短篇集 マリコ/マリキータブックライブ無料試し読み&購入


ぼくのために用意された世界なのか、世界の一隅にひっそりと生きているぼくなのか。――「帰ってきた男」風のように自由で奔放なマリコとの恋を描く表題作「マリコ/マリキータ」、森の木から木へ自在に空を滑空するムササビのように社会の枠組みから外れて自由に生きる兄を語る「梯子の森と滑空する兄」、天空の不思議な力との交感を思わせる「アップリンク」、乳飲み子を抱えて姿を消した若い母親の行方を力強くポジティブに想像する「冒険」、神と出会った男の至福と錯乱を描く「帰ってきた男」の五篇を収録する、池澤夏樹の最初の短篇集。【目次】マリコ/マリキータ梯子の森と滑空する兄アップリンク冒険帰ってきた男【著者】池澤夏樹1945年北海道帯広市に生まれる。小学校から後は東京育ち。以後多くの旅を重ね、3年をギリシャで、10年を沖縄で、5年をフランスで過ごして、今は札幌在住。1987年『スティル・ライフ』で芥川賞を受賞。その後の作品に『マシアス・ギリの失脚』『花を運ぶ妹』『静かな大地』『キップをなくして』『カデナ』『アトミック・ボックス』等。自然と人間の関係について明晰な思索を重ね、数々の作品を生む。2014年末より「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」全30巻の刊行を開始。http://www.impala.jp
続きはコチラから・・・



短篇集 マリコ/マリキータ無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


短篇集 マリコ/マリキータ「公式」はコチラから



短篇集 マリコ/マリキータ


>>>短篇集 マリコ/マリキータの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


短篇集 マリコ/マリキータ、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
短篇集 マリコ/マリキータを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で短篇集 マリコ/マリキータを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で短篇集 マリコ/マリキータの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で短篇集 マリコ/マリキータが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、短篇集 マリコ/マリキータ以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


BookLive「短篇集 マリコ/マリキータ」は持ち運びやすいスマホやiPadで見ることが可能なわけです。冒頭だけ試し読みをしてみてから、その本を買うかどうかを決める人が多数いるようです。
漫画と言えば、「10代を対象にしたもの」だと思い込んでいるかもしれません。だけどもこのところのBookLive「短篇集 マリコ/マリキータ」には、40代以降の方が「若かりし日を思いだす」と口にするような作品も多く含まれます。
読んで楽しみたい漫画は諸々あるけれど、入手してもしまう場所がないと悩む人もいます。そのため、保管スペースに気を取られなくて良いBookLive「短篇集 マリコ/マリキータ」の利用者数が増加してきているのでしょう。
BookLive「短篇集 マリコ/マリキータ」のサイトによりいろいろですが、丸々1巻全部を無料で試し読みできちゃうというところも存在しています。まず1巻を読んで、「面白かったら、2巻以降をお金を払ってダウンロードしてください」というシステムです。
「連載されている漫画を楽しみにしている」という方にはいらないでしょう。しかし単行本になってから手に入れるというファン層からすれば、単行本購入前に無料漫画にて中身を確認できるのは、購入判断の助けになるはずです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


漫画サイトを使用すれば、家のどこかに本棚を用意することは不要になります。最新の本が出ていないかと書店に足を運ぶ時間を作る必要もありません。こういった観点から、利用者数が増え続けているのです。
使っている人が急に増えてきたのが漫画サイトの現状です。スマホで漫画をエンジョイすることが可能ですから、敢えて本を常時携帯する必要もなく、移動時の荷物の軽量化が図れます。
店舗では、棚の問題で陳列することが可能な書籍数が制限されますが、電子コミックについてはこんな類の制限をする必要がなく、今はあまり取り扱われないタイトルも数多く用意されているのです。
昔のコミックなど、店舗では発注をかけてもらわないと買うことができない作品も、電子コミックとして諸々並べられていますから、スマホのボタンを操作するだけでダウンロードして閲覧可能です。
入手してから「予想よりもつまらなかった」という時でも、購入した本は返すことができません。だけど電子書籍なら先に試し読みすることが可能なので、そうした状況を防ぐことができるのです。




ページの先頭へ