銀の鬼(26)ブックライブ無料試し読み&購入


おまえが大きくなったら必ずむかえにいくぞ――夏乃ふぶきは幼い頃、銀色の鬼が人をさらって殺して食べる姿を見てしまう。鬼の影に怯えながら17歳に育ったふぶきは、担任である島影十年(しまかげとね)に淡い恋心を抱き、長年の苦しみを島影先生に相談してしまう。すると…!? 一面の薔薇、甘いお菓子の家…千年の孤独と過去を抱える鬼と、少女と猫の不思議な絆を描く、禁断の恋愛ファンタジー!その後のお話へと繋がります。
続きはコチラから・・・



銀の鬼(26)無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


銀の鬼(26)「公式」はコチラから



銀の鬼(26)


>>>銀の鬼(26)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


銀の鬼(26)、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
銀の鬼(26)を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で銀の鬼(26)を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で銀の鬼(26)の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で銀の鬼(26)が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、銀の鬼(26)以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


サービス内容については、各社それぞれです。従いまして、電子書籍をどこで購入するのかというのは、比較すべき内容だと考えています。安直に決めるのは早計です。
コミックサイトは色々な企業が運営しています。それらのサイトを念入りに比較して、自分に適したものを見つけるようにしましょう。そうすれば失敗するということがなくなります。
お店では、展示場所の関係で陳列することが可能な書籍数が制限されますが、BookLive「銀の鬼(26)」なら先のような制限が発生せず、ちょっと前に発売された物語も数多く用意されているのです。
BookLive「銀の鬼(26)」はノートパソコンやスマホ、iPadからアクセスすることができるわけです。最初だけ試し読みをして、その漫画をDLするかを判断するという方が多いと言われます。
利用している人が急に増えてきたのが無料のBookLive「銀の鬼(26)」です。スマホ画面で漫画を見ることが可能ですから、わざわざ単行本を持ち運ぶことも不要で、手荷物を減らすことができます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


今日ではスマホを通して楽しむことができる趣味も、更に多様化が進んでいると言えます。無料アニメ動画に加えて、無料電子書籍やスマホで遊ぶゲームなど、いろんな選択肢の中からセレクトすることが可能です。
コミックサイトの最大の特長は、扱うタイトル数が本屋とは比べものにならないくらい多いということです。売れずに返品扱いになるリスクがないので、たくさんの商品をラインナップできるのです。
電子書籍を購入するというのは、ネットを通じて文字などの情報をゲットすることなのです。サービス提供企業が倒産してしまいますと利用できなくなるので、念入りに比較してから信頼できるサイトをチョイスしましょう。
クレカで購入する電子書籍は、あれよあれよという間に利用代金がすごい金額になっているということがあり得ます。ですが読み放題なら1ヶ月の利用料金が決まっているので、読み過ぎても利用料が高くなるなんてことはないのです。
「電子書籍は遠慮したい」という愛読家の方も少なくありませんが、一度でもスマホを利用して電子書籍を閲覧してみたら、持ち運びの手軽さや決済の楽さからハマってしまう人が大半だそうです。




ページの先頭へ