専門基礎ライブラリー 経済系のための情報活用ブックライブ無料試し読み&購入


経済データを使った具体的な課題に取り組む中で、Word、Excelの活用能力を身につけていくことのできるテキスト。経済学部、経営学部などにおいて初めて経済学、統計学を学習しようとする学生を念頭においてまとめました。実際の経済データをExcelで加工して表やグラフを作成し、それらを使ってWordで論文を作成する力を身につけることを目標にしています。Office2007対応。●目次●第1編 パソコン利用の基礎を身につける(第1講 インタ-ネットを使う/第2講 Wordの基本を学ぶ/第3講 Excelの基本を学ぶ)第2編 マクロとミクロの経済を分析する(第4講 企業の財務比率を比較する/ 第5講 家計消費の特徴を知る/第6講 経済成長の要因を分解する/第7講 国民所得(OECD諸国)の分布を見る/第8講 賃金・貯蓄デ-タを読む)第3編 利子と価格の変動を計る(第9講 金利計算の仕組みを理解する/第10講 価格変動を測定する/第11講 外国為替レ-ト変化の影響をとらえる)第4編 デ-タを整理し集計す(第12講 地域の経済指標を比較する/第13講 個票デ-タを集計する)補講 論文作成にチャレンジする 2007年発行。
続きはコチラから・・・



専門基礎ライブラリー 経済系のための情報活用無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


専門基礎ライブラリー 経済系のための情報活用「公式」はコチラから



専門基礎ライブラリー 経済系のための情報活用


>>>専門基礎ライブラリー 経済系のための情報活用の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


専門基礎ライブラリー 経済系のための情報活用、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
専門基礎ライブラリー 経済系のための情報活用を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で専門基礎ライブラリー 経済系のための情報活用を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で専門基礎ライブラリー 経済系のための情報活用の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で専門基礎ライブラリー 経済系のための情報活用が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、専門基礎ライブラリー 経済系のための情報活用以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


殆どの書籍は返品不可のため、中身を知ってからお金を払いたい人には、試し読みが可能な無料電子書籍はメチャクチャ使えます。漫画も中身を確かめた上で買い求めることができます。
書籍のネットショップでは、ほとんどタイトルなどに加えて、あらすじ程度しか見ることができないわけです。ところがBookLive「専門基礎ライブラリー 経済系のための情報活用」なら、何ページかを試し読みで確認できるのです。
スマホを利用して電子書籍を買い求めれば、移動中やお昼休みなど、場所に関係なくエンジョイできます。立ち読みもできちゃうので、本屋に立ち寄ることは不要なのです。
電車に乗っている間などのわずかな時間を使って、無料漫画をチェックして自分に合う本を探し出してさえおけば、お休みの日などの時間が確保できるときに購入して続きをエンジョイすることもできるといわけです。
電子書籍を購入するというのは、ネットを媒介に文字とか絵などの情報を手に入れることだと言っていいでしょう。サイトがなくなってしまいますと利用できなくなってしまいますから、絶対に比較してから安心できるサイトを選択してください。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


電子コミックの販売促進の戦略として、試し読みができるというサービスは優れたアイデアだと言えるでしょう。時間に縛られず本の中身をチェックすることができるので、休憩時間を使用して漫画を選定することができます。
漫画を入手する以前に、電子コミックでちょっとだけ試し読みするべきです。大体の内容や人物などの容姿を、先だって確認することができます。
電車に乗っている間などの暇で仕方ない時間に、無料漫画をさらっと見て読みたいと思う本を見つけてさえおけば、土曜日や日曜日などの時間のある時に買い求めて続きの部分を読むということも可能です。
電車を利用している間も漫画に触れていたいと望む人にとって、漫画サイトほど楽しいものはないのではと思います。スマホ一台を手に持っていれば、気軽に漫画を購読できます。
このところ、電子書籍業界では今までになかった「読み放題」というサービスが登場し人気急上昇中です。1冊ごとにいくらではなくて、1ヶ月いくらという販売方法を採用しています。




ページの先頭へ