軍隊日記ブックライブ無料試し読み&購入


黒島伝治の農民もの、シベリアもの、どちらの小説も、古いフィルムを回しながら観る映画のようだ。この『軍隊日記』は姫路聯隊へ入隊するために東京を引き上げる日、すなわち大正八年十一月二十日から書きはじめられ、シベリアへ動員される直前の大正十年四月八日で「除隊の日まで』と題する第一冊がおわり、第二冊目は『星の下を』という題でシベリア時代の日記となり大正十一年七月十一日兵役免除となって帰郷し、さらに翌年の七月九日の日附のところでおわっている。日本文学のなかで軍隊生活に取材した小説は相当あるが、作家の手で書かれた軍隊日記はおそらく黒島伝治の『軍隊日記』が唯一のものではないだろうか。(壺井繁治記)【著者】黒島伝治香川県の小豆郡苗羽村(現在の小豆島町)に生まれる。実業補習学校を卒業して醤油工場に勤務、学資を貯めて上京し早稲田大学予科の選科生となる。このため徴兵猶予の対象とならず1919年には兵役の召集を受け姫路の連隊に在営、シベリア出兵に看護卒として従軍した。この体験が、彼の代表作である『渦巻ける烏の群』『橇』などの〈シベリアもの〉とよばれる日本文学史上稀有な戦争文学として結実することとなる。1922年病を得て小豆島へ帰郷する。
続きはコチラから・・・



軍隊日記無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


軍隊日記「公式」はコチラから



軍隊日記


>>>軍隊日記の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


軍隊日記、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
軍隊日記を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で軍隊日記を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で軍隊日記の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で軍隊日記が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、軍隊日記以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


常日頃よりよく漫画を購入するという人にとりましては、月額固定料金を支払えば何冊でも読み放題という形で楽しめるというユーザー目線のサービスは、まさしく画期的だと評価できるのではないでしょうか?
ここに来て、電子書籍業界では先駆け的な「読み放題」というプランが登場し注目を集めています。1冊ごとにいくらではなくて、1ヶ月いくらという料金収受方式なのです。
毎日のように新作が追加されるので、いくら読んだとしても全て読みつくす心配など全く不要というのがコミックサイトの人気の理由です。本屋では扱われない一昔前の作品も入手できます。
コミックサイトも非常にたくさんあるので、比較して一番自分に合うと思うものを見つけ出すことが必須です。そんなわけですから、差し当たりそれぞれのサイトのセールスポイントを把握するようにしましょう。
漫画好きな人には、コミックサイトが重宝します。決済も楽々ですし、最新本を購入したいということで、手間暇かけてお店に行って予約を入れる行為も無用です。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


どんな時でも無料漫画が楽しめるという理由で、利用者数が急増するのは当たり前のことです。本屋とは違って、他人の目を意識することなく立ち読みできるというのは、電子書籍だからこその利点だと言っていいでしょう。
普段使っているスマホに読みたい漫画を全部保存しちゃえば、本棚の空き具合について心配する必要がありません。ひとまず無料コミックからスタートしてみることを推奨します。
使わないものは処分するという考え方が世の中の人に理解されるようになった近年、漫画本も印刷物として所持せずに、漫画サイトを活用して耽読する人が増えているようです。
コミックの発行部数は、ここ数年低下の一途を辿っているとのことです。他社と同じような販売戦略にこだわらず、集客力のある無料漫画などを採り入れることで、新たな顧客の獲得を目指しています。
きちんと比較してからコミックサイトを選んでいる人が少なくないようです。ネットで漫画を堪能したいと言うなら、様々なサイトの中から自分の希望を叶えてくれるものを選ぶことが重要なのです。




ページの先頭へ