海図と航海日誌ブックライブ無料試し読み&購入


本は人を変えるのだ。あの時あの本に出会わなかったら??。作家として書評家として第一線で活躍する池澤夏樹の半世紀にわたる読書遍歴。広大な書物の海を航海し、自らの歩みに多大な影響を与えた寄港地=書物を巡る18章は、書物の世界の旅への魅惑的な誘い。【目次】序 日々の糧と回心の契機一 地中海世界の彼方へ二 子供の読書と大人の読書三 意味とひびき四 地理的人間五 知識のゲーム性六 自分の国七 うまく作られた物語八 科学と知的好奇心九 三人のアメリカ作家十 画集との交際十一 M氏とT氏十二 読みの構造十三 民話にはじまる十四 写真の時代十五 南洋との出会い十六 本との別れ十七 書棚に背を向けて十八 塔が崩れてから十九 寄港地一覧 あるいは九十九の小説あとがき人名・書名リスト【著者】池澤夏樹1945年北海道帯広市に生まれる。小学校から後は東京育ち。以後多くの旅を重ね、3年をギリシャで、10年を沖縄で、5年をフランスで過ごして、今は札幌在住。1987年『スティル・ライフ』で芥川賞を受賞。その後の作品に『マシアス・ギリの失脚』『花を運ぶ妹』『静かな大地』『キップをなくして』『カデナ』『アトミック・ボックス』など。自然と人間の関係について明晰な思索を重ね、数々の作品を生む。2014年末より「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」全30巻の刊行を開始。http://www.impala.jp
続きはコチラから・・・



海図と航海日誌無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


海図と航海日誌「公式」はコチラから



海図と航海日誌


>>>海図と航海日誌の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


海図と航海日誌、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
海図と航海日誌を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で海図と航海日誌を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で海図と航海日誌の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で海図と航海日誌が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、海図と航海日誌以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


無料電子書籍なら、敢えて店頭まで足を運んで内容をチェックする面倒は一切なくなります。そういったことをせずとも、「試し読み」すれば内容のリサーチができるからというのが理由なのです。
「アニメについては、テレビで放映中のものを見ているだけ」というのは時代にそぐわない話かもしれません。なぜなら、無料アニメ動画をネットで視聴するというパターンが主流になってきているからです。
サービスの内容は、運営会社毎に違います。それ故、電子書籍をどこで購入することにするのかは、当然比較して考えるべきだと言えるのではないでしょうか?軽い感じで決定すると後悔します。
本屋ではちょっとだけ読むのもためらうという漫画でも、無料漫画サービスを採り入れている電子書籍だったら、自分に合うかを確かめてから購入することができます。
評判となっている無料コミックは、スマホを持っていれば読めるのです。外出しているとき、お昼ご飯の休憩時間、病院やクリニックなどでの順番を待たされている時間など、好きなときに楽々読むことができます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


「アニメというのは、テレビで放送されているもののみ見ている」というのは時代にそぐわない話ではないでしょうか?その理由としては、無料アニメ動画等をネット上で視聴するというスタイルが主流になってきているからです。
手にしたい漫画はいろいろと発売されているけど、買っても置く場所がないと嘆いている人も多いようです。そんな理由から、保管スペースの心配などしなくても良い漫画サイトの口コミ人気が高まってきているのではないでしょうか。
比較検討後に、自分に合うコミックサイトを選択する人が増えているようです。ネットで漫画をエンジョイしたいなら、色々なサイトの中から自分の希望を叶えてくれるものをチョイスすることが大事です。
登録者数が鰻登りで増えてきているのが話題となっているコミックサイトです。以前までは絶対単行本で買うという人が大部分を占めていましたが、電子書籍として買ってエンジョイするという方が増加しているのです。
電子コミックのサイトで若干違いますが、1巻全部を無料で試し読みすることが可能というところも存在しているのです。1巻はタダにして、「面白いと思ったら、次巻以降をお金を支払って買い求めてください」という戦略です。




ページの先頭へ