銀の鬼(25)ブックライブ無料試し読み&購入


おまえが大きくなったら必ずむかえにいくぞ――夏乃ふぶきは幼い頃、銀色の鬼が人をさらって殺して食べる姿を見てしまう。鬼の影に怯えながら17歳に育ったふぶきは、担任である島影十年(しまかげとね)に淡い恋心を抱き、長年の苦しみを島影先生に相談してしまう。すると…!? 一面の薔薇、甘いお菓子の家…千年の孤独と過去を抱える鬼と、少女と猫の不思議な絆を描く、禁断の恋愛ファンタジー!その後のお話へと繋がります。
続きはコチラから・・・



銀の鬼(25)無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


銀の鬼(25)「公式」はコチラから



銀の鬼(25)


>>>銀の鬼(25)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


銀の鬼(25)、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
銀の鬼(25)を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で銀の鬼(25)を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で銀の鬼(25)の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で銀の鬼(25)が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、銀の鬼(25)以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


漫画が趣味な人からすれば、保管用としての単行本は大事だと思いますが、「読むことができればOK」という人であれば、スマホで閲覧することができるBookLive「銀の鬼(25)」の方がおすすめです。
電子書籍も普通の漫画と同じで情報が商品ということになるので、つまらないと感じてもお金を返してもらうことはできません。従いまして面白そうかを確認するためにも、無料漫画を閲覧することをおすすめします。
BookLive「銀の鬼(25)」のサイトにもよりますが、1巻全部を無料で試し読みすることが可能というところも若干あります。1巻はタダにして、「楽しかったら、その続きを購入してください」という販促方法です。
人目が有る場所では、軽く読むのもためらうという漫画だとしても、無料漫画コンテンツのある電子書籍でしたら、物語をしっかり確認した上で購入を決断することが可能なわけです。
タブレットやスマホの中に読みたい漫画を全部収めれば、保管場所に気を配る必要はなくなるのです。先ずは無料コミックから利用してみてください。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


「外でも漫画を読みたい」とおっしゃる方に最適なのが電子コミックだと言えるでしょう。邪魔になる書籍を帯同することもないので、荷物そのものも軽くできます。
電子書籍ビジネスにはいくつもの企業が参入してきているので、きちんと比較してから「どの電子書籍を使うのか?」を決めるべきです。扱っている本の数や価格、サービス、使い勝手などを見比べるとうまく行くでしょう。
1ヶ月分の料金を払うことで、多種多様な書籍を際限なしに読むことができるという読み放題コースが電子書籍で人気を博しています。毎回購入せずに済むのがメリットと言えます。
数年前の漫画など、売り場では発注してもらわないと手元に届かない書籍も、電子コミックとしてバラエティー豊かに並んでいるので、スマホが1台あれば購入して読みふけることができます。
お店ではチョイ読みすることさえためらってしまうという漫画でも、無料漫画サービスを行なっている電子書籍だったら、好みに合致するかを充分に確認した上でダウンロードすることが可能なわけです。




ページの先頭へ