世界の頂点に立つ人の最強プレゼン術ブックライブ無料試し読み&購入


 松本幸夫氏は、話し方、プレゼンを研究していている。効果的で上手にプレゼンをする、スティーブ・ジョブズや指導法が巧みなマイケル・サンデル、あるいは日本の政治家も何人か取り上げて本にしてきた。また、プレゼン研修をしているので、「超」のつくような一流企業家や外資系企業の「最前線」のビジネスプレゼンを日々観察、指導している。 そんな中、TED(テド、Technology Entertainment Design)で行われてきているプロのプレゼンター、世界のトップに立つ人たちのプレゼンは「スゴイ!」の一言に尽きる。もちろんビジネスプレゼンではないので、商品の売り込みはないが、松本氏は、そのスキルの高さには驚かされている。そんな松本氏が、プレゼンセミナーを行っていて、10年、15年前と受講者が変わってきている点がある。それは、「ガマン強くない」ということ。プレゼンで、以前なら事例が5分、10分なら、十分に聞いてくれる耐性があったが、今は3分もてばいい方で、何よりも「短くまとめる」ようにしないと、中身以前の問題で、しっかり聞いてくれないのだ。 松本氏は、昔5分で行っていたスピーチを、今は2分くらいにコンパクトにまとめているが、それでピタリと聴衆のニーズと合う。それは、「時代に合っている」ともいえる。そして、スピーチ・プレゼンは短い方がよく、その方がインパクトは強いということだ。効率的なスビーチ・プレゼンをするには、「聴衆の本当に聞きたいことは何か」を常に問い続けることが欠かせない。また、一番の基本となるものは、実は話術とか、話の構成とか表現力、ジェスチャーや表情の変化などのデリバリー、伝え方の技術ではない。それは、いかに「共感」してもらえるかであり、テーマも易しくわかりやすく伝えることなのだ。 TEDのテクニックを学ぶことで、短時間でしっかり話をまとめるコツがよくわかり、そして、他人の体験談や生き方から自分の生き方を見つめ直すことができる。「知識を得る」と「自分の生き方を見つめ直す」は、TEDトークを観る時の最終目標ではないだろうか。 つまり、今まで知らなかったことを知る、気づく。そして、他人の体験談や生き方から自分の生き方を見つめ直す。これは、この先あなたのよりよき人生のためにこそあるのだと言えるだろう。 本書は、プレゼンスキルの本というだけでなく、あなたの生き方を見つめ直すことにも、つながっていく。
続きはコチラから・・・



世界の頂点に立つ人の最強プレゼン術無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


世界の頂点に立つ人の最強プレゼン術「公式」はコチラから



世界の頂点に立つ人の最強プレゼン術


>>>世界の頂点に立つ人の最強プレゼン術の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


世界の頂点に立つ人の最強プレゼン術、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
世界の頂点に立つ人の最強プレゼン術を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で世界の頂点に立つ人の最強プレゼン術を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で世界の頂点に立つ人の最強プレゼン術の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で世界の頂点に立つ人の最強プレゼン術が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、世界の頂点に立つ人の最強プレゼン術以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


読み放題という仕組みは、電子書籍業界からしたら正しく斬新的なトライアルです。利用する側にとっても出版社サイドにとっても、プラスの面が多いと考えていいでしょう。
最近、電子書籍業界では先駆け的な「読み放題」というプランが登場し人気急上昇中です。1冊単位でいくらではなくて、月極めいくらという徴収方法になっています。
電子書籍を買い求めるというのは、情報をゲットするということを意味するのです。サービス提供企業が倒産してしまえば、支払ったお金は無駄になりますので、何としても比較してから安心できるサイトを選びましょう。
雑誌や漫画本を買うという時には、ざっくりと中身を確認した上で決断する人が大部分です。無料コミックなら、立ち読み感覚で中身をチェックすることができるというわけです。
マンガの発行部数は、何年も前から縮減しているという現状です。昔ながらのマーケティングは見直して、いつでも読める無料漫画などをサービスすることで、新たなユーザーの獲得を見込んでいます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


電子コミックを広めるための戦略として、試し読みができるというサービスは画期的なアイデアではないかと思います。どこにいても大体の内容を確かめられるのでわずかな時間を賢く使って漫画を選ぶことが可能です。
漫画サイトを使えば、部屋の中に本棚を用意する必要性がないのです。それに、最新刊を購入するために本屋へ出向く必要もありません。こうしたメリットから、サイト利用者数が増加しているのです。
コミックサイトの一番の訴求ポイントは、置いている漫画の種類が本屋とは比較できないくらい多いということだと言えます。売れずに返本扱いになる問題が起こらないので、多岐に亘る商品を取り扱うことができるわけです。
一日一日を大切にしたいと考えているなら、空き時間をうまく活用すべきでしょう。アニメ動画の視聴くらいは電車移動中でもできるので、この様な時間を活用するというふうに決めてください。
漫画と言うと、「若者を対象としたもの」だと考えているのではないでしょうか?ですが今日びの電子コミックには、40代以降の方が「懐かしい」と言われるような作品も山のようにあります。




ページの先頭へ