銀の鬼(17)ブックライブ無料試し読み&購入


おまえが大きくなったら必ずむかえにいくぞ――夏乃ふぶきは幼い頃、銀色の鬼が人をさらって殺して食べる姿を見てしまう。鬼の影に怯えながら17歳に育ったふぶきは、担任である島影十年(しまかげとね)に淡い恋心を抱き、長年の苦しみを島影先生に相談してしまう。すると…!? 一面の薔薇、甘いお菓子の家…千年の孤独と過去を抱える鬼と、少女と猫の不思議な絆を描く、禁断の恋愛ファンタジー!その後のお話へと繋がります。
続きはコチラから・・・



銀の鬼(17)無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


銀の鬼(17)「公式」はコチラから



銀の鬼(17)


>>>銀の鬼(17)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


銀の鬼(17)、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
銀の鬼(17)を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で銀の鬼(17)を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で銀の鬼(17)の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で銀の鬼(17)が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、銀の鬼(17)以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


絶対に電子書籍で購入するという方が着実に増えています。持ち歩く必要もありませんし、本をしまう場所も必要ないという特長があるからです。更に無料コミックを利用すれば、試し読みだって可能なのです。
気軽に無料漫画が読めるという理由で、利用者数が右肩上がりになるのは当たり前のことです。本屋とは違って、他人の目を意識することなく立ち読みすることが可能だというのは、電子書籍の特長だと断言できます。
無料漫画につきましては、店舗での立ち読みみたいなものだと言うことができます。中身を大ざっぱに認識した上で買えるので、利用者も安心感が違います。
無料コミックは、スマホがあれば読めるのです。移動中、会社の休み時間、医療施設などでの待っている時間など、好きな時間にすぐに見れます。
「大筋を把握してから買いたい」と言われる方にとって、無料漫画というものは悪いところがないサービスに違いありません。運営者側からしましても、新しい利用者獲得に繋がります。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


電子コミックは持ち運びに便利なスマホやiPadで見ることができます。さわりだけ試し読みを行って、そのコミックをDLするかを確定するという方が多いと聞いています。
移動中などの少しの隙間時間に、無料漫画を読んで興味がそそられた本を探し当てておけば、お休みの日などの時間が取れるときにゲットして続きの部分を読むってこともできます。
きちんと比較をした後に、最適なコミックサイトを決めるという人が多いようです。オンラインで漫画を楽しみたいと言うなら、色々なサイトの中から自分に最適なものを選定することが大切なのです。
スマホで読む電子書籍は、一般的な書籍とは異なりフォントサイズを視力に合わせることが可能なので、老眼に悩むおじいさん・おばあさんでも楽々読めるという特長があります。
「すべての漫画が読み放題だとしたら、どんなに素晴らしいだろう」という利用者目線の発想からヒントを得て、「毎月固定の金額を払えば都度の支払いは不要」という形式の電子書籍が考えられたのです。




ページの先頭へ