無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


双頭の船「公式」はコチラから



双頭の船


>>>双頭の船の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


双頭の船、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
双頭の船を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で双頭の船を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で双頭の船の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で双頭の船が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、双頭の船以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


普段使っているスマホに漫画を丸ごと収納すれば、収納場所について心配する必要などないのです。物は試しに無料コミックからスタートしてみると良さが理解できるでしょう。
漫画の最新刊は、本屋で中身を見て購入するか購入しないかを判断する人がほとんどです。ただ、今日日はBookLive「双頭の船」経由で冒頭部分だけ読んで、その本について買う・買わないを決める方が増えているようです。
移動中の空き時間も漫画を読みたいと考えている人にとって、BookLive「双頭の船」ほど便利なものはありません。スマホというモバイルツールを持ち運ぶだけで、いつでも漫画を購読できます。
漫画が大好きなのを隠匿しておきたいと思う人が、このところ増えていると聞いています。家の中には漫画は置けないというような方でも、BookLive「双頭の船」経由なら誰にも気兼ねせずに漫画に没頭できます。
コミック本というものは、読了した後にブックオフのような買取店に売り払っても、わずかなお金にしかなりません、もう一度読みたくなったときに困ります。スマホで使える無料コミックなら、置き場所はいらないから片付けに悩むことがなくなります。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


移動中の空き時間も漫画に没頭したいと願う人にとって、漫画サイトほど有用なものはないのではと思います。たった1台のスマホを持ち歩くだけで、気軽に漫画に夢中になれます。
「どのサイトを利用して書籍を購入することにするのか?」というのは、結構重要な事です。価格やサービス内容などに差異があるのですから、電子書籍というものは比較しないとならないと考えています。
無料電子書籍をDLしておきさえすれば、何もする予定がなくて時間つぶしが難しいなどということがほとんどなくなります。仕事の休憩時間とか通勤途中などでも、十分にエンジョイできるはずです。
電子コミックのサイトによって異なりますが、丸々1巻全部を無料で試し読みができるというところも見受けられます。1巻だけ読んで、「楽しいと感じたなら、その続きを有料にてDLしてください」という営業戦略です。
利益が発生しない無料漫画を敢えて置くことで、利用者数を引き上げ売上増加へと繋げるのが電子書籍会社の目論みだと言えますが、当然ユーザー側にとっても試し読みが出来るので、買うかどうかの判断に役立ちます。




ページの先頭へ