空気をこわさず上司を説得しプライドを傷つけず部下を動かす方法ブックライブ無料試し読み&購入


松本幸夫氏は、研修講師という仕事をしている。毎日のように30人、50人、ときには数百人の前で話をしている。キャリアは25年を超え、受講者は延べ人数にしますと20万人にも及ぶ。 ただ、始めから堂々と、説得力ある話、人を感動させる話ができていたわけではない。 もともと松本氏は、極度のあがり症で、人前に立つとしどろもどろ、学校では先生の問いの答えがわかっても、指名されて話すのが嫌で、手があげられないくらいだった。今は、あまりにも慣れてしまい、少しは緊張したほうがいいと、むしろ「あがる」ことを意識しているような状態なのだ。 松本氏が面白いなと思うのは、あれほどロベタであがり症な人間だったのに、今はスピーチやプレゼンテーションの仕方を「教える」側に立っていること。もちろん、一日にして成ったのではない。話し方の本の多読をはじめ、さまざまなチャレンジをしてみた。初級の話し方のクラスは、当時の大きな団体は全てといっていいくらい、 「武者修行」して回り、松本氏の話し方の「土台」になってきたのが、本書で説いているデール・カーネギーの教え、だった。 本書では、デール・カーネギーをあまりよく知らない人のために、「カーネギーとはどんな人?」また、「なぜ今デール・カーネギーの教え、話し方が求められているのか?」、「カーネギーの教えが必要な時代背景」という、知っておくべき知識が述べられている。また、カーネギーの話し方教室の受講生は、1955年に5万人に、1980年代には15万人と急増したのである。なぜこれほどまでに、カーネギーの教え方が広く、長く求められてきているのだろうか?それよりも、「早くスキルが知りたい」、「すぐに使える話法を教えてくれ」という方もいるでしょう。そんなあなたは、まずは第3章の「上司を説得し、部下を動かす「松本流」カーネギーの5エッセンス」から読んでほしい。シンプルだがベストな話し方のスキル、心構えが述べられている。 本書を読むことによって、松本氏は自負する。ビジネスシーンは言うまでもなくプライベートでもいつでも、どんな場面でも、堂々とあなたらしく話すことができる、と松本氏は自負する。どんな場面でも、デール・カーネギーの教えに則って話をしたら、安心して、あなたらしく話ができる、つまりコミュニケーションの達人になれる。あとはほんの少しの勇気で、日々実践していくことだけだ。
続きはコチラから・・・



空気をこわさず上司を説得しプライドを傷つけず部下を動かす方法無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


空気をこわさず上司を説得しプライドを傷つけず部下を動かす方法「公式」はコチラから



空気をこわさず上司を説得しプライドを傷つけず部下を動かす方法


>>>空気をこわさず上司を説得しプライドを傷つけず部下を動かす方法の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


空気をこわさず上司を説得しプライドを傷つけず部下を動かす方法、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
空気をこわさず上司を説得しプライドを傷つけず部下を動かす方法を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で空気をこわさず上司を説得しプライドを傷つけず部下を動かす方法を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で空気をこわさず上司を説得しプライドを傷つけず部下を動かす方法の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で空気をこわさず上司を説得しプライドを傷つけず部下を動かす方法が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、空気をこわさず上司を説得しプライドを傷つけず部下を動かす方法以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


多種多様の本を多く読みたいという読書マニアにとって、次々に買うというのは金銭的にも負担が大きいものです。だけども読み放題というプランなら、書籍購入代金を節約することができるのです。
無料漫画というのは、書店での立ち読みと一緒だと考えられます。内容がどうなのかをおおよそ認識した上で手に入れられるので、ユーザーも安心です。
漫画雑誌を購入すると、近い将来置き場所に困るという問題に直面します。だけど形のないBookLive「空気をこわさず上司を説得しプライドを傷つけず部下を動かす方法」であれば、保管に苦労する必要がなくなるため、狭い部屋でも気にすることなく楽しめます。
漫画を購入するより先に、BookLive「空気をこわさず上司を説得しプライドを傷つけず部下を動かす方法」のサイトで少し試し読みしてみるべきです。大体のあらすじや漫画に登場する人の雰囲気などを、購入前に知ることができます。
「電子書籍には興味がない」という愛読家の人も間違いなくいますが、1回でもスマホを用いて電子書籍を読んだら、その便利さや決済のしやすさからリピーターになる人がほとんどだと聞きます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


本屋では扱っていないであろう古いタイトルも、電子書籍では扱われています。無料コミックのラインナップの中には、シニア世代がずいぶん前に読んでいた漫画などもあります。
購入したあとで、「想定よりも面白さが伝わらなかった」となっても、単行本は返品することなどできるはずがありません。ですが電子書籍なら先に試し読みすることが可能なので、こうした状況を防ぐことができるのです。
「アニメに関しては、テレビで視聴できるものしか見ない」というのは時代遅れな話ではないでしょうか?なぜなのか言えば、無料アニメ動画をネットで楽しむというパターンが増加傾向にあるからです。
電子コミックのサイト次第では、1巻全部をタダで試し読みできるというところもあるのです。1巻は無料にして、「これは面白いと感じたら、その続きをお金を払ってダウンロードしてください」という戦略です。
電子書籍でなければ漫画を買わないという方が増加しています。バッグなどに入れて携行することも要されなくなりますし、片付ける場所も不要だという点がウケているからです。更に無料コミックも用意されているので、試し読みで中身が見れます。




ページの先頭へ