銀の鬼(23)ブックライブ無料試し読み&購入


おまえが大きくなったら必ずむかえにいくぞ――夏乃ふぶきは幼い頃、銀色の鬼が人をさらって殺して食べる姿を見てしまう。鬼の影に怯えながら17歳に育ったふぶきは、担任である島影十年(しまかげとね)に淡い恋心を抱き、長年の苦しみを島影先生に相談してしまう。すると…!? 一面の薔薇、甘いお菓子の家…千年の孤独と過去を抱える鬼と、少女と猫の不思議な絆を描く、禁断の恋愛ファンタジー!その後のお話へと繋がります。
続きはコチラから・・・



銀の鬼(23)無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


銀の鬼(23)「公式」はコチラから



銀の鬼(23)


>>>銀の鬼(23)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


銀の鬼(23)、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
銀の鬼(23)を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で銀の鬼(23)を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で銀の鬼(23)の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で銀の鬼(23)が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、銀の鬼(23)以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


サービスの詳細内容は、各社異なります。従って、電子書籍を何処で購入するのかというのは、比較するのが当然だと言えるでしょう。安易に決めてしまうと後悔します。
「人目につく場所に保管しておきたくない」、「読者であることを悟られたくない」と感じるような漫画でも、BookLive「銀の鬼(23)」を巧みに利用すれば周囲の人に知られずに読めます。
「あれこれ比較せずに選択してしまった」と言われる方は、無料電子書籍はどれも同じという感覚をお持ちなのかもしれないですが、サービスの詳細に関しては会社によってまちまちですから、比較・検討してみることは肝要だと言えます。
コミックの発行部数は、毎年のように減っているというのが実態です。似たり寄ったりな販売戦略に捉われず、集客力のある無料漫画などをサービスすることで、新規ユーザー数の増大を目論んでいます。
いろんなサービスを押しのける勢いで、ここまで無料電子書籍というシステムが広がりを見せている要因としては、町の書店が少なくなっているということが想定されます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


「画面が小さいから読みづらくないのか?」と疑問符を抱く人も見られますが、その様な人も電子コミックを買い求めてスマホで閲覧すれば、その快適さに驚愕する人が多いようです。
「他人に見られる場所に置き場所がない」、「愛読していることを秘匿しておきたい」と恥じ入る漫画でも、漫画サイトを利用すれば自分以外の人に知られずに閲覧できます。
不要なものは捨て去るという考え方が世間に認知されるようになった昨今、本も書物形態で保管せず、漫画サイトを用いて楽しむ人が増加傾向にあります。
「大体のストーリーを確認してから買いたい」という意見をお持ちの人からすると、無料漫画と申しますのは利点だらけのサービスだと言えます。販売者側からみても、新しい顧客獲得に繋がります。
「電車やバスに乗っていて漫画を持ち出すのは気が引ける」という方であっても、スマホにそのまま漫画を保存しておけば、他人の目を気にする必要が皆無になります。まさしく、これが漫画サイトのイイところです。




ページの先頭へ