入庵雑記ブックライブ無料試し読み&購入


流浪の俳人尾崎放哉は90年前、小豆島の島民に看取られその生涯を終えた。今も島に生きる「放哉さん」。「入庵雑記」は放哉が小豆島に来て3ヶ月後に書いたもの、亡くなる半年前1925年と思われる。自由律俳句の俳人放哉が終焉の地、小豆島西光寺の南郷庵に暮らした年月はわずか8ヶ月であった。海が好き、母恋し、しかし放蕩わがままな放哉にとって、暖かく包み込むような島民のお世話を得て、小豆島は放哉最期にふさわしい場所ではなかったか。著名な句「咳をしてもひとり」の放哉はまた随筆の達人であった。メソメソしたところが目につくものの、言葉使いの美しさは絶妙で、やはり放哉ならではである。【目次】島に来るまで海念仏鉦たたき石風灯【著者】尾崎放哉鳥取県鳥取市出身。東京帝国大学(現在の東京大学)法学部を卒業後、東洋生命保険(現:朝日生命)に就職し、大阪支店次長を務めるなど、出世コースを進み、豪奢な生活を送っていたエリートでありながら、突然、それまでの生活を捨て、無所有を信条とする一燈園に住まい、俳句三昧の生活に入る。
続きはコチラから・・・



入庵雑記無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


入庵雑記「公式」はコチラから



入庵雑記


>>>入庵雑記の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


入庵雑記、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
入庵雑記を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で入庵雑記を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で入庵雑記の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で入庵雑記が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、入庵雑記以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


コミックサイトの一番の訴求ポイントは、購入できる本の種類が普通の本屋とは比較にならないくらい多いということだと考えられます。売れずに返本扱いになる心配が不要なので、多数のタイトルをラインナップすることができるというわけです。
コミックサイトも多々ありますから、比較検討して自分自身に合うものをセレクトすることが必須です。その為にも、まず第一にそれぞれのサイトの良い所を承知することが要されます。
不要なものは捨て去るという考え方が多くの人に支持されるようになった昨今、本も印刷した実物として所持せずに、BookLive「入庵雑記」を活用して読む人が増加しています。
多くの本屋では、売り物の漫画の立ち読みを禁止するために、ヒモでしばるケースが増えています。BookLive「入庵雑記」を有効利用すれば試し読みができますから、物語のあらましを確かめてから買い求めることができます。
あらかじめ内容を確かめることができれば、読んでからつまらなかったと後悔することが少ないはずです。店頭で立ち読みをするときのように、BookLive「入庵雑記」においても試し読みをするようにすれば、内容を把握できます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


最新作も無料コミック上で試し読み可能です。スマホやノートブック上で読めますから、秘密にしておきたい・見られると気恥ずかしい漫画もコソコソ読み続けられます。
いつも持ち歩くスマホに漫画を全部収めれば、収納場所を心配することは不要になります。物は試しに無料コミックから試してみると便利さが分かるでしょう。
スマホを操作して電子書籍を手に入れれば、バスでの移動中やお昼休みなど、どんなタイミングでも読むことが可能なのです。立ち読みも可能ですから、店舗まで出向くなんて必要はないのです。
利用料が月額固定のサイト、登録しなくても利用できるサイト、1巻ごとに販売しているサイト、タダで読めるタイトルが多数揃っているサイトなど、コミックサイトも諸々違いがあるので比較検討すべきだと思います。
既に絶版になった漫画など、店頭では注文しなければゲットできない本も、電子コミックの形でバラエティー豊かに取り揃えられているため、どこでもDLして読みふけることができます。




ページの先頭へ