論破する技術ブックライブ無料試し読み&購入


仕事・議論・人間関係は、弱肉強食! 本書では、不道徳な技術を伝授する。 あなたは議論に負けて「悔しい思い」をしたことはないだろうか? 仕事やプライベートでの人間関係においては、どうしても理不尽なコミュニケーションが生まれる。 あなたがこれまでに議論・交渉で負けたのは、相手が正しいからだろうか? ある意味でそうかもしれない。しかしもう一方の見方をすれば、あなたが負けたのは、議論・交渉のやり方を知らなかったからであり、あなたが論破する技術を知らなかったからだ。 日本の教育では、ディベートはもちろん、相手と議論する方法を教えてくれない。議論する方法、人間関係の基本的なルールを知らなければ、あなたがいくら正論だと思って話しても負けるし、勝つ条件がそろっているようにみえても負けるものだ。 あなたの議論する技術が弱いというのは、単に負けて悔しい、などという感情だけの問題ではない。「議論で勝てない、論破できない人は人生で損をする」ということだ。論破する必要がなければ使わなくてもいいが、論破する技術を身につけることで、交渉でも会議でも人生すべてが自分の思い通り進められるようになるだろう。 松本幸夫氏、25年間、交渉術、話し方を様々なビジネスマンに指導してきた。本書で紹介する論破する技術をマスターすれば、どんな立場のどんな相手でも議論で負けなくなるはずだ。論理で負けないことは重要だ。人生はすべてコミュニケーションであり、人生は「交渉の連続」だからだ。 本書では、相手を論破するスキルだけを教える。自分の主張を通す方法、相手の主張を崩す方法、論破しても嫌われない術などだ。「いつでも相手に議論で勝つことができる技術」、「自分が悪くても負けない技術」、「相手の議論のバランスを崩す技術」、「相手の心理を混乱させる技術」などは、マスターしておくことで、いざという時に勝つことができる。論破というのは、基本的に相手を「言葉で打ち負かす」のが目的だ。ただし喧嘩ではないのでルールはある。相手を100%論破してはいけない。いってもTKO止まりにしておくことが大切だ。基本的にコミュニケーションは、一過性ではなく継続的なものである。私達が日頃接する相手は、仮に担当が当人でなくなったとしても、「同じ会社、取引先」なので、やり過ぎは禁物である。リアルな勝負ではあるものの、相手を論破するにおいてはKO勝ちしてはいけない。 ぜひ本書の論破する技術をマスターして、自分の人生を自分で決めることができるようになるはずだ。
続きはコチラから・・・



論破する技術無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


論破する技術「公式」はコチラから



論破する技術


>>>論破する技術の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


論破する技術、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
論破する技術を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で論破する技術を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で論破する技術の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で論破する技術が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、論破する技術以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


登録している人の数が飛躍的に増え続けているのがスマホで読めるコミックサイトです。以前までは漫画は単行本で買うという人がほとんどでしたが、手軽な電子書籍として買って読むという方が増加しているのです。
いつでも無料漫画が読めるという理由で、ユーザーが増加するのはある意味当然だと言えます。書店とは違って、他人の目を憚ることなく立ち読みすることが許されるというのは、電子書籍だからこその良い所だと言って間違いありません。
お店の中などでは、広げて読むことも躊躇するという漫画でも、無料漫画サービスを提供している電子書籍だったら、中身をきっちりとチェックしてから入手することができるので、失敗がありません。
あえて電子書籍で購入するという方が急増しています。携行する必要もありませんし、収納場所も必要ないからです。それに無料コミックもいくつかあるから、試し読みもできてしまいます。
シンプルライフというスタンスが世の中の人に受け入れてもらえるようになった近年、漫画本も冊子本という形で持たずに、BookLive「論破する技術」越しに耽読する人が増えつつあります。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


バッグの類を持ち歩く習慣のない男の人にとりましては、スマホで無料電子書籍を満喫できるというのは素晴らしいことです。ある意味ポケットの中に入れて書籍を持ち歩けるわけなのです。
わざわざ無料漫画を提示することで、サイト訪問者を増やし売上につなげるのが事業者側の狙いですが、もちろんユーザー側も試し読みができるので、良い判断材料になります。
放送中のものをリアルタイムで視聴するのは難しいという人でも無料アニメ動画として視聴可能なものなら、銘々の都合に合わせて楽しむことだって簡単にできるのです。
漫画サイトから漫画を買えば、自宅に本棚を置くのは不要になります。また、新刊を手にするためにショップに行く必要も無くなります。このようなメリットの大きさから、サイトを利用する人が増加しているのです。
「連載形式で発刊されている漫画を読みたいんだ」と言われる方には全く必要性が感じられないサービスです。しかしながら単行本として出版されてから見る方々からすると、単行本購入前に無料漫画にて大筋を確認できるというのは、購入判断の助けになるはずです。




ページの先頭へ