1. BookLive! (ブックライブ)配信中の電子書籍一覧
  2. 電子書籍ブックライブ購入方法2|BookLive! (ブックライブ)配信中一覧
  3. ブックライブ作品3|BookLive! (ブックライブ)配信中一覧
  4. 段取りから応用までが102のポイントでわかる プレゼンテーションの技術|BookLive! (ブックライブ)配信中一覧

段取りから応用までが102のポイントでわかる プレゼンテーションの技術ブックライブ無料試し読み&購入


 どのようにしたらビジネス・プレゼンテーションを成功させられるか、これが本書のテーマだ。 現代は「プレゼンテーションの時代」といってもおかしくないくらいに、さまざまな機会にプレゼンテーションが行なわれるようになってきた。その目的は、聴衆を説得し、意思決定させ、さらには行動に移させること。あるいは、発表会や方針管理のように、情報の伝達を主目的とすることもある。 プレゼンテーションの基本は変わらないが、学術会議と商品説明では、同じプレゼンテーションといっても注意すべきポイントは、かなり異なる。プレゼンテーションの目的として、あらゆる分野で共通しているのは、表現・伝達・説得等を目的にしているということだ。だから、規模の大小はあっても、国家間での交渉事も、子供のこづかい値上げも「プレゼンテーション」といえる。 本書では、目的や状況に応じたプレゼンテーションの具体的な方法を説いたので、皆さんのニーズに合わせて活用してもらえる。 ただ、いかに技術を身につけたとしても、実際に行なうのは人間。従来のプレゼンテーションにおいては、視覚機器や技術面でのハードは重視されてきたが、人間的なソフトの面がややおろそかにされていた。聴衆との問に円滑なコミュニケーションを図るのが、今後のプレゼンターの大きな役目となるので、本書では、人間的側面からもプレゼンテーションをとらえてみた。 プレゼンテーションというのは、「本番」だけが全てではない。むしろ、会場の設営や聴衆分析、オリエンテーション、リハーサルといった段階で、成否が決まるといっても過言ではない。もちろん、本論・主張ポイントが充実しているというのは大前提だが、その上で徹底して準備しておくことが成功の秘訣になる。準備に時間をかけるだけでも、実際のプレゼンテーションでは落ち着いて、堂々とした態度で進めていける。 アメリカのある調査では、一流企業の役員クラスの実に七割以上が、コミュニケーションを改善していくことによって、現在の地位を築いたと答える。プレゼンターと聴衆との双方向のコミュニケーション、これがプレゼンテーションに他ならない。つまり、プレゼンテーション能力が、社会的に認められるために必須の「武器」ともいえるわけだ。 ビジネスに限らず、世の「一流」と呼ばれる人ほど、人一倍練習して汗を流している。本書を練習のためのガイドブックとして、ぜひ一流のプレゼンターとして活躍を目指してほしい。
続きはコチラから・・・



段取りから応用までが102のポイントでわかる プレゼンテーションの技術無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


段取りから応用までが102のポイントでわかる プレゼンテーションの技術「公式」はコチラから



段取りから応用までが102のポイントでわかる プレゼンテーションの技術


>>>段取りから応用までが102のポイントでわかる プレゼンテーションの技術の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


段取りから応用までが102のポイントでわかる プレゼンテーションの技術、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
段取りから応用までが102のポイントでわかる プレゼンテーションの技術を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で段取りから応用までが102のポイントでわかる プレゼンテーションの技術を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で段取りから応用までが102のポイントでわかる プレゼンテーションの技術の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で段取りから応用までが102のポイントでわかる プレゼンテーションの技術が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、段取りから応用までが102のポイントでわかる プレゼンテーションの技術以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


「すべての本が読み放題だとしたら、こんなに凄いことはない」という利用者の声を聞き入れる形で、「月額料を納めれば都度の支払いは不要」という形式の電子書籍が登場したわけです。
本屋では広げて読むのもためらいを感じるという漫画でも、無料漫画コンテンツを提供している電子書籍だったら、好みに合うかをきちんとチェックした上で判断することが可能です。
普通の本屋では、展示場所の関係で置ける書籍の数に限界がありますが、BookLive「段取りから応用までが102のポイントでわかる プレゼンテーションの技術」の場合はそういった制限が発生せず、アングラな作品も扱えるのです。
読み放題というのは、電子書籍業界でしか成し得ることができないそれこそ画期的とも言える取り組みです。利用者にとっても作家サイドにとっても、利点が多いと言えるのではないでしょうか。
電子書籍ビジネスには多くの企業が進出していますから、しっかりと比較してから「どの電子書籍お使用するのか?」を決めてほしいと思います。本の種類が多いかとか料金、サービスの中身を見比べることが肝要でしょうね。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


CDをちょっとだけ聞いてから買い求めるように、コミックも試し読みして納得してから買い求めるのが普通になってきたように思われます。無料コミックサイトで、読みたいと思っていた漫画をチェックしてみましょう。
購入してしまってから「想定よりも楽しむことができなかった」ってことになっても、一度読んだ漫画は返すことができません。しかし電子書籍なら最初に試し読みができるので、そうした失敗をなくせるのです。
読み放題という仕組みは、電子書籍業界でしか実現不可能な本当に革新的な試みになるのです。購入者にとっても著者や出版社にとっても、魅力が多いと考えられます。
店頭販売では、展示場所の関係で並べることができる書籍数が制限されますが、電子コミックについてはこの手の問題が起こらないため、発行部数の少ない漫画も販売することができるのです。
昨今のアニメ動画は若者限定のものではなくなりました。大人が見ても面白いと感じる構成で、心を打つメッセージ性を秘めたアニメも多々あります。




ページの先頭へ